梅酒を作る時の注意点!自家製梅酒で法律違反?!

スーパーに青梅が出始めると、今年も梅酒を仕込む季節か〜とウキウキしちゃいます。
ですが、実は梅酒を漬けるさいに、気をつけないと法律違反になることがあるってご存知ですか?

違反した場合、十年以下の懲役又は百万円以下の罰金が課せられることも。

意外と知られていない、梅酒だけでなく自家製酒をつくるときの注意点をまとめました。

スポンサーリンク

自家製梅酒で法律違反?!

家で楽しむだけで販売なんてしないのになんで?!とびっくりしたかたもいるかと思います。
日本国内のお酒に関する法律は、すべて「酒税法」で定められています。

酒類にはすべて税金がかかりますので、国税庁が管轄機関となります。
お酒は口に入れる飲み物ですが、お酒の小売店や蔵元、ワイナリーなど、税務署からの指導を受けて販売、醸造を行っています。

ちなみに酒類に分類される基準はアルコール度数1%以上かどうか、だそうです。

自家製酒はホワイトリカーなど強い度数のお酒に漬け込むので、バリッバリの酒類に分類されますね。

この酒税法によると、「酒類と他のものを混ぜるには免許がいる」と定められています。

【自家醸造】

Q1 消費者が自宅で梅酒を作ることに問題はありますか。

A しょうちゅう等に梅等を漬けて梅酒等を作る行為は、酒類と他の物品を混和し、その混和後のものが酒類であるため、新たに酒類を製造したものとみなされますが、消費者が自分で飲むために酒類(アルコール分20度以上のもので、かつ、酒税が課税済みのものに限ります。)

次の物品以外のものを混和する場合には、例外的に製造行為としないこととしています。
また、この規定は、消費者が自ら飲むための酒類についての規定であることから、この酒類を販売してはならないこととされています。

  1. 米、麦、あわ、とうもろこし、こうりゃん、きび、ひえ若しくはでんぷん又はこれらのこうじ
  2. ぶどう(やまぶどうを含みます。)
  3. アミノ酸若しくはその塩類、ビタミン類、核酸分解物若しくはその塩類、有機酸若しくはその塩類、無機塩類、色素、香料又は酒類のかす

根拠法令等:
酒税法第7条、第43条第11項、同法施行令第50条、同法施行規則第13条第3項国税庁:お酒についてのQ&A【自家醸造】

要するに、酒類と他のものを混ぜて作ったものが酒類に分類されると、酒類を製造したものとなるのでNGなんだとか。

梅酒、だめじゃん。

と思いきや、自分で飲む分にはOKなんだとか。

自家製酒を人に売っちゃダメだけど、お家で楽しむ分にはいいですよってことですね。

ただし、自分で楽しむお酒だとしても条件があります。

お酒に漬け込む材料に、

  1. 1米、麦、あわ、とうもろこし、こうりゃん、きび、ひえ若しくはでんぷん又はこれらのこうじ
  2. ぶどう(やまぶどうを含みます。)
  3. アミノ酸若しくはその塩類、ビタミン類、核酸分解物若しくはその塩類、有機酸若しくはその塩類、無機塩類、色素、香料又は酒類のかす

を含まないこと。

そして、漬け込むお酒は20度以上のものを使用するということです。

この禁止事項には理由があって、要するに、新しいお酒を作っちゃダメってことなんです。

1の材料をお酒に漬け込むと発酵するので、漬け込むお酒とは別のアルコールになります。
どぶろくがこの材料で作りますね。

2のぶどうですが、ぶどうをつけこむと発酵によってワインのようなお酒が生まれてしまう可能性があります。

アルコール20度以下のお酒は管理が難しく、気温が高くなったり湿度など条件がそろうと発酵してしまうので、新しいアルコールが誕生する恐れがあります。

スポンサーリンク

法律をふまえて自家製酒を作る上でのポイントまとめ

法律とてらし合わせて、自家製酒を作る上でのポイントです。

▼ アルコール度数が20度以上ある酒類をベースとして使用すること
アルコール度数が20度未満であると、再発酵する恐れがあり、新たなるアルコールが生成される可能性あるため。

▼ 米や麦、ぶどうなど混ぜてはいけないものは使わない。
混ぜてはいけない物が細かく記載されているので注意が必要です。
米や麦、ぶどうなどは発酵しやすいのが原因のようです。

▼ 売っちゃいけません。自分で楽しむONLY
自ら飲むために限り自家製酒作成はOKです。
お家で作って、自宅で知人や家族に振る舞うのも大丈夫です。

ただし、売っちゃダメ。

意外と細かいルールはあるけれど、しっかり押させておきましょう。

梅酒や漢方酒、果実酒などお家で漬けてオリジナルのお酒を楽しんでいる方も多いと思いますが、じつはこんな決まりがあったってご存知ですか??

梅酒をホームパーティで振る舞った時に、聞かれてびっくりしたのを覚えています。

新しいアルコールを作らないこと、個人で楽しむためにつくることをしっかり守って、楽しくオリジナルのお酒を味わってくださいね^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする