だるくて眠い春の季節の東洋医学における養生法

「春眠暁を覚えず」とことわざにあるとおり、春はなんとなく眠くてカラダがだるく感じませんか?

だからといって、新学期となりダラダラできる季節というよりは、慌ただしくなにかとストレスが多いのがこの季節。

東洋医学において春とは、の季節であり、草木が芽吹くように、自然界のすべてのものがのびやかに成長し、新陳代謝が活発になる季節です。

今回は春の養生法や肝の機能について、詳しく話ししていきます。

スポンサーリンク

だるくて眠い春の季節の東洋医学における養生法

寒さの厳しい冬が過ぎ去り、春のうららかな陽気に誘われて、身も心も軽やかに感じるようになってきました。

東洋医学の五行学説では、春は「木」に属し、自然界のすべてのものがのびやかに成長し、新陳代謝が活発になる季節です。

人間の身体も同様に新陳代謝が活発になり、冬に溜まった老廃物を発散していきます。

少し汗をかきやすくなったり、気持ちが浮き立ったりします。

こうした身体の活動と深い関わりがあるのが、五臓では「」になります。

東洋医学でいう肝は、西洋医学でいう肝臓の働きだけでなく、自律神経系や新陳代謝の機能を担い、全身の「気(エネルギー)」の流れをコントロールし、精神を安定させたり、内臓の働きをスムーズに保ったりする役割をしています。

また、肝は血を貯蔵し、必要に応じて供給する血の調節機能も担っています。

五行学説によると肝は、春の草木のようにのびのびとしている状態を好むことが特徴。

そのため、ストレスが溜まると肝の機能が低下し、消化器系の不調や疲労感、イライラ、憂鬱といったさまざまな不調が現れるようになります。

季節の変わり目で生活環境が変わることも多い春は、ストレスや不安を感じやすい時期ですよね。

ストレスを上手にコントロールして肝の機能を健やかに保ち、心も身体も元気に気持ちよく過ごすためのエッセンスをお伝えします。

スポンサーリンク

東洋医学における肝の働き

肝の代表的な作用についてみてみると、

  • 疎泄(そせつ)を司る
  • 将軍の官、謀慮(ぼうりょ)これより出ず
  • 蔵血作用

とあります。

これは一体どういう意味なのでしょうか。

各項目について詳しく説明していきます。

肝は疎泄(そせつ)を司る

疎泄とは、主に新陳代謝のような機能のこと。

全身の「気(エネルギー)」の流れをスムーズにすることで、精神を安定させ、胃腸の働きを助けたり、血流を調節する、といった働きを担っています。

肝はストレスの影響を受けやすいため、ストレスが溜まって「気」の流れが滞ると、「気滞」と呼ばれる証になります。

気滞証になると、イライラして情緒が不安定になったり、脾胃(消化器系)の膨満感、血行不良、張ったような生理痛といった婦人科の諸症状など、さまざまな不調が現れるようになります。

趣味や軽いスポーツなどで日頃からストレスを上手に発散して、気の流れをスムーズに保ち、肝を健やかに整えるよう心がけるのが大切です。

将軍の官、謀慮(ぼうりょ)これより出ず

肝は「怒」の感情を司り、決断力にも大きな関係があります。

謀慮(ぼうりょ)とは、思慮と同じ意味で、肝は精神活動と深い関係があります。

春になると、疎泄(そせつ)がうまくいかないせいで鬱々した感情になったり、逆に巡りすぎてイライラするのは、肝が精神活動と深い関係があって、「怒」を司る臓器だからです。

イライラしたり、逆に鬱々するときは香りのいい花茶がオススメです。

身近なものだとジャスミンティーやローズヒップがあります。

どちらも肝経に入り、疎泄(そせつ)を促してくれるお茶です。

蔵血作用とは

肝は「血の貯蔵庫」と考えられていて、活動している時には必要に応じて血を送り出し、睡眠時には肝に集めて蓄える、という働きをしています。

こうした血の貯蔵・調節機能を蔵血(ぞうけつ)といいます。

栄養の不足やストレスなどで肝の働きが弱くなると蔵血の機能も低下してしまいます。

その結果、血が不足し、血量の調節が上手くできなくなったりするため、めまいや月経不順、鼻血などの症状が起きやすくなります。

目と肝は深いつながり

肝は目につながるといわれ、目は五臓の中でも肝と深いつながりがあると考えます。

肝の血が十分蓄えられていれば、必要な栄養や潤いがいきわたり、目も良く見える、というわけです。

過労や老化などで肝の働きが低下したり、肝の血が不足すると、眼精疲労や目のかすみ、視力の低下、ドライアイなどの症状が現れることも。

目のトラブルを感じたら、肝の働きを助ける食材を積極的にとってみてください。

おやつがわりに、クコの実やブルーベリーのドライフルーツ、菊花をお茶にして楽しむのも素敵です。

菊花は高ぶった気持ちも静めてくれるので、イライラしたり高血圧の人にもお勧めです。

罷極(ひきょく)の本

目の他にも肝はを司ります。

東洋医学においてとは、筋肉と骨についている腱、筋膜、じん帯など、関節を指します。

肝は血液循環によって、筋に栄養を送りその機能を保ち、関節の運動を助けています。

肝の血が不足し血流の調節機能が低下すると、筋に十分な栄養を送ることができず、運動能力が低下し、さらに、しびれやけいれん、足腰が動かしにくい、といった症状が起こることがあります。

また、肝の状態は爪に現れるため、肝の血が不足すると爪が薄くなったり、ツヤが悪くなったりすることもあります。

肝の機能を知って、春をうららかに過ごそう

春は新学期がはじまり、移動や進学など、新しい出会いにあふれた季節です。

ストレスがたまりやすく、イライラしたり、逆に落ち込むこともあるかもしれません。

そんなときこそ、東洋医学の力を借りて、新生活のスタートダッシュを思いっきり切ってくださいね♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする