夏バテする原因や効果的な予防の方法とは。食材や体調の整え方について

なんとなく食欲がわかない、疲れが取れない…
夏の暑い日が続くと、そんな悩みを抱える人が多くいます。

夏バテとは、「からだがだるい」「食欲がない」「眠れない」などの不調が起きている状態のことで、高温多湿な日本の夏の暑さによる体調不良の総称です。

そもそもどうして夏バテをしてしまうのでしょうか??
夏バテをする原因や、夏バテしない体を作るためのポイントをご紹介します。

そもそも夏バテする原因とは?

夏バテをしてしまった場合、しっかりと水分、栄養をとり、休養すれば体は回復します。

 夏バテを速攻解消したい場合はこちらの記事もおすすめです。

夏バテを速攻解消する方法 効果的な水分補給や栄養の取り方について
暑くて食欲がわかない、なんとなく疲れが取れないなど、暑い日が続くと体が参ってしまいます。 食欲がわかないため栄養が取れず、暑く...

ですが

大事なのは夏バテをしないようにすることです。

夏バテをする原因から夏バテしないようにするための予防としてどうしたらいいか、ご紹介していきます。

そもそも夏バテってなに?

夏バテという、医学的な用語は実はありません。

夏バテとは、高温多湿な日本の夏の暑さによる体調不良の総称のことをいい、「疲れがとれない」「食欲がわかない」「よく眠れない」「下痢や便秘などの消化器官の不調」などの自覚症状があります。

暑さによって睡眠環境が悪く熟睡できなかったり、食欲がわかず、疲れがなかなかとれずに倦怠感が残るといった悪循環に陥ってしまったり、暑さを和らげるために冷たいものをとりすぎてしまい、お腹を壊す、または便秘になることも。

ただでさえ、日本の夏は特に、高温多湿のため、体温を一定に保とうと自律神経がフル稼働するため疲れてしまい、自律神経の乱れを引き起こしやすい環境です。また、室内の空調による冷えや、暑い屋外との温度差も自律神経を乱れやすくしています。

夏バテを解消するためには、①暑さ対策②自律神経を整えるの2つを意識して夏バテ解消・予防しましょう。

夏バテ予防のための暑さ対策とは?

夏は体温調整のために身体に大きな負担がかかりやすい季節です。
体力が消耗したまま、充分に栄養が摂れずにいると、体重が減り、その結果夏バテ状態となってしまいます。

休養をしっかりと取り、ゆっくり睡眠を取りながら、身体が必要とする栄養を充分に摂りましょう。

体温調節を上手にすることが、夏の暑さをのりきるためのポイントです。

暑さを和らげるために涼をとりいれようと、冷房ガンガンのお部屋にいるのは逆効果。
外の温度差に体がびっくりして、よけいに疲れてしまいますよ。

体の熱を冷ます食べ物をとったり、汗をかいて体温調節をしましょう。

夏に積極的にとりたい食材とは

薬膳でも夏バテ対策の料理は昔からよく作られています。
汗をたくさんかくため、体にこもった熱を冷ましてくれる効果がある食材や、体に潤いを与えてくれる食材を積極的にとりましょう。

熱を冷ます食材

キュウリやトマト、冬瓜、茄子、レタスなどの夏野菜や豆腐、小麦、蕎麦、緑茶 など

体やお肌の水分を補う食材

アスパラガス、小松菜、豚肉、白木耳、山芋、イカ、牡蠣、ホタテ、梨、ブドウ、キウイ など

 国際薬膳管理師が選ぶクックパッドでオススメの夏バテ対策レシピについて

夏バテ対策に効果のある食べ物や薬膳レシピ
暑さで食欲がなくなりがちの夏。 そんなときはあっさり手軽に作れる美味しいご飯で夏を元気に過ごしませんか? 薬膳の観点から...
スポンサーリンク

夏バテ予防のために自律神経を整える方法とは

日差しが強い屋外と冷房がきいた屋内との温度差に体がびっくりして自律神経が乱れがちな夏。

そもそも自律神経とは、どういう働きをしているのでしょうか。

人間の体温は自律神経の働きで36.5℃前後に保たれています。

体温が上がると副交感神経が働き、汗を出して体温を下げます。
逆に体が冷えてくると、交感神経が体温を上昇させています。

外が暑いからといって冷房の効いた部屋に長時間いると、交感神経ばかりが働くことになるため、自律神経の正常な働きを狂わせてしまいます。その結果、体温調整がうまく出来なるのです。

冷えた部屋から外に出ると激しい疲労に襲われたり、顔、または脇や背中だけ大汗をかくという人は特に自律神経の乱れに注意が必要なんですよ。

自律神経を整えるためどうしたらいいの?

自律神経を整えるには、運動をするのがオススメです。
運動をすることで、自律神経の働きが整うため、暑さが和らぐ早朝や夕方に軽いジョギングのような有酸素運動やラジオ体操、ストレッチなど軽い運動で大丈夫。

からだに汗のかきかたを思い出させることで夏バテ予防効果が期待できたり、下半身の、特にふくらはぎを鍛えることで血行がよくなり、むくみの改善や疲労回復効果が期待できます。

わざわざ運動するのが面倒な人は、どこでもできる「ながら運動」がおすすめです。
ダイエット効果も期待できるので、ぜひやってみてくださいね!

運動嫌いでもできるお腹や太ももに簡単に筋肉をつける方法とは
ダイエットを成功させて、理想の体型を維持させるためには、一過性のダイエットではなく、継続することが重要です。 体型維持のためにも、運動...

夏バテの原因から学ぶ夏バテ予防策

夏バテの原因は暑さで体がまいってしまうこと、体温調節がうまくいかず自律神経が乱れてしまうことの2点が最も重要なポイントです。
私も暑さが苦手で毎年夏バテをして2〜3kgほど体重が落ちたり、外にでるのが億劫で涼しい部屋に引きこもりがちでした。

ですが、ホットヨガに通ってきちんと汗を掻く習慣をつけたり仕事で動き回っていたころはそんなに夏バテがひどくなかったのを覚えています。

お祭りやBBQ、海水浴など、夏はアウトドアで楽しむイベントが沢山ありますよ。
ぜひ、夏バテをしない生活習慣を身につけて、今年の夏を満喫してくださいね(●´ω`●)

最後までお読みいただきありがとうございました♪
素敵な夏になりますよーに!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする