お歳暮のお礼をメールで送るなら押さえておくべきマナー 件名と文例はどうする?

お歳暮を頂いたらお礼をすぐにするのがマナーです。

ですが、お礼を伝えるならばはやっぱりお礼状がいいとは思っても、平日のお休みが無くてすぐにはお礼状を準備できそうにない時もありますよね。

「早く感謝の気持ちを伝えなきゃ失礼になるし…」と思っていてもなかなかできない場合、とりあえずメールでお礼を伝えることができたらと思いませんか?

とはいえ、メールでお礼を伝えるのって非常識だと思われないか、またどうやって送ればいいのか悩みどころだと思います。

そこで今回はお歳暮のお礼をメールで送っても失礼にならない送りかたを詳しくまとめます。

スポンサーリンク

お歳暮のお礼ってメールでもいいの?

お歳暮のお礼をメールで伝えることはマナー違反にはなりません。

感謝の気持ちを伝えるのに一番大切なことは、いかに早くその気持ちを相手に伝えるかです。

メールでのお礼は受け取った事を知らせる意味でも早く相手に知らせることができますのでメールでお礼を伝えるのは得策なんですよ。

とはいえ、メールは郵便より迅速であるという観点から「取り急ぎお礼を申し上げます」というとりあえずのものになります。

あくまでもハガキなどでお礼状を送ることを基本にし、相手に受け取った旨とお礼を取り急ぎお伝えする手段としてメールを利用するようにしましょう。

では、メールでお礼を伝える場合どのような文面にしたら良いのでしょうか?

個人宛とビジネス宛に分けてご紹介いたします。

スポンサーリンク

お歳暮のお礼をメールで送るなら件名と文例まとめ

メールでお礼を送る場合、きちんと件名にお礼のメールであることをわかるように記載しましょう。

失礼のないように返信するにもポイントがあるのですが、お歳暮は個人で送る場合とビジネス用とマナーが少し異なります。

そこで個人宛のお歳暮への返信とビジネス用とわけて例文と一緒にご紹介していきます。

個人宛のお歳暮のお礼をメールで返信する場合文例とポイント

まずは個人宛の文例から紹介します。

メールの件名には「お歳暮のお品 ありがとうございます」と記載するとメールを開かずに内容がわかるので親切ですよ。

件名

お歳暮のお品 ありがとうございます

本文

寒さが厳しくなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?

この度はお歳暮のお品を送って頂き、ありがとうございました。

いつもお心遣いいただくばかりで申し訳なく思っています。
頂戴した◯◯は、家族揃って早速頂きましたが本当においしくてみんな喜んでいました。

まだまだ寒くなりますので、◯◯さんもくれぐれもお身体に気をつけて良いお年を迎えて下さい。

取り急ぎ、メールにてお礼申し上げます。

せっかく贈ってくださった物なので「受け取った側がどう感じてくれたのか?」と相手が最も気にしている事を伝えるようにしましょう。

まだ食べていない場合は「今晩、早速頂きます」や「いついつに(お正月など)家族揃って楽しみに頂きます」などを添えると喜んでもらえますよ。

最後の〆には「まだまだ寒くなりますので、◯◯さんもくれぐれもお身体に気をつけて良いお年を迎えて下さい」と相手の健康を願う文面を入れることを忘れずに。

メールでのお礼は取り急ぎの文面となります。
時間があるときにお礼状をしたためるとより丁寧になります。

個人宛のお歳暮のお礼をメールで返信する場合文例とポイント

個人宛のお歳暮よりも気になるのがビジネスでの文例ですよね。
基本的な構成は個人宛の場合とあまりかわりません。

文例をご紹介します。

件名

お心づくしのお品、ありがとうございました

本文

会社名◯◯ ◯◯様

師走の候、貴社におかれましてはますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。

さて、この度は丁寧なお歳暮の品を頂きまして、大変恐縮でございます。
心よりお礼申し上げます。

寒さが更に厳しくなる頃ですが、お身体にお気をつけ下さいませ。

貴社のますますのご健勝とご活躍を心からお祈りいたし、お礼の挨拶とさせて頂きます。

文章はビジネス用になりますがそこまで構成に変わりがないのがわかりますね。
こちらもお礼状をしたためるとより丁寧な印象になります。

お歳暮のお礼をメールで返信するポイントまとめ

どちらもお歳暮のお礼をメールで返信する上での流れは

  1. 時候の挨拶を入れる
  2. 相手の体調を伺う言葉を入れる
  3. お歳暮に対するお礼の言葉
  4. これからの付き合いをお願いする言葉
  5. 相手の健康を気遣う言葉

となります。

上から順にコピペの文章だけでなく相手だけに向けてきちんと作ることで丁寧な印象を与えることができますよ。

そして何よりも大切なポイントは、お礼状はなるべく早く返すということです。
贈った相手に余計な心配をさせないように、早めに連絡を入れましょう。

お礼の連絡をうまく活用して、人間関係を円滑に築けるとよいですね。

参考になればうれしいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする