雨の日のつらい頭痛の予防策。過ごし方や改善するための生活習慣について

雨の日のつらい頭痛の予防策。過ごし方や改善するための生活習慣について

「天気が崩れると頭痛がひどい」 「雨の前後は身体がだるくて、動けない」 こんな症状に悩んでいませんか? たまらない頭痛や吐き気……。 天気と深く関係しているこの症状は、「低気圧性偏頭痛」または「気圧変調性頭痛」と呼ばれ、若い女性を中心に急増しています。 なんと日本人の3人に1人は雨の日になると頭痛を感じているんだとか。 ただでさえ色々と不便な雨の日に体調まで悪くなると辛いですよね。 今回はこの、低気圧性偏頭痛の予防方法についてお話しします。

頭痛、だるさ、むくみなど雨の日に体調不良になる原因と対策について

頭痛、だるさ、むくみなど雨の日に体調不良になる原因と対策について

雨がふると頭痛がしたり、いつもよりむくみがひどくなったりと、天気が悪いと体調が悪くなったりしませんか? 実は日本人の6割が天気の変化によって体調の変化を実感しています。 ちなみに3人に1人は、雨の日になると頭痛持ちでもないのに頭痛に悩んでいるんだとか。 雨だからしかたない…と思っても、毎回体調が天候によって左右されるのは本当にストレスですよね。 気温や気圧、湿度の変化は私たちの身体にどれくらい影響があるのでしょうか? 原因と対策法についてお伝えします。

だるい梅雨を快適に過ごすための東洋医学の知恵

だるい梅雨を快適に過ごすための東洋医学の知恵

雨が続き、洗濯物が乾かなかったり、湿気で髪がまとまらなかったりとなにかとうっとうしい梅雨の季節。 頭が重くなったり、むくみがひどくなったりと体のダル重感に悩まされる人も多いのではないでしょうか。 梅雨の時期を快適に過ごすには「湿邪」をどう撃退するかが鍵です。 今回はなにかとだるい梅雨を快適に過ごすための養生法をお伝えします。

新しい環境での人間関係がきつい。うつ病だった私の経験談

新しい環境での人間関係がきつい。うつ病だった私の経験談

突然ですが、コミュニケーション取るのって得意ですか? 人にも好かれて、誰とでも仲良くなれて、日々楽しく過ごすことができる人って、私からしたらスーパーマンのように思います。 なぜなら、本気でコミュ障だからです。 人と付き合うのが不器用すぎて、適応障害やパニック障がい、うつ病まで経験した私が思う、うつ病や人とや自分との関わりかたついてお話しします。

なんだかだるい…これって五月病?

なんだかだるい…これって五月病?

新しい季節がはじまり、ゴールデンウィークも過ぎる頃にはだいぶ環境も落ち着いてくるころです。 緊張の糸が切れたのか、なんだかだるかったり、眠気が止まらない…なんてこともありますよね。 でも、だるい、眠気だけでなく、頭痛や食欲不振や疲れているのに眠れないといった睡眠障害でも悩んでいませんか? もしかしたら、それ、五月病(ごがつびょう)かもしれません。 今回は五月病について、お話します。