タトゥーシールのきれいな剥がし方肌が弱い子供もメイク落としならOK?

タトゥーシールは文化祭や発表会、ハロウィンなどのイベントで大活躍!
タトゥーシールを貼るととても存在感があって、かっこよく決まるので大満足な仕上がりになります。

でも、いざ剥がすとなると、きれいに剥がれない!
剥がす時に肌に負担がかかっってダメージが!なんてことも。

ましては、肌が弱い子供の場合大人と同じよう剥がしていいのか心配になりますよね。

タトゥーシールをきれいに剥がしたいけれど肌には負担をかけずに剥がしたい!

そんなあなたに、今日はタトゥーシールをきれいに剥がす方法と肌が弱い子供の場合どのように落としたら良いのか?お伝えします。

スポンサーリンク

タトゥーシールをきれいに剥がすなら?

タトゥーシールをきれいに剥がしたいのであればクレンジングオイルを使う方法と除光液を使う方法があります。

それぞれやり方を詳しく紹介します。

クレンジングオイルを使ってタトゥーシールを剥がす方法

タトゥーシールを貼った上にクレンジングやオイルをつけて指でなぞるようにマッサージしてください。
するとタトゥーシールが少しずつ浮いてボロボロと消しゴムのカスのように剥がれてきますよ。

ある程度剥がれたら水で洗い流します。

もしきれいに落ちず残ってしまった場合はコットンにクレンジングオイルを含ませてタトゥーシールの上にパックするように置いておきます。

しばらく置いておくと簡単に剥がすことが出来ます。

クレンジングオイルだけでなくクレンジングシートはもちろん、ベビーオイルやオリーブオイル、サラダ油でも同じように落とすことができます。

除光液を使って剥がす

こちらもやり方はクレンジングオイルの時と同様です。
除光液をコットンにしっかり染み込ませ、タトゥーシールを貼った部分を優しくこすります。

実際比べてみましたが、オイルに比べると落ちが早いように感じました。

ただ、除光液を使うのであれば注意することがあります。

1つは目に入るときけんですので、顔以外で使うようにしてください。
2つ目は除光液は肌に残ると肌荒れの原因となってしまいますので、使用した後は石鹸などでしっかり除光液の成分を洗い流しましょう

急いで落としたいのであれば除光液、肌の負担も気になる場合や顔のタトゥーシールを剥がしたいのであればクレンジングオイルでタトゥーシールを剥がす方法がおすすめです。

でも、肌が弱い子供にも大人と同様の方法を行なってもよいのでしょうか?

スポンサーリンク

肌が弱い子供がタトゥーシールを剥がす場合、メイク落としでもOK?

メイク落しでタトゥーシールをきれいに剥がしたいけど、肌が弱い子供に大人が使うようなメイク落しを使っていいのかな?と不安になると思います。

実はメイク落としは今では低刺激のものがたくさん販売されていますので、肌が弱い場合やお子さんに使うのであれば無添加・無香料のものを選ぶと良いでしょう。

ですが、肌に負担をかけたくないのであれば、大切なのはメイク落としの種類ではなく落とし方。

こすると肌に負担がかかってしまいますので、こすらないようにクルクルとすべらせるようにメイク落としとタトゥーシールをなじませてしっかりと洗い流すようにしてください。

どうしても子供にメイク落としを使用することに抵抗がある場合は、ベビーオイルやオリーブオイルを使用すると同じような効果が得られます。

ちなみにベビーオイルも植物油を使っているものと鉱物油を使っているものがあります。

鉱物油を使ったベビーオイルは毛穴を塞いでしまいますので、100%天然由来、無添加の植物成分を使ったものを使用するようにしましょう。

肌に負担なくきれいにタトゥーシールを落としたいのであればオイルパックがおすすめ

実際にタトゥーシールを張っていろいろと試してみましたが、どうしても除光液やオイルを塗ってすぐこすると力が必要でした。

それだけでなく、少しカスのようなものが残ってしまったりタトゥーシールによっては肌に色移りのような感じになってしまいました。

いろいろと試してみましたが1番きれいに素早く落ちたのはオイルパックをすること。

コットンにオイルを十分に含ませて5~10分パックをするように置いておくとするんときれいに落ちてくれました。

どうしてもすぐに落としたい場合慌ててこすりがちですが、そこはぐっと我慢してしっかりタトゥーシールを浮かせたほうがきれいに落ちましたよ。

摩擦によって肌が赤くなることもなかったので負担も少ないと思います。

タトゥーシールを安全にきれいに剥がす方法を知って、ファッションやイベントを楽しみたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする