クラゲに刺された時の対処法や症状、かゆみを抑える市販薬とは

お盆明けの海にはクラゲが大量に発生!
そのぶん、クラゲに刺される被害も増えてます。

クラゲの成長に伴い、海水の高い温度が影響するため、大量に発生したクラゲは10月頃まで活発に行動します。
クラゲに刺されたら慌てず正しい対処をするのが大切です。

クラゲに万が一刺されてしまったときどうしたらいいのか、また、かゆみに効果のある市販薬についてご紹介します。

スポンサーリンク

万が一クラゲに刺された!そんなときの対処法とは

ラッシュガードやクラゲ避けクリームで十分にクラゲ対策をしていても、刺されるときはやっぱり刺されてしまいます。

もちろんやらないよりはやるほうが断然おすすめです。

クラゲ対策のラッシュガードの選び方トレンカやクラゲ避けクリームの効果って?
夏が本番になってくるとやっぱり行きたい海水浴! ですが、クラゲに刺されたり岩で怪我をしたりと海の事故は怖いですよね。 ...

ただ、万が一クラゲに刺されてしまった時にどうしたらいいのでしょうか。

クラゲの種類がわからなくても、すぐやったほうがいい対処方法をご紹介します。

1:落ち着いて海から上がる

「クラゲに刺された!?」と感じたら二次被害を防ぐためにも、まず海から上がりましょう。

猛毒のクラゲの場合、刺されてしばらくしてから全身のショック症状が現れることもあります。突然、呼吸困難やマヒ症状が現れ、遊泳を続けていると溺れてしまうことも。

また、大丈夫だろうとタカをくくってそのままにしておくと、クラゲの毒が全身に回ってショックを起こすことも。
毒が回らないようにするためにもすぐに陸にあがって安静にしましょう。

2:刺傷に海水をかける

バケツやペットボトルに海水を汲んできて、海水でよく洗い流します。

必ず海水で洗いましょう!
真水で洗い流したくなるところですが、浸透圧の差により刺胞の毒液が体内に流れてしまい大変危険です。

刺された本人の体調に問題がなく、クラゲがいないことが確認できれば、浅瀬に入って洗い流しても大丈夫。

この時、触手を刺激してしまうと刺胞が発射されて、さらに刺されてしまうこともあるので、静かに洗い流してくださいね。

3:触手を取り除く

触手が見るからについている場合は、取り除きます。

クラゲの触手を除去するときはピンセットなどがあれば一番良いですが、そんなに都合よく海にはないですよね。

そんなときはタオルやビニール袋などを使用して手を覆って取りましょう

間違っても絶対に素手で触らないようにしてください。触った手も刺されてしまします。

また、刺された箇所の毒を、口で吸いだすことは口腔粘膜から体内へ毒素が吸収されますので危険です。

クラゲの触手は透明で見えにくいので細かいものを取るのは意外と難しいですが、取れる範囲で取り除きましょう。

4:氷水で冷やす

クラゲの触手が残っている場合、60度以上に温めるか冷やすと弱まります。

60度以上に温めると人間がヤケドしてしまいますので、冷やすほうが現実的です。
また、痛みが強い場合も冷やすと緩和されますよ。

60度以上に温めると毒性が弱まることから、「熱い砂をかけるとよい」と言われますが、砂をかけるなど刺激を与えることで、毒針を発射させてしまうことがあり危険ですのでやめましょう。

万が一猛毒のクラゲに刺されたときは…

カツオノエボシ、ハブクラゲなど猛毒のクラゲに刺されると、呼吸困難や全身マヒ、アナフラシキーショックなど、命に関わる症状を引き起こすことがあります。

特に小さい子供などは救急搬送を依頼し、呼吸や心臓が止まっている場合は、人口呼吸や心臓マッサージなどの応急処置をします。
直後は問題なくても、数時間後に症状が悪化することも多いので、慎重に様子をみることが大切です。

スポンサーリンク

クラゲに刺されたときに出る症状とは

クラゲに刺された症状には毒性の強弱により違いがあります。
もちろん、クラゲのもつ毒性だけでなく、刺された時に出る症状は個人差が大きくなります。

弱い毒性のクラゲに刺された場合でも患部の痛み以外に吐き気や頭痛など、全身症状が感じられるときは、早めに病院で受診してください。

弱い毒性のクラゲに刺されたときの症状とは

  • チクチク、ピリピリとした痛み
  • かゆみ
  • みみず腫れ
  • 水ぶくれ
  • 熱を持ち軽い火傷のような症状

強い毒性のクラゲに刺されたときの症状とは

弱い毒性のクラゲで表れる症状に加えて、更に激しい全身症状が表れるのが特徴です。

  • 電気が走るような激痛
  • 吐き気
  • 頭痛
  • 倦怠感
  • 呼吸困難

クラゲに刺された後、かゆみや痕に効く市販薬とは

軽症の場合は、市販の抗ヒスタミン剤ステロイド剤などの塗り薬が効果的です。

特にクラゲに刺されるとかゆみを訴える人が多く、そのままにしておくことでかきむしってしまい痕が残ることも。

クラゲに刺されたら、かゆみや痕を残さないためにも抗ヒスタミン軟膏やステロイド剤など塗り薬で対処しましょう。
また、冷やすと腫れやかゆみが軽減します。

クラゲにさされて痒みや炎症が強い場合、オススメの市販薬をご紹介します。
ステロイド剤の強さ順に並んでいますので、特徴をふまえて選んでくださいね。

もちろん、ひどい痒みがある場合は早めに病院で受診しましょう。

ベトネベートN軟膏AS


【指定第2類医薬品】ベトネベートN軟膏AS 5g
市販薬のステロイド軟膏のなかでも1、2を争うほど強い効果を持つのがベトネベートN軟膏AS。
抗生剤配合されているため、幅広い症状に使えるので常備薬にもオススメです。

ベタメタゾン吉草酸エステルが皮膚の炎症にすぐれた効き目を発揮します。
また、抗生物質フラがジオマイシン硫酸塩配合されているので、かゆくて我慢できず、傷周辺をかき壊してしまった場合でも、化膿を抑えることができるのが特徴です。また、患部を保護する油性基剤なので、じゅくじゅくした患部にもおすすめですよ。

皮膚科で処方されるリンデロンに1番近い成分の市販薬です。

ステロイド剤のため、長期間の服用はできませんが、クラゲに刺された直後に襲ってくる激しいかゆみや熱を持った炎症に効果的

刺された直後ある程度炎症が治るまで使用して、そのあと非ステロイド剤へ切り替えると治りも早くて安全です。

テトラ・コーチゾン軟膏


ステロイド・抗生物質配合皮膚治療薬 テトラ・コーチゾン軟膏 5g入り【第(2)類医薬品】

ステロイドの強さではミディアムに分類されるテトラ・コーチゾン軟膏は、痛みとかゆみを鎮め、抗炎症作用もあるので使いやすいのが特徴。

抗生物質も含まれている上にどこのドラックストアでも販売されているのが嬉しいですね。

ムヒアルファEX


【スイッチOTC】【指定第2類医薬品】ムヒアルファEX 15G
クリームと液体タイプの2種類販売されているムヒアルファEX

通常タイプのムヒにはかゆみ止めしか含まれませんが、このムヒアルファEXにはかゆみを抑えるジフェンヒドラミン塩酸塩だけでなく、優れた抗炎症効果をもつPVA(プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル)が配合されているので、赤く腫れ上がってしまうクラゲに刺された痕のかゆみにもオススメです。

痒みに強いのが特徴のほか、アンテドラックに分類されるためステロイドの効果は強いものの、副作用が低いのが嬉しいですね。

アンテドラックとは

アンテドラックとは、薬を塗った後に薬剤が皮膚から吸収されると代謝を受けて薬としての作用がなくなるように設計されている薬のこと。

ステロイド外用薬を使用した部分では薬として作用しますが、それより体内に入ると薬が不活性化されます。

薬の効果を表したい部分だけに作用させ、その他の副作用は軽減するのが特徴です。

クラゲに刺されたら迅速に対処することと、早めに薬を塗りましょう

楽しいはずの海水浴がクラゲで台無しになってしまうのも悲しいですよね。
でも、万が一クラゲに刺されてしまった場合は迅速に対処しましょう。

刺された直後はなんともなくても、時間が経つにつれアレルギー反応が出たり、痒みや炎症がおこることもあります。
そんなときは我慢せず、早めに病院へ行くことがオススメです。

 クラゲに刺された後かゆみが長引いていたり、ぶり返した場合の原因と対処法や、気になる傷跡を治す方法についてのまとめ記事はこちらです

クラゲに刺された後かゆみが再発し長引いている場合の原因と対処法、傷跡を治す市販薬とは
お盆開けの海にはクラゲがたくさん! 海水浴やサーフィンに出かけて運悪くクラゲに刺されてしまったという人もいます...

早くよくなるといいですね。
楽しい夏を過ごせますように。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする