頭痛、だるさ、むくみなど雨の日に体調不良になる原因と対策について

雨がふると頭痛がしたり、いつもよりむくみがひどくなったりと、天気が悪いと体調が悪くなったりしませんか?

実は日本人の6割が天気の変化によって体調の変化を実感しています。
ちなみに3人に1人は、雨の日になると頭痛持ちでもないのに頭痛に悩んでいるんだとか。

雨だからしかたない…と思っても、毎回体調が天候によって左右されるのは本当にストレスですよね。

気温や気圧、湿度の変化は私たちの身体にどれくらい影響があるのでしょうか?
原因と対策法についてお伝えします。

スポンサーリンク

天気が悪いと、頭痛や体調不良を起こす人が多い。

実は多くの人が天気が悪いとなんとなく体調が悪いと感じているそうです。

気圧が低くなると3人に1人が頭痛持ちでもないのに頭痛を感じているんだとか。

雨が降る前や降っているとなぜか頭が痛くなる、身体がダルくて何もやる気にならない・・・と言う経験、ありませんか?

天候のせいだと分かっていても、毎回だと相当なストレスになりますよね。

気圧の変化によって頭痛や体調不良を起こすのはなぜ?

では、なぜ気圧の変化で体調が左右されてしまうのでしょうか。

実は、大気の気圧が下がると体の組織がむくんだり自律神経のバランスが崩れやすくなります。

雨が近づくと古傷が痛んだり頭痛がするのは、気温や気圧、湿度などの気象条件の変化が、症状の引き金になるからです。

ちなみに、生理不順の人、寝不足がちな人、食事が不規則な人、低血圧な人などは特に雨の日に頭痛を引き起こしやすい傾向があります。

普段から片頭痛を起こしやすい人は特に雨の日は頭痛を訴える人が多いですね。

頭痛と湿邪の関係について

雨の日は湿度が高く、また湿邪の影響を受けやすいのが特徴。
雨の日の頭痛って、なんとなく頭が重くてグッタリした感じしませんか?

それが湿邪による頭痛の特徴です。

また、湿邪は脾と深く関係しているため、雨の日の体調不良は湿を取り除き、脾を健康するためのアプローチをするのが効果的ですよ。

東洋医学で学ぶ消化を司り、梅雨に関係する脾の働き。
東洋医学は陰陽五行学説に基づいて、さまざまな事象を判断しています。 五行の属性に基づき、五臓も分類され生理機能のほか、病理など判断します。 今回は、消化を司り、梅雨に大きく関係する脾についてお話しします。

スポンサーリンク

天気が悪いときの過ごしかた

なにかと体調不良になりやすい天気が悪いときはどうやって過ごしたらいいのでしょうか。

気をつけたほうがいいポイントは4つです。

  1. 食生活に気をつける
  2. 身体が冷えないようにする
  3. 規則正しい生活を心がける
  4. 身体の緊張をできるだけとる

各ポイントについて説明していきます。

① 食生活に気をつける

お天気がジメジメしてると、食欲がなくなることもありますよね。
でもそんなときこそ、しっかりと食事を摂りましょう。

むくみやすいなど身体に水分を溜めこみやすいかたは、大豆、そら豆、トウモロコシなどの穀物や、どじょうやスズキなどのお魚がオススメです。
利尿作用があるので、余分な水分を体外へ排出してくれます。

created by Rinker
チョンジョンウォン
¥1,270 (2018/07/18 08:26:16時点 Amazon調べ-詳細)

とうもろこしのヒゲ茶やハトムギ茶は体の余分な水分を排出してくれる効果があるので、お天気が悪くむくみがひどいときは積極的に飲んでみてください。

ちなみに冷やして飲むよりは温かいままゆっくり飲むのがポイントです。

面倒だからとついつい手を伸ばしがちなインスタント食品は塩分が高くよけいに体に水分を蓄えてしまうので、雨の日はゆっくりお家で料理をして体のメンテナンスをするのもおすすめです。

② 身体を冷やさないようにする

冷えは万病の元。
頭痛持ち、むくみやすいかたは注意が必要です。
体が冷えてしまうと首や肩がこりやすく頭痛を併発しがちです。

どうしても湿度が高く蒸し暑いとクーラーを強くしがちですが、冷房ではなく除湿モードにしたり、除湿機をつかってみてください。

③ 規則正しい生活を心がける

睡眠不足はもちろんですが、休日の寝溜めも、生活のリズムを乱れさせる原因です。
できるだけ毎日早めに布団に入り、睡眠を十分とるようにしましょう。

アルコールなどの過剰摂取も控え、疲れやストレスがたまらないようストレス発散をすることも大切です。

適度な運動は汗をかくことで、余分な水分を発散するほかにストレス解消にもなりますよ。

④ 身体の緊張をできるだけとる

食べると胃は伸び縮みするように、臓器のなかでも大きさの変化が大きいのが消化器系の特徴です。
そんな脾も、締め付けられることを嫌う傾向があります。

スーツを着ないといけない、などお仕事上どうしても仕方がないことはありますが、自宅に帰ったらすぐに着替えて身体への負担を減らすなど、対処したほうが快適に過ごせます。

仕事上ネクタイを締めないといけない場合、休憩中はネクタイを外したり、仕事が終わったらネクタイを外すなどできるだけ体を緩めてあげてくださいね。

自分ができることからやってみる

梅雨の時期など、天気が悪い日が続くと気分も滅入ってしまいます。
湿度が高いので、それだけでイライラしやすい時期でもありますよね。

今回ご紹介した4つの予防方法はどれも簡単に行うことができるものばかりです。
梅雨時期など、天気が悪いときにぜひ試してみてくださいね。

そして、雨に負けない元気な身体を取り戻してください♪

また、自宅ですぐにできる3つの方法もご紹介しています。

梅雨の疲れやだるさを吹き飛ばす自宅ですぐに出来る3つの方法
朝晩の寒暖の差が激しく、ジメジメとすっきりしない梅雨は自律神経の働きが落ちるためだるさや疲れを感じやすい季節です。 G...

最後までお読みいただきありがとうございました^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする