東洋医学の基本知識、気血水ってなに??

五行学説に続き、
東洋医学の基本となってくるのが、「気・血・水」です。

血と水はイメージできるけれど、
「気」ってなに?と感じるかたも多いかもしれません。

また、
気と聞くと一気に宗教感が増して、
「怪しい…」と思われるかたもいるかもしれません。

ですが、
「気」は実はとっても身近で大切なものです。

日本語でも、
元気、本気、根気、やる気、色気、英気などなど、
「気」をつかう言葉がたくさんあります。

では、
東洋医学においての「気」とはなんなのでしょうか。

今回は、
東洋医学知識においてとっても大事な
「気・血・水」についてお話しします。

スポンサーリンク

気血水ってなに??

そもそも気血水とはなにか、というと
人の身体を構成し、全身を巡る要素を意味します。

とは、生命のエネルギーです。
元気、気力などの「気」を意味し、神経機能を指すと言われます。

は、主に血液のことを指します。
全身を巡って栄養を運びます。

は、血液以外の体液のことです。
水分の代謝や免疫系などにかかわっています。

この3つが全身を巡り、バランスが保たれていることで、私たちの健康は維持できています。

このうちのどれかが不足したり、巡りが悪くなると、身体に不調をきたしてしまいます。

それではもう少し詳しく、「気・血・水」それぞれお話ししていきます。

気とは

とは、元気、宋気、営気、衛気という名称で表される生命エネルギーのことです。

呼吸、心臓の働き、血液の運行、体温や汗の調節をする働きなどは全て「気」によって行われています。

気のエネルギーがなければ、私たちは生命活動を維持することができなくなってしまうほど大切なものとされています。

気の不調によって起こる証
  • 気虚・・・気の不足
    倦怠感、疲れやすい、風邪を引きやすい など
  • 気滞・・・気の流れが悪くなる
    膨満感のある頭痛、喉が詰まった感じがする、胸やお腹が張る、げっぷやおならがでる など
気虚は過労や睡眠不足、偏った食生活など、生活習慣に原因がある事が多いです。

疲れやすかったり、風邪をひきやすい場合は、まずは自分自身の生活習慣を見直してみるのがオススメです。

気滞のかたは、イライラや不安、思い悩むといったストレスの他に、運動不足や暴飲暴食が原因となります。

気は常に巡らないといけません。
ストレスを溜めやすかったり、悩みやすいかたは、自分なりのストレス発散方法を見つけたり、適度な運動を行うのがオススメです。

血とは

とは、血液とその血液が運んでくる栄養素のことです。

東洋医学における血は、いわゆる「血液」を表すのですが、それだけではなく全身の栄養となり身体を養う働きがあるのです。また、身体にある老廃物を回収してくれる役割もあります。

「血」は女性には特に関係深いものになります。
婦人科疾患の多くは血液のめぐりが悪いことが原因です。

血の不調によって起こる証
  • 血虚・・・血の不足
    ふらつきや立ちくらみ、髪がパサつき抜けやすい、情緒不安定、眠りが浅くなる、月経不順 など
  • 淤血・・・血液の流れが悪くなること
    しみやそばかす、目の下のくま、慢性的な頭痛や肩こりなどの痛み、強い生理痛 など
血虚は無理なダイエットや偏った食生活、睡眠不足や大量の出血などで起こるため、気虚と同様にまずは自分自身の生活習慣を見直してみるのがオススメです。

また、女性の場合では月経でも血虚になりやすくなってしまうため、女性と血虚は切り離せない関係です。

淤血は過労や冷え、運動不足や暴飲暴食が原因でなります。
また、ストレスも原因となるため、生活習慣の見直しと自分なりのストレス発散方法を見つけてみましょう。

水とは

とは、水分も含め、汗やリンパ液、皮脂などの血液以外のすべての体液のことです。

水は体の中で不要になった老廃物を体外に排出する役割もあるので、この流れが滞ると代謝が悪くなります。

水のまたの名を津液と呼び、津と液に分けることができます。

津と液とは、

  • 津:陽の水分であり、体表を潤しサラサラしている。また、体温調節に関わる。
  • 液:陰の水分であり、体内を潤しネバネバしている。また、粘膜も潤す。

といった役割があり、
「潤す」という役割は同じですが、どこを潤すかが違います。

水の不調によって起こる証
  • 陰虚・・・津液が不足している状態
    身体が火照る、乾燥肌、めまいや耳鳴り、足腰のだるさ など
  • 痰湿・・・陰虚とは逆に津液が多い状態
    痰がよくでる、むくみやすい、身体が重だるい など

陰虚は加齢や過労、睡眠不足や栄養不足が原因でなります。また、ストレスも原因の1つです。
津液は、陰の時間である「夜間」に睡眠をとる事で作られます。
陰虚かな?と感じたら、まずはしっかりと睡眠をとってみてください。

痰湿は主に暴飲暴食や運動不足といった生活習慣が原因です。
特に冷たい食べ物や飲み物が原因でなりやすいので、まずは食生活から見直してみてください。

スポンサーリンク

大事なのは生活習慣

気血水は、生活習慣の乱れによって、そのバランスを崩してしまいます。

何気ない日々の積み重ねが良くも悪くも身体に影響を与えてしまうので、体調が悪いなと感じたらまずは生活習慣を見直してみてください。

忙しい現代に生きる私たちは、なかなか自分を省みる時間を作るのも難しいかもしれませんが、

1週間に1時間でも、自分の体を大事にする時間を作って見てくださいね♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする