梅酒をホワイトリカー以外でつくる簡単オリジナル梅酒

スーパーで梅の実が並びはじめると、今年も梅酒の時期だなと心が踊ります。
いつものようにホワイトリカーでつけるのもいいですが、今年は自分好みの梅酒を作ってみませんか?

癖のないホワイトリカー以外のお酒でオススメのお酒を特徴とともにご紹介します。

 スタンダードな梅酒の作り方はこちらから

スポンサーリンク

ホワイトリカー以外のオススメのお酒

梅酒といっても、さまざまな種類があります。
焼酎や日本酒、ブランデー、ウォッカなどなどお店でみると色々なお酒で付け込まれた梅酒がありますよね。

せっかくオリジナルの梅酒を作るなら、お酒の種類にもこだわってみませんか?

今年はブランデーとウォッカで漬け込みをしました♪

詳しい作り方はこちらからどうぞ⬇️⬇︎
Cpicon ホワイトリカー以外で作る自家製梅酒 by ゆん*国際薬膳管理師

ブランデーやウォッカの梅酒の他にも、オススメのお酒をご紹介しますね^^

日本酒

鶴齢の梅酒など、日本酒でつけこまれた梅酒は日本酒と梅酒の芳醇な匂いが特徴です。

自家製梅酒として漬け込むときに注意なのは、日本酒は度数が低いということ。大体の日本酒は16〜18度程度で、ホワイトリカーに比べて低めの度数です。
度数が下がるとやっぱり痛みやすく、また、20度以下のお酒でお酒を仕込むと酒造法に違反します。

 くわしい内容はこちらから

日本酒で梅酒を仕込みたい場合は、必ず梅酒用の日本酒を選ぶか、原酒を選んでくださいね。

芋焼酎

ホワイトリカーも焼酎の一種ですが、甲類焼酎に分類されます。
癖がなく、梅そのものの匂いが楽しめるのが特徴ですが、芋焼酎で仕込んだ梅酒も美味しいですよ。

長期熟成を楽しむのではなく、芋焼酎が徐々に梅の味に染まっていく過程を楽しむ感じで楽しめます。
芋焼酎の香りと梅の香りがマリアージュするのを楽しんでください。

梅酒を作るというよりは、芋焼酎に梅の香りを移すイメージの方があっているかもしれません。
大体3〜6ヶ月くらいで飲みきるようにすると、芋と梅と両方の香りが楽しめます。

泡盛

沖縄では梅酒仕込みにもよく使われているらしい泡盛。
知人に勧められて作ってみました。

いつもの梅酒にコクが加わる感じ
氷砂糖ではなく黒糖でつけこむと一気に気分は南国です。

スポンサーリンク

ブランデー

ブランデーで梅酒を作ったことがありますか?
あまりブランデーは飲まないというにもオススメです。

ちなみに、私がホワイトリカー以外でつくる梅酒にハマったのは祖母が作ったブランデー梅酒を飲んだからなんです。
20年ものが掃除の際に出てきたのですが、味がまろやかで深くてほんっっっっっっっとうに美味しかったんです♡

ブランデーに梅のさわやかな香りが加わって、口当たりもまろやかになるほか、独特の風味が生まれるのが特徴です。

ブランデーで梅酒を仕込むと梅の香りが強くでるので、安いブランデーがとっても美味しく変化してくれますよ。
あまり口にあわないブランデーや、頂き物で飲まないブランデーがあればブランデー梅酒にしてみませんか?

ウォッカ

カクテルがお好きなら、ウォッカで梅酒を仕込むのもオススメです。
今年はブランデーの他にもウォッカ梅酒を仕込みました。

SUMINOFFなど手軽に手にはいるウォッカでも十分美味しい梅酒が作れます。
ちなみに私が選んだのはGILBEY’Sという、癖も少ない1番スタンダードタイプ。

ボンペイサファイアなどウォッカには色々なリキュールがあるのでお好きなもので作って見てくださね。

ウォッカで梅酒?!と驚かれるかもしれませんが、すっきりとクセがないウォッカは梅酒作りに最適。
大人っぽく爽やかな梅酒になります。

ジン

もともと独特の爽やかな香りが特徴のジンは梅酒にしてもすっきり爽やかな味わいに。
鼻にぬける爽快な味がたまりません。

なんともおしゃれな梅酒になります。
ウォッカよりもクセが出るように思います。

梅の香りとジン特有の風味が相まって、すごくいい香りが口の中に広がっていきます。

自分だけのオリジナル梅酒を作ってみませんか?

自家製梅酒はホワイトリカーで仕込むイメージがありますが、実はアレンジはいろいろ。
レシピもスタンダードな梅酒のレシピのホワイトリカーをお好きなお酒を変えるだけで大丈夫です。

ただし、梅酒を作る際は必ず35度以上のお酒でつけること
20度以下のお酒で漬け込むと酒造法違反になるほか、管理も難しくなります。

漬け込むお酒のアルコール度数が高くて飲むのに躊躇してしまいそうですが、梅酒にすると梅のエキスや糖分とでアルコール度数は大体半分になるイメージを持ってもらえれば大丈夫。

個人的にウォッカやジンなどスピリタスで漬け込んだ梅酒は美味しいのに外ではなかなか手に入らないのでオススメです。

気になるお酒があれば、ぜひ試してみてくださいね♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする