夏バテを速攻解消する方法 効果的な水分補給や栄養の取り方について

暑くて食欲がわかない、なんとなく疲れが取れないなど、暑い日が続くと体が参ってしまいます。

食欲がわかないため栄養が取れず、暑くて眠れないため疲れもとれず、といった負のスパイラルから抜け出すためにも、まずは速攻で夏バテを解消する方法をご紹介します。


夏バテを速攻解消する方法とは

食欲不振や倦怠感など、「病気」というには症状が軽いけれど、長引くと厄介な夏バテ。
夏バテを速攻で解消するポイントは、実は3つなんですよ。

それぞれご紹介していきます。

1:水分補給を「上手に」する

暑くて汗を沢山かくと、水分が欲しくなりますよね。
でも、汗をたくさんかいているときにただ水分をとるだけではたりません。

汗はなめてみるとしょっぱいように、塩分のほかにも様々なミネラルが含まれています。
水分補給するときは、水やお茶、ジュースでとるのではなく、ミネラルがバランスよく含まれているスポーツ飲料かビタミンB群が豊富な麦茶がおすすめです。

すでに体がだるく、熱っぽい場合、大塚製薬が販売しているOS-1がオススメです。
別名「飲む点滴」と呼ばれ、熱中症対策にも効果抜群!

created by Rinker
大塚製薬
¥3,700 (2018/10/16 22:43:58時点 Amazon調べ-詳細)


なんともないときに飲むと本気でマズいのですが、熱があったり体の調子が悪いときに飲むと美味しく感じる人体の不思議も味わえます。

暑いとどうしても冷たい飲み物を選びがちですが、夏バテをしているときはできるだけ常温かぬるめの麦茶にしましょう。
冷たいものはただでさえ弱っている胃腸をさらに弱めてしまいます。

また、水分はのどが渇く前に飲むことがポイントです。
実は「のどが渇いたな」と感じるのは、脳が脱水症状を察知して水分を摂るように命令しているからなんです。

1時間にコップ1杯、水分を最低限とるように心がけてくださいね。

2:ビタミンを味方につける

夏バテや疲労が溜まっているときほど、ビタミンB群を積極的にとりましょう。
ビタミンBは、脂肪や糖を効率よくエネルギーに変えてくれるんですよ。

暑いとつるんと食べれるそうめんやお蕎麦など麺類で軽めの食事で済ますことが多くなりがちですが、主食のみの場合、どうしても炭水化物の量がおおく、ビタミンが足りません。ビタミンBが足りないと、いくら無理に食事をしてもエネルギーに変換ができないので、夏バテしたのに夏太りしてしまうことも。

お蕎麦単品、そうめん単品で食べるのではなく、とろろをかけたり、クエン酸たっぷりの梅干しを添えたりして工夫してみてください。

そうめんの上にトマトやツナを乗せてサラダそうめんにしても栄養たっぷりで美味しいですよ。

食欲がないときに無理に食事でビタミンを摂るのではなく、サプリメントに頼るのもオススメです。

豚肉やうなぎなど、ビタミンBのほかにタンパク質も豊富なので夏は積極的に食べたほうがいい食材ですが、夏バテして食欲がないときには重いですよね。

ある程度体の調子を整えたあと、予防として美味しく食べましょう!

豚肉やレバー、うなぎ、枝豆やマイタケはビタミンB群の含有量も多いほか、吸収率もいいので食欲があるときにオススメの夏バテ解消食材です。

スポンサーリンク

3:しっかりと体を休める

昔であれば夏バテをする原因は暑さによる食欲不振や胃腸機能の低下が原因でした。
ですが、現代社会では、冷房が効いた部屋と外の温度の差に体がついていけず、自律神経が乱れてしまったことが1番の原因です。

自律神経の乱れはそのままにしておくと、自律神経失調症につながり、何年も苦しむことになる可能性も。

たかが夏バテと侮らずに、体の声をしっかり聞いて、バテているときはしっかり休みましょう。

夏バテしているときにオススメなのは、半身浴です。
ぬるめのお湯にお好きな入浴剤やバスアロマを垂らし、20〜30分じっくりとお湯につかってデトックスしましょう。

お湯に浸かることで血行が促進されむくみの改善やリラックス効果が期待できますよ。

しっかりお湯に浸かった後は、冷房をガンガンにつけた部屋で過ごすのではなく、大体28〜30度に温度設定をしてゆったり過ごしましょう。

どうしても暑いときは扇風機と併用してお部屋の空気を循環させてあげると、電気代の節約になるだけでなく体にも優しいのでおススメです。

夏バテを感じたら、きちんと体のメンテナンスをするチャンス

仕事にプライベートに忙しいと、どうしても後回しにしてしまいがちな自分のこと。
ですが、夏バテを感じたら、自分のために体をメンテナンスするチャンスです。

暑さがひどくなってくると確かに体もダルかったり、疲れがとれにくくしんどいですが、夏は楽しいアクティビティも沢山♡

しっかり休むときは休んで、夏を満喫してくださいね(*˘︶˘*).。.:*♡

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする