咳や鼻づまりにヴイックス ヴェポラッブ効果的な使い方や成分、妊娠中や何歳から使えるか、使用期限は??

飲む風邪薬ではなく、塗る風邪薬として1番有名なヴイックス ヴェポラッブ

色々な薬を飲まれているかたも塗り薬のため飲み合わせの心配をする必要がなく、また薬を飲み込みにくい赤ちゃんやお年寄りのかたも安心して使えるので、1度は使ったことがあるというかたも多いのではないでしょうか。

「子供用」のイメージが強いヴイックス ヴェポラッブですが、実は急な咳や花粉症などの鼻づまりにもとっても効果的なんですよ。

今回はそんなヴイックス ヴェポラッブの効果的な使い方や成分、そして何歳から使えて使用期限はどれくらい持つのかなどご紹介します。

スポンサーリンク

ヴイックス ヴェポラッブの効果的な使い方とは

ヴイックス ヴェポラッブは、胸元や首筋、背中に直接塗ることで有効成分が体温で温められて蒸気となり、鼻や口から吸入されて、呼吸をスースー楽にするほか、有効成分が肌から吸収されることで血行が良くなり、体を温めるので、鼻づまり、くしゃみなどのかぜに伴う諸症状を緩和する効果があります。

つまり、「吸入」「湿布」の2つの作用で鼻づまり、くしゃみなどのかぜに伴う諸症状を和らげてくれます。

ヴイックス ヴェポラッブに入っている成分や気になる副作用は?

ヴイックス ヴェポラッブには以下の成分が含まれています。

ヴイックス ヴェポラッブに含まれる成分について
  • l-メントール : 消炎、鎮痛、解熱、乗り物酔い、消臭、抗菌、殺虫(虫よけ)
  • ユーカリ油 : 鼻詰まり、たんや鼻・喉のトラブル、集中力、抗炎症、やけど
  • dl-カンフル : 血行や痛みの改善、筋肉痛、打撲、発疹、皮ふの赤み・かゆみ
  • テレビン油 : 精神安定(リラックス)、血圧降下、がん細胞の抑制
  • ニクズク油 : 神経の鎮静・活性化、血液の循環改善、消化器系と月経の改善
  • 杉葉油 : 体のリラックス、呼吸が深くゆっくりすること、安眠効果、抗菌・防虫
  • チモール : 強い殺菌効果と抗ウイルス作用
  • ワセリン : 肌の保湿、日焼け、虫さされ、切り傷

ヴイックス ヴェポラッブは小さいお子さんでも使える風邪薬のため、気になるのは副作用ですよね。
基本的に含有成分にアレルギーがなければ、副作用の心配はありません

ただし、目の周囲、口の中、鼻の下や鼻の穴の中、傷口などの粘膜への直接塗布はやめてください。
また、皮膚が弱く敏感なかたのなかには稀に湿疹やあかみ、かゆみ、肌荒れなどの原因になることもあります。

スポンサーリンク

ヴイックス ヴェポラッブは妊娠中は使える?また、何歳から?使用期限は??

大正製薬の公式サイトには、妊娠中、または可能性があるかたは医師や薬剤師に相談するよう記載されていますが、直接大正製薬に問い合わせたところ、確かに妊娠中だと胎児に影響があるため飲めない薬がありますが、ヴイックス ヴェポラッブが血液に入って胎児に影響が出ることはまずないそうです。

ただ、妊娠中は臭いに敏感になっているため、臭いが結構きついヴイックス ヴェポラッブは、注意の為に書いてあるんだとか。

とはいえ、気になるかたはかかりつけのお医者さんに相談してくださいね。

ヴイックス ヴェポラッブの特徴は何と言っても、小さいお子さんでも使えること。とはいっても気になるのは、何歳から使えるかですよね。

ちなみに、ヴイックス ヴェポラッブは生後6ヶ月から使用することができます。

ヴイックス ヴェポラッブの用法・用量
生後6ヵ月未満の乳児・・・使用できません
6ヵ月〜2才・・・3g/1回
3〜5才・・・・・4g/1回
6〜11才・・・・・5g/1回
12才以上・・・・6〜10g/1回

1日3回を目安に使用してください。
また、3gとは大体ティースプーン1杯分のことです。

ヴイックス ヴェポラッブの保管方法や使用期限は?

直射日光の当たらない涼しいところに、ふたをよくしめて保管しましょう。

おしゃれにディスプレイしたい!と可愛い容器に詰め替える人もいますが、成分が変わってしまうこともあるので、詰め替えずそのまま使用します。

ヴイックス ヴェポラッブの使用期限は箱や容器に記載されていて、大体製造されてから2年後くらいです。

大正製薬に一緒に問い合わせしたところ、開封した、していないに関わらず、使用期限は箱や入れ物に記載されている期限まで有効との回答でした。
それを過ぎてしまうと、化学成分が変質する可能性があるため、勿体無いですが処分しましょう。

辛い咳や鼻づまりには副作用の少ないヴイックス ヴェポラッブ

咳止めや鼻づまり薬は眠くなったり口が渇いたり、年齢制限や使用制限があるため、すぐに使いたくても使えないことがよくあります。

ヴイックス ヴェポラッブは昔からあるお薬で、重大な副作用やアレルギーの事例は上がっていません。
生後半年から使えるほか、妊娠中や授乳中でも使えるので、お母さんにも安心ですね。

咳や鼻づまりが続くとぐっすり眠れなかったり体力を消耗して辛いんですよね。
そんなときはヴイックス ヴェポラッブを使ってみてくださいね。

 最近ネットで話題の足裏にヴェポラッブを塗るとなぜ咳止め効果が期待できるのかについてはこちらから

ヴィックスヴェポラッブを足裏に塗るとなぜ咳や鼻づまりが改善するのか
塗る風邪薬の異名を持つヴィックスヴェポラッブですが、実はいま胸元や首筋に塗るのではなく、足裏に塗ることで咳止めや鼻づまりが改善すると...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする