東洋医学の概念や西洋医学との違い、オススメな取りいれかたについて

東洋医学というと、漢方、針、鍼灸、按摩など、
なんとな〜くイメージが浮かびますが、
実際どんな概念をもとに構成されているか、ご存知でしょうか?

陰陽五行や気の話を聞くと、
胡散臭い、怪しい…と思われるかたもいますが、それは間違いです!

そもそも東洋医学のなりたちから、西洋医学との違い、
そして、日々の生活に東洋医学を取り入れる方法をご紹介します。

スポンサーリンク

そもそも東洋医学ってなんだろう?

そもそも東洋医学ってなんだろう?と考えたことがありますか?

日本では「東洋医学 = 中国で生まれた医学」と思われているかたも多いようですが、
本来の東洋医学とは、それだけを指すものではありません。

「東洋医学」を説明する前に、
「現代医学」「伝統医学」について、
まずお伝えします。

現在、医学には2つの系統があり、
「現代医学」と呼ばれる医学と
「伝統医学」と呼ばれる医学の2つに分けることができます。

現代医学とは、
日本でよく「西洋医学」と言われているもので、
病院などで行われている最先端医療をさします。

それに対して伝統医学とは、
現代医学とは違う理論による治療を意味し、
「東洋医学」もこの「伝統医学」の1つです。

最近はちょっとしたブームにもなっているインドのアーユルヴェーダや
チベット医学も伝統医学の1つです。

つまり、「東洋医学」とは、
【 東洋で生まれた現代医学とは異なる理論による医学 】になります。

ちなみに、日本でよく東洋医学と呼ばれるのは
中国で生まれた医学になりますので、本来は、「中医学(中国伝統医学)」と言います。

同じように、「現代医学」のことを
日本ではよく「西洋医学」と言われていると紹介しましたが、
本当は「現代医学」=「西洋医学」じゃないんですね。

なぜって、「西洋医学」にも「伝統医学」があるからです。
「アロマセラピー」や「ホミオパシ―」が西洋の伝統医学です。

ですから、病院などで受ける医学は
厳密に言うと「現代西洋医学」となるのです。

ただ、
あーだこーだ理屈をこねて概論を話しても仕方ないので、
この『のんライフ』ではわかりやすく

🔸 東洋医学=中医学
🔸 西洋医学=現代西洋医学

と表現しています。

東洋医学と西洋医学の大きな違いについて

細かくお話するとキリがないのですが、
すっっごく簡単にお話すると、

症状の原因を取り除くのが西洋医学
根本から改善していくのが東洋医学
です。

西洋医学の治療方針は病気の原因を排除するという考え方ですが、
東洋医学は自分の体の自然治癒力を重視して、
どうしたらいま、乱れている気の流れを正常に戻せるか考えます。

どちらが正しい、どちらが優れているとよく論争が起きますが、
それって理系ど文系どちらが優れているか、とかどっちが偉いかみたいなもので、
自分の体調に合わせて欲しい効果を選べばいいと、
私は思います。

のんは偏頭痛持ちなのですが、
極限に頭が痛いときに脈がどーの、舌がどーの言われても
多分キレるだけです。

はよ、鎮痛剤!!!となります。うん。

でも、
じゃあいつも鎮痛剤でなんとかするのではなくて、

スポンサーリンク

ある程度調子が戻ってきてから、
なんで偏頭痛起きたのか

→ 体の巡りが悪くて気滞っぽいな

じゃあ○○を飲もうとか、
マッサージするときに一緒にツボを押しておこうくらいでいいと思うのです。

西洋医学も東洋医学も、
どちらも人類が生み出した素晴らしい学問じゃないですか。

どっちがいい、悪い、ではなく、
自分がより、快適に過ごすための道具として、
知識を使っていただければと思うのです。

のん的オススメな東洋医療の使いかた

漢方に副作用がない、と思われているかたが多いのですが、
漢方薬にも副作用はあります。

また、東洋医学でも外的な治療をすることもあります。

でも、悲しいことに、
日本での東洋医学の地位ってまだまだ低くて、
お医者様や薬剤師の先生でも西洋医学的に考えた漢方処方がメインなんですね。

まだまだ日本では、
即効性が高い西洋薬、
ゆっくり効きながら体調を整える漢方薬という扱いです。

だからこそ、
ダイエットや美容、冷え症など、
慢性的にツライ体質改善のために東洋医学の知識や漢方を使うことがオススメです。

たとえば、普通のお医者様に
「ダイエットしてやせたい!太らない薬をください」
と頼んでも、薬は処方してもらえません。

「運動しなさい!食事制限で!!」
と、言われるのがオチです。

健康を害するほど太っている場合は、治療してもらえますが、
病気ではない場合は、普通の病院では対応してもらえません。

むしろ、なんて相談したらいいんだ?と思いますよね。笑

じゃあ、
美容クリニックなどで、
脂肪吸引や脂肪溶解注射など、美容整形手術を受けるかといったら、
コストもかかるしリスクも高いじゃないですか。

漢方医学では、患者さんの身体付き・性格・体の巡りなど、
身体の状態・食べ物の好みなどから総合的に判断し、
やせやすくなる漢方を処方することができます。

また、自身の体質を知ることで、
日々の食生活などから冷え性や肩こりなど改善することもできます。

そうやって日々の生活に、
ちょっとずつ東洋医学を取り入れると、
四季の移り変わりを意識するようになったり、
なにより自分の体に敏感になっていきます。

東洋医学は上手に使うととっても人生が豊かになりますよ

「東洋医学」と聞くと、
なんだか自分には関係なくて、別世界のものや、お年寄りにだけ関係があるような
イメージを持っているかたも多いかもしれませんが、
実は日々の生活に簡単に取り入れられることができる身近なものなのです。

興味があるのであれば、ちょっとずつ、
日々の生活にも取り入れてみてくださいね^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする