ラッシュガードで防ぐ日焼けUV効果や持続期間は?オススメの色や選びかた

海水浴やプールなど暑気払いとして遊びに行かれるかたも多いですよね。
そんなときに気になる紫外線対策

塗るタイプの日焼け止めはウォータープルーフといえど、水辺ではどうしても落ちてしまいます。

そんなときに1枚あると便利なのがラッシュガードです。

今回は日焼け対策として便利なラッシュガードの賢い使い方についてお伝えします。

スポンサーリンク

ラッシュガードの日焼け効果や持続期間は?

そもそも、ラッシュガードはどれくらい紫外線を防ぐ効果があるのでしょうか。

日焼け止めとは異なりラッシュガードの場合、UPFという数値で紫外線のカット数を表します。

UPFは3段階に分類されていて、

  • UPF40~50+ : UVカット率95%以上(Excellent)
  • UPF25~39 : UVカット率90%以上 (Very Good)
  • UPF15~24 : UVカット率85%以上 (Good)

と表記されます。

紫外線を95%以上カットする効果のあるUPF40~50+を選べば、日焼け止めを塗るよりも効果的に紫外線をカットしてくれるので、絶対焼きたくない人のためのオススメグッツ♪

塗るタイプや飲むタイプの日焼け止めとの違いは、やっぱり持続時間

基本的にラッシュガードは衣類と同じで、穴が開いたり、たくさん着たことで生地が伸びたり傷んだりしない限りは紫外線カット効果が持続します

もちろん、1番のベストは出かける前に飲む日焼け止めを飲み、日焼け止めをしっかり塗った上でラッシュガードを着ることですが、こまめに塗り直しができないような場所や状況なのであれば、ラッシュガードは日焼け予防の強い味方になってくれますよ!

紫外線を1番カットする色や形は?

ラッシュガードには色々な種類があり、おしゃれなパーカータイプや水着の上にさらっと羽織れるカーデガンタイプなど、見た目は洋服のようなデザインまで幅広く販売されています。

どうせラッシュガードを買うのであれば、紫外線カットをしっかりしてくれて、なおかつデザイン性に優れたものがいいと思いませんか??

いくらUPFが高いといっても、薄いタイプのラッシュガードだと繊維の隙間から紫外線が入ってきてほんのり日焼けしてしまうこともあります。

絶対に焼きたくない場合、紫外線を吸収してくれる黒のようなシックな色合いのものがおすすめです。

白やパステルカラーのラッシュガードも可愛いですが、どうしても紫外線の透過率は黒系の色に比べると高くなってしまうだけでなく、白は紫外線を反射する色のため、ラッシュガードで防いでいない部位が日焼けしてしまうこともあります

黒系の色は締まって見える効果があるので体型カバーにもなりますし日焼け対策にはピカイチなので、絶対に焼きたくない人は黒系の色を選んでみてくださいね。

スポンサーリンク

海や川などアウトドアで使うラッシュガードの選びかた


ラッシュガードとは、日焼け対策のものではなく、サーファーが岩やクラゲなど外傷を負わないようにするために着るものとして開発されてきました。

ラッシュガードを着ていればUV効果も若干あるかな?程度のもので、本来は日焼け対策のものではなく、マリンスポーツをする上で怪我をしないようにする水着の延長のものでした。

いまはで怪我の予防だけでなく、日焼け対策としてアウトドアに来ていく人が多いですよね。

海水浴や川辺でのアウドドアに行かれるときは、水中に着て入る用のラッシュガードと、外で日焼けと防寒対策に着る用と2枚のラッシュガードを持っていくと便利です。

この2枚があると、外でのアクティビティも安心して遊べます♪

ジップアップタイプのものを選べば、セットした髪やピアスなどアクセサリーに引っ掛けることなく脱ぎ着することができため便利です。

よく、濡れたままのラッシュガードを着て外でも過ごしている人がいますが、いくら真夏の30度以上気温があるような場所といっても、ラッシュガードは一瞬じゃ乾きません。

また、ラッシュガードが乾く際、気化熱として体温が奪われるため、風邪をひいてしまうことも考えられます。

女性の場合は特に、ビキニの水着が濡れているので、陸上でTシャツや普通のパーカーなどに着替えると、胸の部分だけ濡れちゃって気持ち悪いし、かっこ悪い思いをすることも。

そのぶんラッシュガードなら、透けることもないので安心です。

水中のラッシュガードはパステルカラーなどかわいいものでデザイン重視、外できるラッシュガードは黒などシックで紫外線対策ばっちりなものと分けて購入すると、デザインや機能的にも満足したものを選べます。

ラッシュガードは賢く使って日焼け対策は万全に!

塗るタイプの日焼けとめと違い、何度も塗りなおす必要がなく、また体型カバーや防寒対策にもなるラッシュガードは水辺でのアクティビティを行うときにもっていると本当に便利です。

私はこまめに日焼け止めを塗り直したり、日焼けに気をとられて思いっきり遊べないのが嫌なので、ラッシュガードの存在を知ってからはプールや海には必ず持って行くようにしています。

今年の夏はぜひ、お供にラッシュガードを連れて行ってみてくださいね♪

 ラッシュガードで日焼けを防ぐ効果の高い色や人気のブランド、便利な使い方についてまとめ

ラッシュガードで日焼けを防ぐ効果の高い色や人気のブランド、便利な使い方についてまとめ
紫外線が強く、日焼けが怖いこの季節。 アウトドアでのレジャーやお出かけの時に、1枚あると便利なラッシュガード。 水着の上から...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする