七五三は3歳7歳の男の子の場合どうしたらいい? 由来と一緒に解説するよ

七五三というと男の子は5歳が一般的です。

実は私、女の子は3歳と7歳、男の子は5歳と思っていたのですが、ある日ママ友と話をしてビックリしたことあります。

男の子をお持ちのそのママ友は「うちの子今年三歳になるんだけどどの写真館で撮った?」というではありませんか!

その時うちの子はすでに4歳でした。

男の子は5歳だけと思っていたのでその事を伝えると「えぇ!うちの地域では男の子は3歳と5歳でするのが普通だから、逆に5歳だけという方がびっくりした」と驚かれてしまいました。

そうなんです。
実は七五三の一般常識は地域によって大きく違いがあり、正式な男の子の七五三は3歳と5歳ですが今では5歳のみという考え方が主流になってきているそうです。

中には男の子の場合でも3歳、5歳、7歳の全て行う方もおられますが、そもそも七五三って何のために行うものなのか気になりませんか?

今日は七五三の由来と意味とともに、こんな時どういたらいいの?という疑問にもお答えします。

スポンサーリンク

男の子の場合3歳と7歳の七五三はどうしたらいい?

実は本来の七五三に則ってやるのであれば、男の子は3歳と5歳にお祝いをするのが本来の風習です。

7歳の場合は小学校に上がる記念として残す過程が多く、七五三として写真を撮る少なく女の子のお祝いが一般的です。

3歳といえば数え年だと2歳ですね。

「魔の2歳」とも呼ばれる子どもに着物を着せて、お参りや写真撮影って本当に大変です。

女の子に比べるとやっぱり男の子は力も強く体力もあるのか我が家の場合お姉ちゃんに比べて落ち着きもなくとてもじゃないけれど大人しく着物を着せてお参り、写真撮影なんて難しかったよなと振り返ると思います。

ですが3歳にしかないあどけなさを写真の残すのは我が子の成長を実感できるのできるため出来ることなら残したいですよね。

どうしても嫌がって着物をきてくれない場合スーツやタキシードなどの洋装での撮影も出来ますので、お参りはともかく写真撮影だけでもされるといいですよ。

兄弟の撮影が無料のところも多いですので兄弟児の撮影と一緒に参加するととてもお徳ですし、お姉ちゃん、お兄ちゃんも一緒なら意外とスムーズに撮影ができるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

七五三の本来の意味や由来って?

七五三は、幼少期を生きれたことの感謝とこれからの幸せや長生きを願って行われていました。

昔は乳幼児の死亡率が非常に高かったため、まだこの世に命が定着していないものとして扱われていました。

「子供は7歳までは神様の預かりものである」とされていた7歳までの奇数の年に無事に生きてこられたという感謝とこれからも幸せに長生きができますようにという願いをこめて七五三が行われるようになったと言われています。

実は、3歳、5歳、7歳に行う意味もあるんですよ。

それぞれ詳しくご紹介します。

七五三を3歳に行う理由

《数え3歳》 男児と女児

平安時代には男女共生まれて7日目に産毛を剃り、3歳までは坊主頭で育て、髪を伸ばし始めるのは3歳の春からでした。
この伸ばし始める際に《髪置き》の儀式が行われました。

七五三を5歳に行う理由

《数え5歳》男児のみ

平安時代男女共、5〜7歳になると初めて袴をつける「袴着」あるいは「着袴」という儀式が行われました。

江戸時代以降に男子のみの風習となりました。

七五三を7歳に行う理由

《数え7歳》女児のみ

女児が今まで着ていた着物(三つ身の着物と付紐)から四つ身の着物と普通の帯へと変える儀式で幼児から少女への節目となる儀式です。室町時代には男女共9歳で行われていましたが、江戸時代末期からは男子は5歳、女子は7歳となりました。

こうやって歴史を紐解いてみても男児の場合七五三は3歳と5歳にお祝いをするのが一般的と言われています。

風習よりも大事なのは気持ち

七五三と聞くと、男子は5歳、女子は3歳7歳というイメージがありますよね。
歴史的には男子は3歳、5歳、女子は3歳、7歳となっていますが、七五三は地域の慣習によっても考え方もそれぞれなのも事実です。

七五三をお祝いする本来の意味は「無事に成長した事を感謝し、これからの幸福と長寿をお祈りする儀式」です。

そう考えると何歳だからOK.何歳だからNGというのもちょっとおかしいですよね。

時間とお金が許させるのでしたら、一生に一回しかないこの瞬間を残すのも素敵なことです。

例えば3歳はお参りだけにして5歳は写真も撮る、など工夫して子供の成長をお祝いしてあげてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする