親戚同士のお歳暮 お中元をやめたいなら伝えるタイミングや角が立たない辞退の際の文例 紹介します

人とのお付き合いで今年お世話になった方に感謝の気持ちを表すお歳暮やお中元。

ですが付き合いが疎遠になっても漫然と贈っているなんてことはありませんか?

毎年何を送ったら良いか迷ったり、金銭的にも辛くなったりともしも惰性でお歳暮、お中元を贈り続けているとしたら、意味のないものとなってしまいます。

とはいえ、辞め時ってなかなか難しいし自分から伝えるのもなかなか気が引けますよね。

親戚同士のお歳暮やお中元の辞めどきと伝えるタイミング、辞退の際の文例を紹介します。

スポンサーリンク

親戚同士のお歳暮、お中元の辞めどきは?

お中元・お歳暮の辞めどきは形式的な仲人さんなら3年が目安と言われていますが、親戚同士の場合思い立った時が辞めどきです。

3年というのは常識の範囲内ですので3年贈ったらスパッと辞めても角は立ちません。

ただ、親戚となると今後も続く大切な間柄の場合3年経ったからスパッと辞める訳にはいきません。

もしも気軽に相談出来る間柄なら率直に話し合って辞めるのも良い方法です。

贈り物を辞めるタイミングには

  1. 家族の病気やケガ、介護や退職などで金銭面・精神面の余裕がなくなったとき
  2. 「義理で送っているだけだな」と気づいたとき
  3. 親しくしていた家族が亡くなり直接の関係がなくなったとき
  4. 先方から「今後は気軽にお付き合いしましょう」など辞退の申し入れがあったとき

などがあげられます。

親しい間柄であれば直接やりとりをすることもできますが、婚家筋の親戚など近くない場合、なかなか相談するのも難しいこともありますよね。

そんなとき、どうやって角が立たないように辞退を伝えればいいのか具体的にお伝えしていきます。

お中元・お歳暮を辞退するときに角を立たずに伝える3つの方法

お中元やお歳暮を辞めるのであれば綺麗にやめる方法は3つあります。

最後の1回送る方法、季節の挨拶状を送る方法、ソフトランディングでやめる方法の3つです。

それぞれ詳しく紹介していきます。

最後の1回送る方法

贈り物をすぐに辞めるのではなく、最後の一回は通常通りに贈り、その際今までお世話になったお礼と感謝の気持ち、今後は気楽にお付き合いをしたいことなどを書いた礼状を添える方法。

この場合「お中元」や「お歳暮」と熨斗をつけるのではなく「感謝」「お礼」とすることでスムーズに終えることができます。

季節の挨拶状を送る方法

贈るのをやめて、その代わり季節の挨拶状を送り「今後は気楽にお付き合いをしましょう。」という思いを伝える方法

ソフトランディングで徐々に辞める方法

まず、お中元は通常通り贈り、その次の年のお歳暮は贈るが軽い金額にする。その翌年のお中元は贈らず季節の挨拶のハガキをおくり翌年のお歳暮贈らない最後にする方法

どれが正解というものはありません。

一般的には徐々に辞めていき季節の挨拶状を送る方がほとんどですが、自分がやりやすい方法を選んでみてください。

スポンサーリンク

お中元・お歳暮を辞退するときに送る文例

お中元やお歳暮を辞退するのであれば突然辞めるのではなく、季節の挨拶状を送って辞退を申し上げるのがマナーです。

お中元の場合は暑中見舞いで、お歳暮の場合は寒中見舞いでご挨拶してください。

辞退するときの文例の構成は、

  1. 季節のあいさつ
  2. 日頃お世話になっているお礼
  3. 贈答のやり取りをやめさせていただく失礼をお詫びする
  4. 相手を気遣う言葉を入れる

流れで書いていきます。

文例を載せますので参考にしてくださいね。

拝啓 盛夏の候 ◯◯様はじめご家族皆様におかれましてはお変わりなく、ご健勝のことと存じます。(時候の挨拶)

さてこの度は結構なお品をお贈り頂き誠にありがとうございました。いつもながらのお心遣い、ありがたく厚く御礼申し上げます。(日頃お世話になっていることの御礼)

日頃どれほどのお役に立っているものか顧みますと恐縮するばかりです。どうぞ今後はこのようなお品をお贈り下さることのないよう、お気遣いは辞退したくここに深くお願いする次第でございます。(贈答のやり取りをやめさせていただく失礼をお詫びする)

これからまだ暑い日が続きますので皆様くれぐれもご自愛ください。(相手を気遣う言葉を入れる)

これだけでも十分ですが、さらにやめる事情を書いておくとより誠実な印象を与えることができますよ。

例えば、

さて例年ですと当方からの季節のご挨拶を贈らせていただく頃ですが、今般私自身仕事の第一線から退き年金生活に入りました。ご多分にもれず生活の縮小を心がけ、皆様とこれまでのようなお付き合いを難しい日々を過ごしています。そのため今後は儀礼を欠くことをここにお詫びする次第です。

これまでのご厚情に感謝しつつ◯◯様の今後の一層のご活躍を陰ながらお祈り申し上げます。

といった文章を3の部分に付け加えるとより丁寧に気持ちを伝えることができます。

このように相手の方の気分を害しないように丁重にお詫びをし、今までの相手の気持ちに感謝をしつつ、これからのお付き合いをどうするか見直してみるのも1つです。

贈り物は相手にお礼を送るもの

お中元やお歳暮とはお盆やお正月に先祖の御霊を迎える行事の際、本家へ供物を持参したことから始まったといわれています。

後払いが基本だった江戸時代にお盆と暮れに一括で支払いをした際に、「今年も1年ありがとう、今年もよろしく!」と意味を込めて贈り物をしたのが庶民の間でも贈り物をするようになった理由だそうです。

お中元やお歳暮は無理に送るものではなく、日頃の感謝の気持ちを込めて相手のことを思いながら贈るもの。

もともと時期をみたらすっきりと縮小させていいものです。

お財布の都合や終活の一環として友人関係や親戚関係の整理をするのも大掃除の1つなのではないでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする