東洋医学の食事法に基づく薬膳食材の効果効能について

薬膳とは東洋医学の考えに基づいて、冷え性や貧血、頭痛や生理痛など、疾病の治療や健康維持に役立つ料理のことです。

現代栄養学との大きな違いに四性(しせい)や五味(ごみ)といった、食材のもつ特性を表わす独特の分類法があります。

クスリには酸、苦、甘、辛、鹹(しょっぱい)の五味があり、
寒、熱、温、涼の四気がある神農本草経

これは、いまから2,000年以上も前に書かれた現存する最古の薬学書である『神農本草経』に書かれている言葉で、書内には365種類もの生薬や食材が記載されています。

漢方薬だけでなく、食材にも同じように「四気」や「五味」があり、薬膳ではこれらの食材のもつ特性を活かしながら調理することが薬膳の大きなポイントです。

今回はこの「四気」や「五味」について詳しく紹介していきます♪

スポンサーリンク

食材の五性とは

四気は別名を四性ともいい、食材が体内に入ったときの寒熱性をあらわしたものです。

程度により寒、涼、温、熱の4つに分類できますが、寒にも熱にも属さない穏やかな食性である平性をいれて、五性となります。

代表的な食材や効果をご紹介しますね♪

寒性・涼性

涼性や寒性はカラダを冷やし、体内の余分な熱を取り、機能を鎮静させる効果があります。便通をよくしたり、むくみを取るものが多いのが特徴です。

寒性のほうが涼性より作用は強くなります。

■ 食材例
とうがん、はと麦、緑豆、ウコン、豆腐、セロリ、ナス、きゅうり、トマト、にがうり、ごぼう、大根、白菜、ほうれん草、れんこん、あさり、しじみ、かに、わかめ、バナナ、スイカ、なし、かき、そば、緑茶、塩、白砂糖 など

温性・熱性

温性や熱性はカラダを温めることで気や血液の流れをよくして、新陳代謝を高めます。

その作用は熱性の方が強くなります。

■ 食材例
しょうが、ネギ、シソ、紅花、シナモン、唐辛子、コショウ、山椒、にんにく、たまねぎ、らっきょう、ニラ、かぼちゃ、かぶ、菜の花、羊肉、鶏肉、まぐろ、サケ、エビ、栗、桃、紅茶、もち米、酒、ワイン、黒砂糖など

平性

カラダを冷やしたり、温めすぎたりもせず、どちらにも属さない穏やかな性質をもつのがこの平性。

性質が温和なため、体質を選びません。
寒性や熱性の強い食材を調和する役割を持つ食材も多くあります。

虚弱体質や病後、子どもや老人などにもオススメ。

■ 食材例
黒ゴマ、山いも、クコの実、梅、うるち米、大豆、じゃがいも、さつまいも、さといも、きくらげ、しいたけ、キャベツ、たまご、牛肉、すずき、ピーナッツ、梅、イチゴ、ぶどう、りんご、すもも、いちじく、はちみつ、氷砂糖など

スポンサーリンク

食材の五味とは

五味とは、食材の味覚や働きから割り出したもので、味が違えばその食材のもつ働きも変わります。

なお、五味はカラダの五臓にそれぞれ対応していて、食材のもつ帰経にも関係してきます。

酸味

筋肉を収れんしたり、体液などが漏れるのを抑え、引き締め作用があります。
汗どめ、下痢、頻尿、精液のもれなどに効果があります。

■ 食材例
梅、レモン、酢、ローズヒップ、サンザシ、いちご、トマト など

苦味

余分な熱や毒をとって炎症を抑えたり、湿気を取って乾燥させたり、通便作用があるものも。

ジュクジュクした肌の疾患や、夏バテ、便秘を解消させる効果があります。

■ 食材例
緑茶、ぎんなん、陳皮、はすの実、みょうが、にがうり など

甘味

血液などの栄養成分や気を補給する効果があります。
疲れを取ったり、痛みを和らげる作用もあるので、ストレスや疲れがたまると甘いものが欲しくなるのはこのせいかもしれません。

疲労や虚弱体質、薬の場合は他の生薬との調和で用いたりします。

■ 食材例
お米、ピーナッツ、砂糖、はちみつ、牛乳、バナナ、ぶどう など

辛味

カラダを温めて気や血行を促進し、発汗させる作用があります。
風邪の症状や、冷え症、冷えからくる痛みに用います。

■ 食材例
しょうが、ネギ、シソ、唐辛子、コショウ、にんにく、たまねぎなど

鹹味(かんみ=自然のしょっぱさ)

硬いものや固まりをやわらかくしたり、排泄を促し便通をよくする作用があります。
リンパ腺腫、筋肉や皮膚のしこり、便秘などに用います。

■ 食材例
昆布、わかめ、のり、エビ、イカ、あさり、豚肉 など


食材の五味は1種類だけでなく、
辛味で甘味のある食材など、
ひとつの食材でいくつかの食味をもつものも多くあります。

数味あるものは、それだけ効能も広くなるので、
そうなんだ〜と思っていただければ大丈夫です。

たくさん食材を並べたけれど、
大事なのはメインを決めてゆるっとやること!

普段なにげなく食べている食材に隠された効果に、驚いたかたもいるのではないでしょうか。

「薬膳をつくろう!」と真面目に考えるあまり、食材の効果を丸暗記しようと苦戦するかたもなかにはいらっしゃいます。

ですが、そんなにこだわる必要はありません。

大事なのはメインの食材を決めて、ほしい効果に合わせて食材を合わせていくことです。

肩の力を抜いてゆるっと、「この食材の効果ってそうなんだ〜」と面白がっていただけたら私は嬉しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする