敬老の日のプレゼントに手形アートはいかが?園児と作るおすすめデザイン紹介します♪

敬老の日になるといつも可愛がってくれる祖父母へ何を送ろうか迷いませんか?

自分の祖父母の場合は買い物に行ったり食事に行ったりと工夫できても小さな子供から祖父母へ送る場合毎年頭を抱えている主婦の私です。

今年の敬老の日の贈り物は最近SNSで見掛ける手形アートが良いかなと思っています。

母の日、父の日にも喜ばれる手形アートは孫の成長記録にもなるので敬老の日にもピッタリですよ^^

今回は自宅で園児とともにできる手形アートの作り方と一緒におすすめデザインを写真付きで紹介しますね!

スポンサーリンク

敬老の日のプレゼント手形アートの作り方は?

それでは早速作っていきましょう!

必要なものや準備、作り方を項目ごとに紹介していきます。

手形アートを作るのに必要なもの

まず手形アートを作るのに必要なものをご紹介します。

画用紙、絵の具、絵の具の筆、ブルーシートなどの敷物、タオル(ウェットティッシュでも○)、飾り用のシール、色鉛筆やペン

以上です。

全て100円均一で手に入るので全て買い揃えても1000円もしません!
主婦にはとってもありがたいですよね。

手形アートを作る前にやっておくこと

では、次に準備です!

手形アートをする際には、自分もお子さまも汚れても良い服に着替えましょう。

床にも絵の具が飛び散る可能性があるのでブルーシートや新聞紙を敷いておいてくださいね。

手形アートの作り方

では手形アート作りに入ります!

お子さまの手に筆で好きな色の絵の具を手のひら全体に塗り、乾く前に画用紙にペタっと手形を付けます。

子供の手は小さいため1つでは寂しいので色を変えたりして何個かペタペタやると華やかになっていいですよ!

手形を付け終わったら家具や服を汚す前に素早く子供と自分の手をキレイにして絵の具と筆を先に片付けてしまいましょう。

後ででいっか〜と置いておいたのですが、目を話した好きに床にまでペタペタやられてしまいました…。

手形が乾いたら、今度は飾り付けをしていきます。

手形そのままを可愛く飾るのも良し、手形を何かに見立ててアートにするのも良しです。

意外に簡単ですよね!

手形アートは手の形を生かしたデザインを作って送るのが流行っています。
テレビの「いないいないばあ」でも手形を生かして動物にデザインしたりしていますよね。

では今度はプレゼントにオススメの手形アートのデザインを5つご紹介しちゃいます!

スポンサーリンク

敬老の日のプレゼント手形アートおすすめデザインベスト5

それでは早速敬老の日にふさわしいおすすめの手形アートをランキング形式でご紹介していきます。

必ず気に入ったものが見つかりますよ!

第5位 四つ葉のクローバー

おすすめデザイン第5位は四つ葉のクローバーです!
手形を4つクローバー型につけて作ります。
縁起の良い四つ葉のクローバーは敬老の日の贈り物にぴったりですよ。

色も緑色と限定する必要もなくカラフルな四つ葉のクローバーも可愛く仕上がります。

ただ、大人しく決まった場所に4回手形を付けてくれる子でないとできなません。

あまり小さなお子さまやイヤイヤ期の子には難しいかもしれないです。

素朴で可愛い仕上がりなので、聞き分けがよくやれる子にはオススメです!

第4位 木

おすすめデザイン第4位は木です!
写真のように幹を書いておいて手形を葉っぱに見立てて作ります。

木が伸びていく姿にこれから成長していく子供と祖父母から繋がってきた命を重ねます。
また、成長した大木と長寿はなんだか似ているので敬老の日にもピッタリ!

ただ、すこしデザインが難しいです。
子供の手形だとかなり小さめの木になるのでデコレーションをしっかりしてあげてくださいね。

花束

おすすめデザイン第3位は花束です!
手形から花束を渡すイメージで作ります。

手形で花を作るのではなく手形の上に花束を書き花束を渡しているイメージです。

分かりやすくてとっても華やかなのですが花束を書くのがなかなか大変なのでセンスと時間が必要です。
お花の部分をちぎり絵や折り紙で作ったり、ドライフラワーや押し花を貼り付けても素敵な作品になりますよ。

ゾウ

おすすめデザイン第2位は象です!
手形を上下反対にして親指を鼻に見立ててデザインします。

青色で手形を付けるとより象っぽく仕上がります。

象という分かりやすい動物であることがお年寄りに分かりやすく、子供も喜ぶのてオススメです!

お花


おすすめデザイン第1位はお花です!
手形が花になっています。

これはとってもシンプルで手形を花に見立てて手形の下に花の茎やリボンを書きます。
手形が分かりやすいのも、おじいちゃんおばちゃんには分かりやすくてオススメですよ!

子供が喜びすぎてペタペタいろんなところに手形をしてしまってもお花ならいくらでもカバーできるのも小さいお子さんとやるならではのおすすめポイントです。

足形もいれてこんなお花を作ってもかわいいですね。

手形アートは子供も大人も楽しめる素敵な贈り物

親としてはこれを作りたい!と思っていても子どもは思うようには動いてくれません。

想像と違う仕上がりになってしまうかもしれませんがあまりこれ!と決めずにお子さまが楽しんで手形を付けるとスムーズです。
あとで親が可愛くデコレーションするというのが理想かなと思います。

可愛くデコレーションをしようにも絵心ないし難しいしそもそも時間もそんなにない…
そんな忙しいママにはキットがおすすめです。

このキーホルダーは手形や足形を送るだけで可愛くデザインして実寸大のキーホルダーにしてくれます。
ペタッと専用の用紙に手形や足形をつけて絵柄を選んで送るだけでこんなに可愛いキーホルダーにしてくれるなんて素敵ですよね。

ただ飾るだけでなく持ち運びもできるので邪魔にもなりませんよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする