喪中にもらったお歳暮のお返しは必要?のしや表書きには何と書く?

例年お世話になった方へ贈っているお歳暮。

今年は喪中だけど贈っていいのか自粛した方が良いのか悩まれる方も多いと思います。

本来喪中の期間中に遠慮・自粛すべきは「お祝い事」ですので、日頃お世話になった方へ感謝の気持ちを伝えるお歳暮は贈っても差し支えはありません。

いつもと同じように贈ってください。

逆に気になるのはお歳暮を頂いた場合です。

喪中にお歳暮をもらった場合や故人にお歳暮が届いた場合、お返しをする時ののしや表書きの書き方をお伝えします。

スポンサーリンク

喪中にもらったお歳暮のお返しは必要?

まず、喪中に関わらずお歳暮は本来お返しをする必要がありません。

お歳暮をいただいたらお礼状を書いて済ませることが一般的です。

ただ、そうはいってもお礼状だけで済ませるのは何だか気が引けてしまいますよね。

基本的にはお礼状だけで十分なのですが、お返しに品を送る場合時期によって送りかたが異なります。

お歳暮の期間内に送る場合と間に合わない場合とそれぞれご紹介していきます。

お歳暮の期間はいつからいつまで?

お歳暮は12月13日~12月20日までに贈るべきとされています。

地域によってことなり関東と関東でも少し異なります。

  • 関東の場合12月初旬~12月31日まで
  • 関西の場合12月13日~12月31日まで

と言われています。

百貨店などでは11月ごろからお歳暮シーズンが始まり早割などがありますが、基本的にお歳暮は12月31日までに届けば問題ありません。

お歳暮の期間内にお歳暮のお礼の品を送る場合

お歳暮の期間内に「御歳暮」としてお返しをするのであれば頂いた品物と同等額程度のものを贈ります。

高額なものを贈ると、「今後、お歳暮は送らないで下さい」という意味合いになってしまいますので注意してくださいね。

お歳暮の期間に間に合わない場合

配送の関係で12月31日までに間に合わない場合、年明けの1月7日の松の内までに「御年賀」という形で贈りましょう。

お歳暮の期間に間に合わずお礼が遅れてしまう場合、メールで取り急ぎお礼を送っておくと丁寧です。

お歳暮のお礼をメールで送るなら押さえておくべきマナー 件名と文例はどうする?
お歳暮を頂いたらお礼をすぐにするのがマナーです。 ですが、お礼を伝えるならばはやっぱりお礼状がいいとは思っても、平日のお休みが...

スポンサーリンク

喪中にお歳暮を贈る場合のしや表書きは何と書く?

喪中にお歳暮を贈るのに問題はありませんが、熨斗が異なるので注意が必要です。

お歳暮は通常、紅白の蝶結びの水引きが入ったのし紙をつけて贈ります。

喪中の場合、縁起のいい紅白がふさわしくないため水引きのついたのし紙は使用せず、白無地の奉書紙、または白い短冊に「御歳暮」と表書きをして贈ります。

百貨店などでお歳暮を注文するのであれば必ず喪中である事を伝えるようにしてください。
そうすると白無地の奉書紙か白い短冊に「御歳暮」とかかれた包装にしてくださいますよ。

故人にお歳暮が届いた場合どうすべき?

喪中にお歳暮が届いた場合のお礼の仕方をご紹介してきましたが、故人あてにお歳暮が届いた場合どうすればいいのか迷いますよね。

先方がこちらの身内の不幸を知ら、故人宛にお歳暮が届いてしまった場合、亡くなったことを手紙などで相手に知らせてください。

また、故人と親しくしていた方のため今回はお歳暮を受け取ったけれども今後は受け取りを辞退したい場合には、のし紙を「御歳暮」や「御年賀」を用いるのではなく「御礼」や「感謝」などの表書きにして品物と一緒に「今後はお気遣いなく」といったお手紙を添えるとよいでしょう。

お歳暮を辞退する方法についてはこちらにまとめてあります。

親戚同士のお歳暮 お中元をやめたいなら伝えるタイミングや角が立たない辞退の際の文例 紹介します
人とのお付き合いで今年お世話になった方に感謝の気持ちを表すお歳暮やお中元。 ですが付き合いが疎遠になっても漫然と贈って...

喪中にお歳暮を贈る方法やお礼の方法 まとめ

いろいろとご紹介しましたが、いったん記事をまとめます。

  • 喪中でもお歳暮は送っても問題ない
  • ただし熨斗書きや表書きが異なるの注意
  • 喪中にいただいたお歳暮も基本的にはいつも通りお礼を送る
  • 故人にお歳暮が届いた場合は先方にお礼と一緒に亡くなったことを伝える
  • お歳暮を辞退するとき熨斗や表書きは「感謝」「御礼」に変更

となります。

のしの書き方一つで意味合いが変わったり、状況によって全く違う表書きとなったりするのは言葉を柔らかく伝える日本人特有の奥ゆかしさですね。

お歳暮のお返しを贈るにしても贈らないにしても、大切なのは相手への気遣いです。

相手への感謝の気持ちを伝えるためには、マナーをしっかりとおさえ、かえって失礼になってしまわないようにしたいものですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする