お歳暮は喪中の方へ送ってもいいの?知らないとマズいマナーやポイントまとめ

お歳暮は今年1年感謝を込めて相手に送る風物詩。

毎年お歳暮を贈っている方へ今年も同じように贈りたいと思っても相手の方が喪中の場合、贈ってもいいのか悩まれたことはありませんか?

喪中だから贈らないほうがいいのかな?と思ったり、それともかえって贈らない方が失礼になるのではないかと思ったり…

とても悩みますよね。

ズバリ正解は、贈る相手が喪中でも全く問題ありません。

お歳暮とは何かの慶事でもお祝い事でもなく「季節のご挨拶」ですので、喪中は関係ないんですよ。

そうとはいえ、例年通りの方法で贈ってよいのか?何か気をつけることはあるの?と疑問が沸いてきますね。

今日は喪中の方へお歳暮を贈る場合の注意点と、知っておきたいマナーやポイントをお伝えします。

スポンサーリンク

お歳暮を喪中の方へ贈る場合の注意点

お歳暮は季節のご挨拶なので喪中でも関係ありませんが、一点だけ気をつけることがあります。
それは、相手の方が49日(忌明け)が済んでいるのか?という点です。

お歳暮は「感謝の意味」を表していることもあり、どちらかというと晴れやかな気持ちの表れになるため49日が済んでいない場合には、忌明け後に贈るようにする必要があります。

その場合、年が明けて松の内(1月7日まで)を過ぎてから立春頃(2月4日)までに「寒中御伺」として贈るのがマナーです。

期間のほかにも包装紙や水引、のしなども普段どおりでいいのか気になりますよね。

そこで喪中のかたへお歳暮を贈る場合知っておくべきマナーについてまとめます。

スポンサーリンク

喪中の方に贈る場合、知っておきたいマナーとポイントは?

お歳暮には通常、のしと紅白の水引をあしらいます。

ですが、喪中のかたへお歳暮を贈る場合包装の仕方が異なります

通常のお歳暮であればのしに紅白の水引で包装しますが、喪中のかたへ贈る場合は白無地の包装紙かのし無しの短冊に「お歳暮」と書いて贈ります

基本的にまだ気持ちも沈んでいる49日にお歳暮を贈るのはさけるべきとされていますが、どうしても忌明け前に送りたい場合は無地の短冊に奉書紙を使って簡単に包みカードなどで慰めの言葉を添えるようにするのがベターです。

大体のかたはお歳暮を百貨店などお店で注文して配送してもらうと思うので喪中の方がリストのなかにいることを注文する際にお店の方に必ず伝えるようにして下さいね。

忌引きが過ぎていたとしても喪中のかたへお歳暮を贈るのであれば一言メッセージを添えるだけでとても喜ばれますよ。

喪中はいつからいつまで?

相手が喪中なのかどうかわからない場合、一般的に「喪中」とされる期間についてまとめます。

喪中は亡くなられた方との関係や続柄によって期間が異なります。
基本的に親族であれば一周忌を基準にすると覚えておいて間違いではありません。

喪中の期間とされているのは

  • 父・母が亡くなられた場合 → 13ヶ月まで
  • 義父母、祖父母(父方)・夫の父母が亡くなられた場合 → 150日
  • 妻・子供・兄弟姉・祖父母(母方)・伯叔父母が亡くなられた場合 →90日

は喪中とされています。

ただこの喪中の期間はあくまでも目安です。

基本的には遺族の意向で一周忌になっていなくとも祝い事に参加することもあれば、過ぎていても祝い事を自粛することも多々ありますのでお歳暮の場合であれば1年を目安にお歳暮に配慮をしたらいいですよ。

喪中かどうかわからない場合どうする?

確実に「喪中」とわかっていればいいですが、風のうわさで聞いたけれど相手が喪中なのかわからない場合本当に困りますよね。

親しい間柄であれば喪中かどうかわかるけれど仕事関係の場合、確認しようにもできないし困ってしまいますよね。

基本的に喪中はがきは11月中旬に送り、お歳暮は12月13日~年末にかけて贈るものですがお歳暮の準備は11月から始まります。

まさか「喪中ですか?」なんて聞けないですよね。

相手が喪中かどうかわからない場合は通常通り贈ってしまって構いません。

喪中は「めでたい」ものは遠慮するものです。「感謝」を表すお歳暮は関係ありません。

…といっても気になりますよね。

配送手配をしたあとに相手が喪中と分かった場合、お店に直接連絡をしてみると大体直前でなければ変更してくださいます。

メールよりも電話のほうが確実なので時間があるときに手配したお店に連絡をしてくださいね。

喪中のかたへお歳暮を贈るなら一言添える

喪中のかたへお歳暮を贈るのは問題ないけれど、水引を使わず簡単な包装に「お歳暮」と記載してもらいもらいましょう。

ギフトカードや挨拶状で一言添えるとなお素敵なお歳暮になりますよ。

お歳暮は今年の付き合いに感謝し贈り物を送る素晴らしい日本の文化です。

最近は、お中元やお歳暮を贈り合う文化が希薄になっている中、こうやってお歳暮を毎年贈っているというのはとても素晴らしいですし大切にしたい日本の大事な慣習ですね。

毎年贈っているから…なんていうただの形式ではなく、気持ちのこもった贈り物をして、人とのつながりを大切にしたいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする