なんだかだるい…これって五月病?


新しい季節がはじまり、ゴールデンウィークも過ぎる頃にはだいぶ環境も落ち着いてくるころです。
緊張の糸が切れたのか、なんだかだるかったり、眠気が止まらない…なんてこともありますよね。

でも、だるい、眠気だけでなく、頭痛や食欲不振や疲れているのに眠れないといった睡眠障害でも悩んでいませんか?

もしかしたら、それ、五月病(ごがつびょう)かもしれません。

今回は五月病について、お話します。

スポンサーリンク

五月病とは

そもそも五月病ってなんでしょうか?
wikipediaによると、

新年度の4月には入学や就職、異動、一人暮らしなど新しい環境への期待があり、やる気があるものの、その環境に適応できないでいると人によってはうつ病に似た症状がしばしば5月のゴールデンウィーク明け頃から起こることが多いためこの名称がある。

医学的な診断名としては、「適応障害」あるいは「うつ病」と診断されるwikipedia

とあります。

五月病とは4月からの新社会人生活、新しい環境での働き方など、うまく適応しきれなかったとき、ゴールデンウィーク明けに様々なストレス症状が出るメンタルヘルス不調の症状の総称です。

ちなみに五月病という病名があるのではなく、一月病や四月病、十二月病と12ヶ月分存在する季節病の一種で、よくうつ病や適応障がいとの判断基準に一過性であり、環境に順応できれば治るといった特徴があります。

気になる五月病の症状とは

では、五月病になるとどんな症状が出るのでしょうか?
心当たりがあったら要注意です!

無気力
集中力の低下
イライラ感
疲労感
不眠症
気分が落ち込みやすくなる
食欲不振
胃痛及び腹痛を伴う下痢
めまい
動悸
頭痛

スポンサーリンク

ドキっとしたかたもいるのではないでしょうか。

実は五月病になってしまう原因にはストレスが大きく関係しているのではないかと言われています。

気になる五月病の原因とは

五月病になってしまった人を見てみると、

  • 新しい環境に馴染めない。
  • 新たな場所で良好な人間関係を築くことが出来ない。
  • 目標を達成してしまったことで、次の目標が定まらず燃え尽き症候群。
  • 描いていた理想と現実が大きく異なり、ギャップに苦しんでいる。

といった悩みを抱えている人が多いようです。

最近の研究では、五月病を発症する人の多くは、
4月に希望に胸を膨らませて新境地で活躍を夢見て一生懸命活動していたにも関わらず、
ゴールデンウィークに入ったことで緊張の糸が途切れてしまい、
その疲労感が心身への負荷となり、
自律神経へ異常をきたし、
胃痛や頭痛、めまいと言った症状を引き起こしているということがわかりました。

五月病になりやすい人の特徴として、真面目で責任感があり、忍耐力が強くや融通が利かない、また、ロマンチストなタイプがあげられます。

もしこれらの性格に心あたりがあるのであれば、気をつけてくださいね。

真面目で責任感がある人ほど陥りやすい五月病

4月からの新しい環境に前向きに取り組み、目立つほどの失敗や失態がないにもかかわらず、な〜んだか調子がいつもほど良くない気がする…。
そしてゴールデンウィークでしっかり休んだはずなのに、改善しないばかりか悪化してる………?

このような兆候があるときは要注意!!
五月病のはじまりかもしれません。

精神障がいと聞いて不安に思うかもしれませんが、五月病のような季節病は一過性で終わることが多く、新しい環境に馴染めば改善する人がほとんどです。

新しい環境で頑張ったからこそ、神様が休め!と言っているのかもしれませんよ。

頑張った自分を褒めてあげて、しっかりリフレッシュしてくださいね♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする