旭山動物園の見所もぐもぐタイムを効率よく見学するおすすめのまわり方とは

北海道旭川市にある全国的にも有名な旭山動物園では、大人から子どもまで皆が楽しめるイベントが毎日開催されています。

中でも「もぐもぐタイム」は1番人気!

その名の通り、動物たちが食事をする姿を見ることができ、飼育員さんたちがその動物の特徴を解説してくださいます。

なかなか見られない動物たちのお食事、見て見たいですよね。

ですが、旭山動物園には28もの施設があるだけでなく、サッカーグラウンドにすると30面ちかくある広大な敷地をどうやったらもぐもぐタイムを見逃すことなく回れるのか気になりませんか?

今回はこのもぐもぐタイムをメインに動物園へ行こうと考えている方必見の情報をご紹介していきます。

スポンサーリンク

旭山動物園のもぐもぐタイムを攻略するなら知っておきたい3つの特徴

もぐもぐタイムはいろいろな動物園で行われているごく一般的なイベントですが、旭山動物園のもぐもぐタイムの特徴を3つご紹介していこうと思います。

1、スケジュールは朝決まる

実は旭山動物園のもぐもぐタイムのスケジュールは当日の朝決まります!

そのためどの動物の食事姿を見られるかは動物園へ行く日までのお楽しみとなっています。

開園時間ころには動物園の公式ホームページでその日のスケジュールを確認することができますよ。

また、園内の各門とサポートセンターにも掲示されますので要チェックですね。
天候や動物の体調などによりやむを得ず中止となる場合もございますので、ご了承ください。

2、スケジュールがタイト

上のページから実際にスケジュールを見ていただくとお分かりいただけると思うのですが、15分刻みで様々な展示施設でもぐもぐタイムが行われております。

すべて見ようとするとかなりタイトなスケジュールになります。

そのため、旭山動物園ではものすごい数のもぐもぐタイムが実施されております。

そのため、偶然近くを通りかかったらもぐもぐタイムの時間だったなんてこともあるかもしれませんよ。

3、早めに場所取り

旭山動物園では様々なイベントを行なっています。

もぐもぐタイムは中でも目玉なイベントのため、もぐもぐタイムを目当てにいらっしゃるかたもいるほどです。

そうなんです。

混みます。

間近で動物たちが食べる瞬間を見たいのであれば早めにお目当ての動物のところまで行き、前列を陣取りましょう。

大体10〜15分前から人が集まり始めますよ。

スポンサーリンク

もぐもぐタイムを満喫するおすすめのまわり方は?

上記でも説明した通り、もぐもぐタイムは当日の朝までスケジュールが分かりません。

そのため、あらかじめ見たい動物を決めておき、スケジュールと園内マップを照らし合わせる形で確認するのがおススメです。

そして一番見ていただきたいもぐもぐタイムは、なんといってもホッキョクグマです。

ホッキョクグマのもぐもぐタイムはプールの中に餌がまかれます。

その餌を求めてホッキョクグマが勢いよく水の中にダイブする姿は迫力満点でこれを見ることによりきっと満足して帰っていただけること間違えなしです。

北海道在住の筆者でさえ毎年旭山動物園へ行った際には、ホッキョクグマのもぐもぐタイムを必ず見てきます。

しかし、この迫力を求めてとても多くのお客さんがホッキョクグマの元へ集まってきます。

もぐもぐタイム開始の15分くらい前にホッキョクグマ館へ行きスタンバイしておくことをおすすめします。

動物園へ行く時はまずもぐもぐタイムのスケジュール確認を!!

当日の朝までお楽しみとなっているもぐもぐタイムのスケジュールは、動物園へついてすぐに門のところで確認できます。

入場の際には園内マップをもらうことができるので、お目当ての動物をしっかりと確認しておきましょう。

旭山動物園の飼育スペースはとても広いため、全ての動物が生き生きとしています。

そして、もぐもぐタイムでは動物の欲に満ちた本能的な動きを見ることができるためより楽しむことができるでしょう。

是非旭山動物園へ行った際には様々な動物たちのもぐもぐタイムをご覧になってみてはいかがでしょうか。

旭川動物園までの料金や所要時間はこちらから

札幌から旭山動物園まで車と電車、バスどれが早い?所要時間と料金まとめ
旭山動物園は15万2千平方メートルという広い敷地の中に107種類612もの動物がいる動物園です。 「行動展示」といい、動物の行...

もぐもぐタイム以外にも旭山動物園には見所がたくさんありますよ。

旭山動物園を満喫するのに3時間は短い?必要な所要時間や見所まとめます♪
全国的に有名になっている「旭山動物園」は国内でもかなり大きい動物園な上、もぐもぐタイムやナイトパークといったイベントも多数開催されて...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする