ハロウィンはかぼちゃをなぜランタンにするの?ジャコランタンの由来と一緒に解説します!

コスプレなど仮装して年々盛り上がりを見せるハロウィンですがハロウィンと言えばやっぱりかぼちゃのランタンですよね!

このランタンはジャック・オー・ランタン、ジャック・オ・ランタン、ジャッコランタン・ジャコランタンと様々な呼ばれかたをします。

でもなぜランタンにかぼちゃを使うのか気になりませんか?

なぜこの名前がついたと一緒に、ジャコランタンについてまとめました!

スポンサーリンク

ハロウィンはかぼちゃをなぜ使う?

ハロウィンはヨーロッパのケルト人が秋の豊作を願うお祭りとして始まりました。

その頃ケルト人のあいだでは11月1日から新年か始まるとされていたのでハロウィンである10月31日は日本でいう大晦日のようなものです。

大晦日でお祭り…なんだか盛大なお祭りになりそうですよね。

10月31日はあの世とこの世の境が無くなると言われていて、町中にご先祖様から悪霊まで様々な霊がうろつくことから悪霊にいたずらをされないように魔除けの焚火をしたり、仮面をつけていました。

本来はカブを怖い顔にくり抜いたものを飾り悪霊を追い払うために飾っていたのですが、ケルト人がヨーロッパからアメリカに移住した時にカブではなくよく採れるかぼちゃが使われるようになりました。

ちなみにスコットランドでは今もカブが使われているんですよ!

日本にはアメリカから伝わってきたのでかぼちゃが使われています。

ハロウィンカラーといえば、オレンジと黒。

オレンジは「収穫」を意味し、黒は「死」を意味しています。

スポンサーリンク

ジャコランタンの由来って?

ランタンにこの名前がついたのは、ある伝説が関係していました。

昔、ジャックという酒好きでろくでなしの男がいました。

あるハロウィンの夜、ジャックは魂を取りに来た悪魔に出会ってしまいますがジャックは悪魔を騙し10年間は魂を取らないように約束させました。

そして10年後ジャックはまた悪魔に出会ってしまいますがジャックはまた悪魔を騙し永遠にジャックの魂を取らないことを約束させました。

ジャックは寿命がきてこの世を去りましたが悪いことばかりをしていたので天国に行くことはできません。

仕方なくジャックは地獄にむかうとそこにはあの約束をした悪魔がいました。

悪魔はジャックの魂を取らないと約束しているためジャックは地獄に行くこともできません。
天国にも地獄にも行けなかったジャックは悪魔からあるものを渡されます。

それは落ちていたカブをくり抜き、中に灯をともしたものでした。

ジャックはこのカブを持ちどこにも行くこともできず永久にさまよい歩くことになったのでした。

この伝説からランタンを持つジャックさん=Jack-O’-Lantern(Jack of Lantern)すなわちジャックオーランタン、ジャコランタンの由来となりました。

なんだかちょっと怖い伝説でしたね…。

ケルト人のお祭りハロウィンは実は怖いお話

ケルト人にとってのハロウィンとは、収穫祭+大晦日+お盆の意味があったといわれています。

日本のお盆はご先祖様が来てくれるほのぼのしたものですが、ケルト人の場合ご先祖様と一緒に悪魔やお化けも来てしまうため仮装して身を守ったそうです。

ハロウィンって楽しいパーティー!というイメージしかありませんでしたが、実はそもそもの由来はそんな楽しいものでは無かったのですね…。

しかし魔除けには笑顔が一番!とも思いますので、今年もハロウィンを存分に楽しみたいと思います。

ジャックオーランタンの由来を踏まえつつかぼちゃに装飾してみてくださいね!

折り紙でも簡単につくれますよ~

ジャックオーランタンを紙をつかって幼児でも作れる方法ベスト5を感想と一緒に紹介します!
ハロウィンと言えばオレンジ色のかぼちゃに顔が可愛いジャックオーランタンですよね。 でもジャックオーランタンを買うのもお金がかか...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする