飲む日焼け止めの効果や持続時間、副作用について

日差しが強くなるにつれて気になる日焼け。
紫外線でダメージを受けたままほおっておくと、シミやシワになったり、皮膚ガンになりやすくなったりと怖いですよね。

だからといって、毎時間日焼け止めを塗り直すのも面倒…

そんなアナタにオススメなのが飲む日焼け止めです。

日本では、まだ塗るタイプの日焼け止めが主流ですが、海外でおなじみの飲む日焼け止めが2016年より日本でも解禁されたことから注目を集めています。

そんな飲む日焼け止めの効果や持続時間、そして気になる副作用についてまとめました。

スポンサーリンク

飲む日焼け止めってそもそもなに?効果は??

日焼け止めというと塗るタイプがメインで、「飲む」と言われてもよくわからないですよね。
実は、飲む日焼け止めとは、薬ではなくサプリメントです。

飲む日焼け止めは飲むと紫外線による日焼けを完全に防げるというものではなく、塗る日焼け止めでは対応できない、

  • 日焼けを軽減する働き
  • メラニンを抑制する働き
  • 肌の老化を防ぐ働き

この3つの働きを期待することができます。

簡単にいうと、塗る日焼け止め紫外線から肌をバリアする働き飲む日焼け止め紫外線から受けたダメージを軽減する働きがあります。

飲む日焼け止めの効果について詳しく説明していきますね。

日焼けを軽減する働きについて

飲む日焼け止めを服用することで、ランゲルハンス細胞の減少を防ぐ効果があるといわれています。
ランゲルハンス細胞とは肌の免疫機能を保つために、必要な細胞なのですが、紫外線はこのランゲルハンス細胞を減少させ、日焼けを引き起こすと考えられています。

飲む日焼け止めサプリメントを飲むことでランゲルハンス細胞の減少を防げるため、肌の免疫機能が十分に働き、日焼け予防が期待できるようになります。

メラニンを抑制する働き

シミやそばかすの原因となるメラニン。
飲む日焼け止めは、強い抗酸化作用が期待できるため、活性酸素を抑制することでシミやそばかす予防が期待できます。

即効性も見込めますが、飲み続けることで抗酸化力が高まり、紫外線による防御作用が高まります。現在、さまざまな飲む日焼け止めがありますが、ニュートロックスサンなど日焼け止めの成分だけでなく、美白成分や抗酸化成分が配合されているものも多いのが特徴。

そのため、紫外線対策だけでなく、美白やシミなどの美容効果も期待できるので、日差しが気になる春~夏だけでなく、1年中使用することで効果アップが期待できます。

肌の老化を防ぐ働き

紫外線にあたると肌のコラーゲンが減少するため、シミやシワが増加する傾向があります。ちなみにこれは光老化とよばれています。飲む日焼け止めは抗酸化作用が強いため、光老化を抑える効果が期待できます。

肌が紫外線を浴びると皮膚のDNAにダメージを与えます。飲む日焼け止めは、このDNAの損傷を減少させる効果が期待できます。
さらに、肌の回復能力を促進させる効果があるといわれており、将来的な皮膚がんの予防もできるといわれています。

 

スポンサーリンク

飲む日焼け止めの効果的な飲み方や持続時間は?

飲む日焼け止めは紫外線で受けた細胞のダメージを軽減する働きがあります。
そのため、基本的には外出する30分前には飲んでおくのがオススメです。

海や山など強い紫外線を浴びるときは大体4時間のスパンで飲み続けると体のなかで持続します。

基本的に紫外線が強くなる春〜夏は毎日飲見続けた方が効果は強くなります。日頃から飲み続けることで体のなかに飲む日焼け止めの効果が持続されるほか、サプリメントには多くの美容成分が入っているためお肌のためにもオススメです。

出かける際に飲み忘れて日焼けしてしまった場合は?

日焼け止めを忘れて外出してしまい、後で後悔した思い出はありませんか?
そんなときにも飲む日焼け止めは大活躍です。

できるだけ早く飲む日焼け止めを飲むことで、日焼けで受けたダメージを回復することができます。

飲む日焼け止めと塗る日焼け止めの使いかたとは?

飲む日焼け止めを飲めば塗る日焼け止めはいらないと考える人がいますが、それは間違い!
飲む日焼け止めと塗る日焼け止めは併用するのがおススメです。

飲む日焼け止めは紫外線で受けたダメージを軽減する効果はありますが、紫外線自体をブロックする効果はありません。
塗る日焼け止めをしっかり使って、紫外線が肌そのものに届くのをブロックしましょう。

飲む日焼け止めに副作用はあるのか

飲む日焼け止めは基本的に天然由来の成分のため副作用は特に報告されていません。
飲み続けることによる副作用もないと考えられていますが、妊娠しているかたや授乳中のかたは必ずお医者さんか薬剤師さんに相談のうえで飲んでくださいね。

また、小さいお子さんは4歳以下の場合は飲ませないことをオススメしています。
どうしても飲ませたい場合はこちらも必ずお医者さんに相談の上、判断してください。

飲む日焼け止めと塗る日焼け止め、上手に使い分けて美肌を保とう!

日差しが強くなってくると日焼け対策に奔放します。
外での仕事が多くなったり、アウトドアなどなにかと日焼けをしやすいこの季節。

飲む日焼け止めと塗る日焼け止めの特徴をしっかり押さえることで上手に使い分けをして、紫外線のダメージから肌を守りましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました(●´ω`●)

 日焼け対策についてのまとめ記事はこちらです。

日焼け防止対策まとめ 飲む日焼け止め効果やラッシュガードの効果について
夏を思いっきり楽しみたいけれど、日焼けして将来シミやシワになるのは困り者… そんな欲張りなアナタにぴったりの日焼け防止対策についてまと...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする