「 東洋医学 」一覧

頭痛、だるさ、むくみなど雨の日に体調不良になる原因と対策について

頭痛、だるさ、むくみなど雨の日に体調不良になる原因と対策について

雨がふると頭痛がしたり、いつもよりむくみがひどくなったりと、天気が悪いと体調が悪くなったりしませんか? 実は日本人の6割が天気の変化によって体調の変化を実感しています。 ちなみに3人に1人は、雨の日になると頭痛持ちでもないのに頭痛に悩んでいるんだとか。 雨だからしかたない…と思っても、毎回体調が天候によって左右されるのは本当にストレスですよね。 気温や気圧、湿度の変化は私たちの身体にどれくらい影響があるのでしょうか? 原因と対策法についてお伝えします。

だるい梅雨を快適に過ごすための東洋医学の知恵

だるい梅雨を快適に過ごすための東洋医学の知恵

雨が続き、洗濯物が乾かなかったり、湿気で髪がまとまらなかったりとなにかとうっとうしい梅雨の季節。 頭が重くなったり、むくみがひどくなったりと体のダル重感に悩まされる人も多いのではないでしょうか。 梅雨の時期を快適に過ごすには「湿邪」をどう撃退するかが鍵です。 今回はなにかとだるい梅雨を快適に過ごすための養生法をお伝えします。

ダルい梅雨を元気に過ごす東洋医学の養生法とは

ダルい梅雨を元気に過ごす東洋医学の養生法とは

洗濯ものが乾かなかったり、雨で出かけられなかったりと、なにかと鬱陶しい梅雨の季節。 気圧の変化や湿度が高いためか偏頭痛に悩む人や体の不調を訴える人も多い季節ですね。 東洋医学では、梅雨はどのように過ごしたらいいのでしょうか。 梅雨の季節も元気に過ごすための養生法をお伝えします。

だるくて眠い春の季節の東洋医学における養生法

だるくて眠い春の季節の東洋医学における養生法

春はなんとなく眠くてカラダがだるく感じませんか? だからといって、 新学期となりダラダラできる季節というよりは、 慌ただしくなにかとストレスが多いのがこの季節。 東洋医学において春とは、 「肝」の季節であり、 草木が芽吹くように、自然界のすべてのものがのびやかに成長し、 新陳代謝が活発になる季節です。 今回は春の養生法や肝の機能について、 詳しく話ししていきます。