七五三なぜ女の子は2回お祝いするの?詳しく解説していきます

七五三は子供の成長を祝う行事ですが女の子をお持ちのお母さんならなんで女の子は2回もお祝いをやるのか気になったことはありませんか?

お参りだけならまだしも写真を残そうとスタジオに行けば安くない金額が飛んでいき、正直家計にも大打撃ですよね。

男の子5歳の一回のみなのに、どうして女の子は二回するようになったのでしょうか?

由来と一緒にお伝えします。

スポンサーリンク

七五三は3歳と7歳2回やる必要はある?

七五三を本格的にお祝いしようと思うと神社に収める初穂料や写真代、お祝いのための食事代とかなり家計にも響く行事です。

女の子の場合3歳と7歳、2回お祝いするイメージがありますが、必ず2回しなければならないものでもありません。

以前は3歳の七五三に場合、お宮参りに着せた初着を紐解き肩上げ腰上げをして3歳に着せてあげることもありましたが、そもそもお宮参りに初着を着せることも少なくなってきました。

私も先日お宮参りをすませましたが、暑いし管理も大変だしと違う服を着せて済ませましたし同時に参拝にいらしていたご家庭にもきちんと産着を着せている家庭は1つもありませんでした。

7歳のお祝いのときは子供も洋服の好みがはっきりしていたり、お友達と七五三の話をすることもあるでしょうからきちんとお祝いしてあげてもいいと思いますが、3歳であれば無理に七五三を行う必要もありません。

気になるのであればよそ行きのワンピースなどきちんとした格好をさせて神社にお参りし千歳飴をもらうだけにする家庭も多いですよ。

スポンサーリンク

そもそもどうして女の子は2回七五三のお祝いをするようになったの?

頭を悩ませる七五三ですが、そもそもどうして男の子は5歳、女の子は3歳と7歳となったのでしょうか。

実は本来の七五三の風習で言えば男児は3歳と5歳、女児は3歳と7歳にお祝いをするものでした。

  • 3歳に髪を伸ばし始める「髪置き」
  • 5歳に初めて袴を着る「袴着」
  • 7歳に大人と同じ帯を締める「帯解き」

と、死亡率が高かった子供が健やかに成長している証しとして祝うのが武家社会で行われていたものが七五三の始まりと言われています。

ちなみに今のように七五三をお祝いするようになったのは、江戸時代の呉服屋さんが商売繁盛のため宣伝に利用したのは始まりという説もあります。

江戸時代から庶民の間に広まっていった七五三ですが明治〜戦後になると男児は幼年・少年にかかわらず坊主頭が普通だったため3歳に髪を伸ばし始める「髪置き」ができなくなり男児の3歳の七五三は廃れていったと言われていますが、はっきりとした理由はわかりません。

7歳に大人と同じ帯を締める「帯解き」は三つ身の着物&付け帯(付け紐)から四つ身の着物&普通の帯へかえることから幼女から少女になったお祝いとして室町時代からの行事に由来しています。

男児の場合は5歳の袴着が幼年から少年になる儀式と言われていますので、多くの過程では3歳は家庭でこじんまりとお祝いし男児の場合は5歳、女児の場合は7歳に盛大にお祝いするようになっていったと言われています。

ちなみに地域によっては男の子も女の子も三回お祝いする地域や、3歳と5歳の間をとって4歳でお祝いをする地域もあったりと地域や家庭によって七五三のお祝いは多種多様になっています。

七五三を3回行う地域では熊本が有名です。

七五三のお祝いは地域や家庭によって異なっている

七五三のお祝いの回数は、その地域ごとの風習によって大きく違います。

七五三が女の子だけ2回あるのは、男の子のお祝いを一回しかしない地域が多いためとも言われています。

また、女の子が3歳、男の子が5歳なのは身体的な成長が女の子の方が一般的に早いからとか、3歳と5歳では近すぎるからという理由からとも言われていて確かな理由はありません。

実際には、男児でも関東地方などの東日本では5歳だけお祝いしますが、西日本では3歳と5歳でお祝いしたりと地域の風習、考え方によって違うのですが、どれが正解というものはありません。

女の子の七五三の場合一般的には3歳と7歳の両方お祝いをする家庭が多いですが、特に必ず行わなければならないというルールもありません。

地域の風習を優先するのも良いことですが、家庭の事情に合わせて1番いい形で七五三を行なうことこそが親御さんやお子さんにとっても良い結果になるはずです。

七五三のお祝いをどうしても行いたいけれど金銭的に難しい場合、写真館によってはご兄弟の撮影が無料だったり早割を利用するとお得に写真が撮れたりとさまざまな方法があります。

スタジオアリスで七五三料金相場と節約する7つの裏ワザ教えます
子供の成長をお祝いする七五三。 お参りだけでなく写真を撮りに行くかたも多いのではないでしょうか。 一生に何度も出来な...

大切なのは回数ではなく、我が子の成長を家族みんなでお祝いする気持ちです。

ぜひご家族のみなさんで最高の思い出を作ってくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする