つらい足のむくみ解消のコツはふくらはぎ!効果的なツボやマッサージ、職場でできるマッサージについて

長時間同じ体勢でいたり、運動不足や冷え、血の巡りが悪いなど、むくみの原因はそれぞれ。

むくみはほっておくとセルライトへと変化してしまったり、体の巡りが悪くなってしまったりといいことは1つもありません。

日々できてしまったむくみはマッサージやストレッチで毎日解消しましょう。

手軽にできるマッサージのコツやストレッチ方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

むくみ解消のコツはふくらはぎにあり

第二の心臓とも言われるふくらはぎ
ふくらはぎは、心臓から一番遠くにあるため、むくみやすい部位の1つです。

ふくらはぎをケアすることで、全身の血液や水分をきちんと巡らせることができるため、むくみを解消したいのであればふくらはぎを重点的にケアすることが大切なんですよ♪

ふくらはぎのむくみをとる効果的なストレッチのやり方やマッサージのコツについてご紹介します。

毎日3分で出来るふくらはぎのストレッチのやりかた

ふくらはぎを効果的にストレッチするコツは、伸ばすこと。
足首をくるくる回してほぐした後、足を前や後ろに倒してしっかり伸ばしましょう。

ふくらはぎをしっかり伸ばすことで、筋肉をほぐしてコリを取る効果があります。

ストレッチだけでは物足りない場合、足を上にあげて10秒間ぶらぶらさせる足ぶらぶら体操もオススメ(ゴキブリ体操とも言うらしいですね^^;)

下に溜まった水分を強制的に上へと流せるので、たった10秒でも驚くほど足が軽くなりますよ。

デスクでもできちゃう、ふくらはぎの効果的なストレッチ方法

お仕事が忙しいと、なかなかお家でゆっくりストレッチする時間がとれなかったり、むくみがひどくなる夕方に会社でストレッチがしたい!というかたもいますよね。

そんな場合は、足首回しがオススメです。

デスクでこっそりできる足首まわしストレッチのやりかた
① 片方の足を膝の高さまで上げて、まっすぐ伸ばします。
② 足首を上に向けてぐるぐると回します。
③ 左右各15回ずつ繰り返しましょう。足首は、回しやすい方向で構いません。

これなら仕事中でも一息つきながらこっそりむくみケアができますよ。

スポンサーリンク

ふくらはぎのマッサージのやりかた

ストレッチだけでなく、マッサージでむくみを解消するのもオススメです。

その際は摩擦で肌を傷つけないように、ボディクリームやオイルをつけてくださいね。
引き締め効果のあるオイルでダイエット効果をプラスしたり、お気に入りの香りに包まれてリラックスするのもいいですよ。

ふくらはぎをマッサージするには、足首から心臓に向かって優しく溜まってしまったリンパを流すイメージで行います。

くるぶしや足裏、足の付け根は特にリンパ節があってリンパ液が溜まりやすい傾向があるので、重点的にほぐしてあげてくださいね。

マッサージをする前にはコップ一杯の水を飲んでから行うと老廃物をスムーズに排出することができます。

ふくらはぎのむくみに効くツボは?

ふくらはぎにはいくつかの重要なツボがあります。これらをまんべんなく押していきましょう。

  • ​委中(いちゅう)
    膝の裏の中央部にあるツボ。ふくらはぎの老廃物を流す効果があります。
  • 承筋(しょうきん)
    委中と承山の中間の位置。ふくらはぎが一番盛り上がった部分にあるツボ
  • 承山(しょうざん)
    ふくらはぎに力を入れたときに浮き出る筋肉とアキレス腱の間にあり、押すと少し痛みがあるところ。委中と足首の間をちょうど二分した位置にあります。
  • 太谿(たいけい)
    内くるぶしのすぐうしろでアキレス腱脇のへこんだ部分にあるツボ。刺激することで、代謝を高め、足首を細くする効果があるんですよ!

マッサージの前のツボ押しはこれでOKです。やるのとやらないのとでは大違いですよ!

ふくらはぎをケアを効果的にするためのコツって?

ふくらはぎを効果的にケアするためのコツは「時間」にあります。
実はふくらはぎのケアをするなら朝より夕方に行う方が効果があります。

その理由はふくらはぎの「筋ポンプ作用」にあります。

ふくらはぎの筋ポンプ作用とは?
血管には動脈と静脈の2種類があります。動脈は、心臓から出発し、栄養や酸素などを血液にのせて各器官へ送る働きをし、静脈は各器官から出た老廃物や二酸化炭素を回収し、血液にのせて心臓に送る働きをしています。こうして、人間の身体は全身に血管が張り巡らされ、血液が流れています。

人間の下肢には重力に伴い、7割の血液が集まります。下肢の血液は重力に逆らって、何とか身体の上部へと戻ろうとするのですが、そのための働きをしているのが、ふくらはぎの筋ポンプ作用です。

ふくらはぎの筋肉が動き、収縮と弛緩を繰り返すことによってポンプのように血管が圧迫され、血液が押し出され心臓に還っているのです。

立ちっぱなしだったり座りっぱなしなど、常に血液が下へと溜まりやすい状態になっているとどうしても体が重力に勝てず、押し返せなかった水分がむくみとして発生してしまいます。

そのため、1日分のむくみが溜まってしまった夕方から夜にかけてマッサージやストレッチをすると効果が出やすいんですよ!

お疲れの足を日々ケアして体も心もスッキリしよう

第2の心臓ともよばれるふくらはぎ。

ふくらはぎをケアすることでむくみが改善するだけでなく、体全体が軽くなったり、体調がよくなったり、気分がよくなったりと実はいいことずくめ♡

ふくらはぎのむくみ解消法にはマッサージやストレッチなどありますが、効果を伸ばすコツとして

  • しっかり伸ばすこと
  • マッサージの前には水分補給をすること
  • どうせやるなら効果が高い夕方に!

があります。

お気に入りのボディクリームやアロマオイルに包まれながら、1日の疲れを癒してくださいね。
最後までお読みいただきありがとうございました♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする