だるい梅雨を快適に過ごすための東洋医学の知恵


雨が続き、洗濯物が乾かなかったり、湿気で髪がまとまらなかったりとなにかとうっとうしい梅雨の季節。
頭が重くなったり、むくみがひどくなったりと体のダル重感に悩まされる人も多いのではないでしょうか。

梅雨の時期を快適に過ごすには「湿邪」をどう撃退するかが鍵です。

今回はなにかとだるい梅雨を快適に過ごすための養生法をお伝えします。

スポンサーリンク

梅雨は湿邪撃退が鍵

梅雨になると、頭痛に悩まされたり、体のだるさをうったえるかたがいます。
それもそのはず、梅雨は体内に湿がたまりやすく、また湿邪は重く下に溜まるのが特徴です。

梅雨を快適に過ごすには、いかに体から湿を追い出せるかがポイントです。

湿邪とは

東洋医学では、自然界には風・暑・火・湿・燥・寒の六つの気が存在するという考えが元になっていて、これらが病気の原因に変化した時をそれぞれ風邪・暑邪・火邪・湿邪・燥邪・寒邪といいます。

湿邪とは自然界の「湿」という気が体内に侵入し病気の原因となることです。

なんだか難しそうに感じますが、わかりやすくいうと、湿とは、体にとって余分な水分と考えてください。

湿が体に溜まると、頭が重くなったり、むくみがひどくなったり、食欲がわかない、体がダル重い、疲れがとれないという症状が表れます。

また、脾の状態は口に出るので、口内炎やヘルペスができるかたもいます。
飲みすぎた次の日や暴飲暴食が続くと口内炎が出るのは脾が疲れている証拠です。

湿邪を追い出すための方法

それでは湿邪を追い出すためにはどうしたらいいのでしょうか。
オススメの方法をご紹介します。

汗をかく

体の中に溜まってしまった余分な水分は汗として発散しちゃいましょう。
ランニングやホットヨガのようなスポーツをしたり、サウナや半身浴で積極的に汗を流しましょう。

汗をかくことで体に溜まった余分な湿を排出できるほか、体の巡りがよくなるので冷え対策にもオススメです。

辛いもので発散する

中国で湿邪の影響をもっとも受けやすい地域は、というと実は四川省です。
四川料理といえば、麻婆豆腐や火鍋のような辛い料理が特徴ですよね。

唐辛子や山椒は体の余分な湿を発散させてくれる効果があります。
それだけでなく、汗をかくことで気化熱が発生して結果として体を冷やす効果があります。

日本の夏は高温多湿で四川の環境と近く、梅雨〜残暑までは湿の対策が必要です。

冷たいものばかりとるのではなく、たまには辛いもので元気に夏をのりきってみませんか?

体を冷やさない

湿度が高く、気温も高いと、どうしても冷たいものに手が伸びがち。
ですが、冷たいものは弱っている脾をさらに弱めてしまいます。

冷たい飲み物のほかに、お刺身のような生ものや生野菜などは加減してくださいね。
特に旬のお野菜でもあるトマトやキュウリはもともと体を冷やす働きがあるので、ショウガのような体をあたためるものと一緒に食べてくださいね。

飲みすぎは禁物!

空がうっとうしいと気分も鬱陶しくなりがち。
そんな時はビールをきゅ〜〜〜〜〜ッ!とやりたくなりますよね。

ですが、アルコールは水分代謝を高めて、かえって脱水症状を起こしてしまったり、ただでさえ弱っている脾胃を痛めつけてしまうことも。

アルコールだけでなく、冷たい飲み物も同じです。

冷たい飲み物をがぶ飲みするのではなく、温かい飲み物をゆっくり飲んでみてくださいね。

ミネラルが豊富な麦茶や体の余分な熱をとってくれる緑茶、利尿作用が強くむくみの予防にもなるハトムギ茶コーンシルク茶がオススメです。

旬のものの力を借りる

梅雨から夏にかけて旬を迎える野菜は、体の余分な熱をとり、また余分な水分を尿にして体内から出す作用があるものが多いのが特徴。
ただし、そのまま食べると体を必要以上に冷やしてしまう可能性があるので、火を通して食べるのがオススメです。

体の熱をとる夏野菜
きゅうり、トマト、ナス、西瓜、とうもろこし、冬瓜、ゴーヤ、カボチャなど

また、香味野菜もオススメです。
香りによって落ちている食欲が回復したり、香りの強いものは滞っているものを通す力を持っています。
性質も体を温めるものが多く発汗力もあるので、夏野菜と組み合わせて積極的にとりたいお野菜ですね。

香味野菜
葱、ショウガ、ニンニク、大葉、薄荷、みょうが、パクチー、レモングラスなど

梅雨を乗り切る秘訣は体を冷やさす、湿を溜めないこと

暑くなってくると冷房ガンガンの職場や冷たいもののがぶ飲みで、冷えに悩んでいる女性も多いですよね。
ただでさえ雨や湿気で体の中に湿がたまりやすいこの季節。

積極的に汗をかいたり、中から体を温めることで梅雨のだるさや疲れはびっくりするほど改善されますよ。

また、脾が正常に活動しているとお肌もめちゃくちゃ綺麗になるんです!

梅雨とうまくつきあって、健康にキレイな体を手にいれちゃいましょう♪

最後までお読みくださりありがとうございました^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする