喪中ハガキの文例夫が亡くなった場合苗字はどうすればいい?

喪中ハガキは11月中旬から12月初旬までに出すのが基本です。

主人が亡くなって、葬儀に49日法要、初盆を終えてホッとしたのも束の間、気がつけば次は喪中ハガキを準備する時期に…

早く準備しなくちゃと分かっていても、初めての喪中ハガキ、一体何を書いたらいいのか分からない方もおられるのではないでしょうか?

今日は夫が亡くなった場合の喪中ハガキにおすすめの文例と、迷いがちな故人の苗字は記載すべきかどうかをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

夫が亡くなった場合、喪中ハガキにおすすめの文例は?

喪中ハガキは、〝喪に服しているため新年のご挨拶はご遠慮させていただきます〟という意味合いで送ります。

また、誰の喪に服していているのかを明確にし生前の感謝の意を記すのも大切です。

喪中ハガキは訃報を伝える手紙ですので、それ以上の知らせは必要ありません。

喪中はがきは年賀欠礼を伝えるものですので「年賀」という言葉は使わずに「年始」「年頭」という言葉を使うようにしましょう。

例えば年賀欠礼を伝えるのであれば「喪中につき年賀のご挨拶は欠礼いたします」ではなく「喪中につき年頭のご挨拶は欠礼させていただきます」または「喪中につき年末年始のご挨拶は差し控えさせていただきます」となります。

また今回は「夫が亡くなったこと」を相手に伝えるのが目的ですので「夫が亡くなった」という事を必ず書いて下さい。

いつ亡くなったのか、何歳で亡くなったかも添えて書くと親切な文面になります。

  • ◯月に夫◯◯が◯◯歳にて永眠いたしました
  • 夫◯◯が◯◯歳にて永眠いたしました
  • ◯月に夫◯◯(享年◯◯)が永眠いたしました

などという文章を用いると良いでしょう。

それではさっそくおすすめの文例を喪中はがきを書く上でのポイントと一緒にご紹介します。

スポンサーリンク

旦那さんが亡くなった場合喪中はがきの文例

喪中はがきを書く上でのポイント5つです。

  1. 新年の挨拶を欠礼する旨を記載する
  2. 誰がいつ亡くなったのかを記載する
  3. お世話になったお礼
  4. 先方の健康などへの願い
  5. 句読点を入れない

特に5番目の句読点をいれないことは大切なポイントです。

昔漢文が日本に伝わったころ読みやすくするために使われた返り点(レ点、一二点、上中下点など)と句読点は同じ意味を持つため、特に目上のかたに対して使うのは失礼とされているからと言われています。

結婚式の招待状にも句読点がないのは同じ理由です。

句読点は本来文章を読みやすくリズムをつける意味あるため現在では句読点をつけた招待状や喪中はがきを出す人もいますが、もの知らずだな、教養がないなと思われる可能性が高いため自分で作成する場合は日頃の癖で句読点を入れないように注意してくださいね。

それではさっそく旦那さんが亡くなった場合の喪中はがきの文例を紹介します。

喪中につき年頭のご挨拶を謹んでご遠慮申し上げます
本年◯月に夫◯◯(名前のみ)が◯歳にて永眠いたしました

ここに本年中に賜りましたご厚情に深謝いたしますとともに皆様方が健やかなる新年をお迎えになりますよう心よりお祈り申し上げます

喪中はがきには個別に一言添えるのはNGとされていますので特に伝えたいことがないのであればこの文章で問題ありません。

ここまでは、問題なく作成できそうですが意外と悩むのが夫の名前をどう記載すればいいのかいう点です。

喪中ハガキの文面に夫の苗字は入れるもの?

まず、夫というととても近い身内の場合フルネームは避けることが一般的です。
フルネームで記載すると他人行儀に見えてしまいますので基本的には名前のみ記載します。

今回は夫が亡くなった場合でご紹介していますが、例えばすでに夫は死別していて今回喪中はがきを出す故人が義理の父母の場合、岳父や丈母と記載します。

あまりなじみのない言葉ですよね。

実父母の場合、苗字が異なってしまいますので苗字と名前で記載するのが一般的です。

苗字で書けばいいのかそれとも名前だけで出すべきなのか迷ったときは差出人と故人の苗字が異なる場合はフルネームで記載すると覚えておくとわかりやすいですよ。

喪中はがきの書き方注意点

初めての喪中ハガキを作成する場合、喪中はがきならではのマナーがあるのでなかなか大変だと思います。

特にご主人が亡くなった場合であればやらないといけないこともたくさんありますよね。

お子さんがいてすでに成人ている場合であればある程度頼ることもできるけれど、まだ小さい場合は家事や育児もありながらと目が回る忙しさだと思います。

今回ご紹介したぜひおすすめの文例とポイントを活用して頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする