東洋医学で夏バテ、暑さ対策して元気に過ごそう

梅雨があけ、夏も本番になってくると暑さにやられて食欲がなくなったり、熱中症にかかってしまったりと暑さ対策が大切です。
冷房がガンガンに効いたお部屋で1日を過ごすと逆に体調を崩してしまいますよ。

夏を上手に乗り切り、秋に向けての準備ができるようにするために、東洋医学が伝える夏の過ごしかたについてをご紹介します。

スポンサーリンク

東洋医学で考える夏とは?

東洋医学では、夏の時期を「蕃習(ばんしゅう)」と呼び、万物が成長していく時期と考えられています。

陰陽五行では、夏は自然界の「火」のエネルギーが大きくなる時期にあたります。
火のエネルギーが強いと、血の巡りが早くなり、体も活発に活動していく一方で、体内に熱がこもってしまいやすく、熱中症のように、体温の調節が難しくなって循環器系の病気を引き起こしやすくなりがちです。

暑さで大量の汗をかくため、体内の「水分」や「気(エネルギー)」を消耗しやすく、血が濃縮してドロドロ血になったり、エネルギー不足から心の疲労を招いたりすることもあります。

心の働きが弱くなってしまうと、脳に十分な血(栄養)が送られないので、意識がもうろうとする、頭がぼーっとするといった症状が現れます。

高血圧や狭心症、動脈硬化症などの生活習慣病がある人は、特に意識して心を守ることを心がけましょう。

そして心だけでなく、夏に気を付けたいのは「脾胃」の不調です。
高温多湿の日本の夏は、暑邪とともに「湿邪」が侵入することが多くあります。

湿気に弱い脾胃の機能が弱くなり、食欲不振や下痢、夏痩せといった症状が現れる原因になっています。

夏の暑さ対策は「心」と「脾胃」がポイントです。

夏の疲れや体調不良を秋に残さないよう、日頃の食事や過ごし方に気を配り、しっかりと予防、対応しておきましょう。

それでは、この基本の考え方をもとに、夏の過ごし方を具体的にご紹介します。

スポンサーリンク

夏を元気に過ごすためには

夏を元気に過ごすためには、① 心を守ること、② 熱・湿を取り除くこと、③ 脾胃の不調に気づき対処することが大切です。
それぞれ詳しく見ていきましょう。

1:心を守るためには

心を守るためには、まず、「気」と「水分」を体内にしっかりと取り入れることが大切です。

東洋医学では、汗を大量にかくと「水分」とだけでなく体内の「気(エネルギー)」も流失すると考えられています。
そのため、たくさん汗をかく夏は、体内の水分や気が不足しがちになりやすいのです。

炎天下歩き回る営業のお仕事や庭仕事や夏のアウトドアでは、こまめに水分を補給するたけでなく、日傘や帽子などをつかって強い日差しから体を守る工夫をしてください。

ただ水分を取るだけでなく、レモンやライム、ハーブを入れたデトックスウォーターで水分補給をするのもオススメです。
レモンは体の潤いを守るほか、ビタミンCがお肌を紫外線のダメージからも守ってくれますよ。

また、ミントは体の余分な熱を冷ます効果があるので、熱中症対策にも効果的です。

心を守ってくれる食材とは
心を守るには、熱を取る苦味や、体を潤す甘味、体を引き締める酸味のある食材をとるのがオススメです。

潤いを生む:レモン、梅干し、トマト、いちご、ざくろ、ヨーグルト
気を養う:小麦、山芋、豆腐、湯葉、桃、りんご、鶏のハツ

レモンやイチゴを入れたデトックスウォーターや、梅干しを入れた梅水は水分補給時の飲み物としてもオススメです。

2:熱・湿を取り除くためには

高音多湿の日本では、梅雨に引き続き夏は湿に悩まされます。

大事なのは、体にこもった熱を上手に取り除きつつ、湿は残さないこと。

そのためには、しっかり汗をかきましょう。

実は、夏はカラダの気を発散する時期のため、デトックスに適した時期なんですよ。
暑いからといって冷房の部屋で汗をかかずに過ごしていると、体内に気が滞り、夏バテや秋の不調につながります。

ただし、暑さによって必要以上に汗をかいてしまうと、気を消耗するためイライラしたり、不眠症を引き起こすことも。
熱は体に溜めず、上手に発散して冷ましましょう。

体の熱を冷ますには、1日に1回15〜30分ほどの運動をして汗をかくと体がすっきりします。
日中は日差しも強く熱中症の恐れがあるので、早朝や夕方に散歩を兼ねたウォーキングや軽いジョギング、ヨガなど軽めの運動するのがオススメです。

また、不眠症やイライラ対策のために、ぬるめのお湯に使ってゆっくり半身浴するのもオススメです。
夏はシャワーで済ましてしまいがちですが、夏こそゆっくりお湯に使ってくださいね。

熱・湿を取り除いてくれる食材とは
体の熱を冷ましてくれる代表選手は何と言っても夏野菜。
身体の熱を冷ます:すいか、きゅうり、苦瓜、トマト、れんこん、はすの葉茶、緑茶
精神を安定させる:百合根、はすの実、かき、真珠粉

3:脾胃の不調対策には

暑いとついつい冷たいものを沢山とったり、水分をがぶ飲みしたりしがちです。
ですが、水分の摂り過ぎも、体内に「湿」が溜まりやすくなる原因になることも。

湿が溜まると「脾胃(ひい)」(胃腸)の働きが低下して、食欲不振や消化不良、軟便などを引き起こす原因になり、結果、栄養を十分に摂ることができず、夏バテしやすくなってしまいます。

脾胃は冷えに弱いので、冷たいものの摂り過ぎにも注意が必要です。
暑くても“常温の飲み物”“温かい食事”を摂るようにして、脾胃にやさしい食生活を心がけましょう。

夏バテ気味で食欲が落ちているときは、消化の良い食事を心がけ、まずは「脾胃を元気にする」ことを意識してください。
無理に肉類などを食べ過ぎないほうがいいですよ。

お肉やうなぎは元気になってから、美味しく食べましょう♪

脾胃の不調に効果のある食材とは
湿を取り除く:はと麦、緑豆、もやし、春雨、冬瓜
脾胃を養う:米、山芋、いんげん豆、かぼちゃ、大豆製品、うなぎ、はも、卵、鮭
食欲を促す:しそ、みょうが、しょうが、カルダモン、フェンネル

生姜やシソ、ミョウガなど香味野菜は食欲増進効果があり、夏バテで食欲がないときでもオススメです。
特に生姜は体の巡りをよくするだけでなく、体から余分な水分を出してくれる効果もあるのでむくみにも効果がありますよ。

脾胃について詳しく知りたいかたはこちらの記事もどうぞ
 

東洋医学で学ぶ消化を司り、梅雨に関係する脾の働き。
東洋医学は陰陽五行学説に基づいて、さまざまな事象を判断しています。 五行の属性に基づき、五臓も分類され生理機能のほか、病理など判断します。 今回は、消化を司り、梅雨に大きく関係する脾についてお話しします。
 

静心自然涼

「静心自然涼」という中国のことわざがあります。
日本の「心頭滅却すれば火もまた涼し」と似ていて、イライラしがちな夏も、ゆったりと過ごすことで自然と涼しく過ごすことができるという意味なのですが、夏は心穏やかに過ごすための工夫が必要です。

暑さが柔らぐ早朝や夜に活動をして、昼間はゆっくりお昼寝をしたり、のんびり過ごしましょう。

暑いからと文明の利器であるエアコンに頼るのではなく、東洋医学の知恵をかりて上手に夏を元気に過ごしてくださいね。
最後までお読みいただきありがとうございました(●´ω`●)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする