アクアトト岐阜への行き方は?岐阜駅からバスに乗る場合や一般道と高速料金比較まとめ

岐阜県各務原市にあるアクア・トト岐阜は世界的にも珍しい淡水魚水族館です。

アクア・トト岐阜がある河川環境楽園は水族館以外にも水遊びができたり、BBQができたりと広々とした公園があったりと1日楽しめるので大人気のレジャー施設になっています。

まだ行ったことのない方へ公共交通機関と車、2つのパターンでアクアトトへのアクセスを詳しく説明しちゃいますね!

スポンサーリンク

アクアトト岐阜への行き方は?岐阜駅からバスへはどう乗ればいい?

岐阜駅はJR岐阜駅と名鉄岐阜駅が隣接しています。
どちらからも岐阜バスが出ているのでどちらを利用してもらっても大丈夫です。

ちなみに所要時間は約30分です。

アクアトトに行くバスを乗るには近くに止まる岐阜川島線の川島松倉行きに乗れるかで大分楽さがかわります。

JRの人は4番乗り場、名鉄の人はE乗り場を目指してくださいね。
それぞれ乗り場には何種類かバスがありますが、岐阜川島線の川島松倉行きに乗ってください。

アクアトトの降車バス停は「河川環境楽園」なのですが、土日祝日はほぼ間違いなくここで降りられます。

しかし気をつけないといけないのは平日です。
平日は河川環境楽園で停まらないものが多く、このためわかりにくくなっています。

川島松倉岐阜川島線 のバス時刻表です。全国のバス時刻表をバス停名称、バス運行会社、都道府県、駅・空港の周辺から検索できます。時刻表のほかに、リアルタイムにバスの位置が確認できる機能や、バス路線図、バス停周辺のグルメスポットや不動産情報も確認できます。

上記の時刻表を確認してもらうとわかる通り、バスの本数が少なく1時間に1本しか来ません。

バスで行く場合乗り逃さないように気を付けてくださいね。

河川環境楽園に停まらないバスの場合は「川島笠田」で下車したのち、アクアトトまでは徒歩15分の道のりです。

徒歩15分って結構つらいですよね…。

暑い時期に行く場合は熱中症の危険もあるので、なるべく河川環境楽園で降りられるバスに乗ってくださいね。

スポンサーリンク

アクアトトに車で行くなら一般道と高速どちらがおすすめ?

高速道路を使う場合は、東海北陸自動車道「川島PA」から直接アクア・トト岐阜に入ることができます!これは分かりやすいですし便利ですよ。

上り線、下り線、どちらからも大丈夫なのですが上り線(高山方面)からの場合は駐車場の台数が少ないので満車になることが多いのが難点。

土日のピーク時のような混雑時に上り線を利用する人は岐阜各務原ICで降りて一般道を通った方が良いかもしれません。

一般道を使う場合は、岐阜市中心部からだと国道21号線を経由して約30分、名古屋市中心部からですと国道22号線を経由して約50分ほどです。

名古屋市からもそんなに時間がかからず、一般道の方がお金がかからないし主婦には一般道!と言いたいところですが、一般道は土日祝日はかなり混雑することが多いんですよね…。

混雑が平気でゆっくりでも大丈夫!という方は一般道を、お金がかかっても空いていて分かりやすい方が良い!という方は高速道路が良いと思います。

運転がそんなに得意ではない私は、断然高速道路派です!

場所が分かりやすく、間違えないので方向音痴のかたでも絶対間違えないと思いますよ^^

アクアトトへバスと車での行きかた別まとめ

  • バスの場合

JRは4番のりば、名鉄はE乗り場から岐阜川島線の川島松倉行きに乗り「河川環境楽園」で下車。

本数が少ないので時刻表を確認して電車を合わせて移動が◎。

  • 車の場合

東海北陸自動車道「川島PA」から直接アクア・トト岐阜に入ることができるが、土日は混み合い駐車場に入れないことがあるため上り(高山方面)からの場合は岐阜各務原ICで降りて一般道が◎。

平日であれば高速、一般道どちらもそこまでではないので、道のりの楽さを取るか節約を取るかで選ぶのが◯。

アクアトト岐阜へのアクセスはもう大丈夫ですか?

公共交通機関でも車でも、長期休暇や連休、土日祝日は混雑が予想されます。

時間には余裕をもって、また熱中症対策はしっかりして出掛けてくださいね。

お子様から大人まで1日中楽しめるアクアトト岐阜ですので、ぜひ思い出作りに行ってみてください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする