タトゥーシールを剥がれにくく長持ちさせる貼り方。綺麗に貼るコツと一緒に紹介します♪

露出が増える暑い時期やハロウィンでの仮装にちょっとタトゥーが入るだけで一気にオシャレに見えます。
とはいえ、本当にタトゥを入れるわけにはいかない、そんなときに大活躍なのがタトゥーシールです。

ですが、タトゥーシールは貼るのも案外難しいだけでなく、きちんと貼らないとボロボロと剥がれやすい欠点があります。一部分でも剥がれるとシールであることが一目で分かってしまうだけでなくみっともないですよね。

そこでタトゥーシールでおしゃれを楽しみたいあなたに、タトゥーシールを剥がれにくく貼って長持ちさせる方法をコツと一緒にお伝えします。

スポンサーリンク

タトゥーシールを剥がれにくく貼る3つの方法

タトゥーシールを綺麗に長持ちさせる貼り方には3つコツがあります。

それは、

  • 皮脂を拭き取ること
  • びっちゃびちゃに濡らすこと
  • しっかり乾かすこと

の3点です。

それぞれタトゥーシールを貼る手順に合わせてご紹介していきます。

  1. タトゥーシールを形に沿ってカットします。
    ざっくり切るよりはある程度絵柄に沿ってカットするだけで貼り付けやすくなりますよ。
  2. 貼り付ける部分を石鹸でよく洗います。
    油分、汗などを拭き取り清潔にするだけでもだいぶ持ちが違いますよ。
    貼り付け場所にできものや傷があるとうまく張り付かないので注意して下さい。
  3. タトゥーシールの表面の透明保護シートを剥がします。
    透明保護シートを剥がす前に水に濡らすと絵柄が透明保護シートに移ってしまう場合があるので慎重に。
  4.  貼り付け場所が濡れていないことを確認し、絵柄が肌面に触れるようにタトゥーシールをのせ軽く押し付けます。一度張り付いてしまうと取りづらくなります。場所決めは確認しながらにしてください。
  5.  タトゥーシールを水に含ませたタオルやコットンなどで押さえつけながら十分に濡らします。水分が台紙に行き届いてないと絵柄が台紙に残ってしまいますのでしっかり濡らしましょう。台紙から水が滴り落ちるくらいの水分量が必要です。
  6. 台紙が十分に水を含んだらそのまま20〜30秒待ちます
  7. 20〜30秒経ったら台紙を抑えながら横に滑らせ取り除き、余分な水分はタオルなどで抑えるようにして拭き取ります。
  8. 水分が完全に乾けば完成です。

完成前にこすってしまうと絵柄がはがれてしまうので注意してくださいね!

また、どうしても汗をかいたりこすったりすると剥がれやすくなります。

タトゥーシールを長持ちさせたいのであれば、

  • なるべく汗をかかないようにする
  • 触らない、こすらない
  • 皮膚が動かない場所にはる

ことも大切です。

スポンサーリンク

タトゥーシールを綺麗に貼るポイント

基本的な貼り方と長持ちさせる貼り方をお伝えしましたが、実は顔や体など貼る場所によって気をつけるポイントや貼り方があります。

そこで部位別に綺麗に貼るポイントと一緒に紹介します♪

タトゥーシールを顔に貼る場合

ハロウィンなどお祭りには顔にタトゥーシールを貼りたくないですか?

ですが、化粧を先化粧を先にしたらタトゥーシールを貼る時に水で化粧が崩れそうだし、タトゥーシールを先に貼ると化粧をしたときにタトゥーシールがボロボロになってしまいそうでどうしたらいいのかわからないですよね。

顔にタトゥーを貼る場合、化粧をしてからタトゥーシールの方が崩れにくくおすすめです。

コットンやテッシュに水を含ませたものを使ってシールの台紙の部分だけをトントンと押さえてしっかり濡らして貼り付けてみてください。

小さいボディーシールを貼る時

タトゥーシールではなく、小さいボディーシールもいまでは販売されています。
ボディーシールは細かいものもおおく、コットンで貼り付けるのは難しいんですよね。

そんな時は綿棒がおすすめです。
水をしっかりと含ませた綿棒を使用すると上手に貼ることができます。

タトゥーシールを貼るには向かない場所は?

いくら綺麗にきちんと貼ったとしても取れやすかったり、ボロボロになりやすい場所もあります。

服とこすれあう場所

服と擦れてしまうだけでも剥がれてしまうことがあるため、なるべく服とこすれあうことが少ない部分を選んでください。

関節など皮膚が大きく伸び縮みする場所

模様にひび割れが出来てしまいますので、関節付近や肘、膝はおすすめできません。

よく動かす場所

ハロウィンやお祭りなど1日程度であれば大丈夫ですが、表情が動く頰も崩れやすい場所の1つです。

いろいろなものを持ったり掴んだりする手のこうも落ちやすい部位の1つです。

タトゥーシールの持ちがいい部位は?

となると、どこにはれば長持ちするの?と思いますよね。

色々と試してみたところ、

  • 鎖骨:エリやシャツの首回りには当たらない場所
  • 足首:ふくらはぎの少し下、くるぶしの上
  • 太もも:スカートやショーパンを履くなら被らない場所に
  • 二の腕:袖だけ注意

が比較的長もちしましたよ。

うまくいったときは1週間付いていてくれました。

タトゥーシールを綺麗に長持ちさせるコツ

タトゥーシールを綺麗に貼りたいのであれば、貼る場所を清潔に洗ってからしっかり濡らして乾かすことが大切です。

タトゥーシールはだいたい2〜3日程度しか持ちませんが、きちんと貼り付けて部位を考えれば1週間持つこともありますよ。

長持ちするタトゥーシールも販売されているので試してみてくださいね^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする