お昼寝しても大丈夫な 保育園でもおすすめの崩れない髪型5選。子供の髪のまとめ方と一緒に紹介します。

子供って動きが激しく活発だから、可愛く髪を結んだとしてもすぐに髪型が崩れてしまいますよね。

おうちにいる間は結び直せばいいけれど、保育園に行っているとお昼寝で髪がぐしゃぐしゃになってしまうことも。

お団子とかポニーテールなどいろいろなバリエーションで可愛くしてあげたいけれど、寝づらい髪型はなるべく避けてあげたいなとついつい二つ結びでいつも終了。

また、お迎えに行ったら結び直されていたことありませんか?
忙しい先生の手を煩わせてしまって「しまった!!」なんてことも。

そこで今日は、お昼寝も出来てさらに崩れにくい、そんな髪型をご紹介いたします。

スポンサーリンク

保育園におすすめの崩れない髪型は?

幼稚園とは違い、保育園にはお昼寝の時間があります。

どんな髪型をするかを考える前に、まず大切なのは「子供の眠りを妨げる髪型ではないか?」というです。

後頭部に結び目があるようなお団子やポニーテール、左右に結び目があるツインテールは、寝返りがうちづらく、結び目部分も体重がかかると痛いですね。

また、大きな飾りや、硬い飾り、バレッタやピン、カチューシャなどは、体重がかかると痛みがあるので避けるようにしましょう。

以上のポイントを踏まえた上で、保育園におすすめの崩れな髪型を動画付きでご紹介していきます。

お昼寝しても大丈夫!保育園におすすめの崩れない髪型5選

プルスルーブレイド

超絶崩れにくい!
海外SNSで話題のプルスルーブレイドです。

難しい作業は一切なしの、ゴムで結んでいくだけの簡単ヘアアレンジなので忙しい朝でも簡単ですよ^^

プリンセスヘア 通園スタイル

くるりんぱメインのとっても可愛いプリンセス感たっぷりのヘアアレンジです。

くるりんぱはとても崩れにくいのでおすすめですよ。
こんな可愛いヘアスタイルで保育園に行ったら、お友達から羨ましがられちゃいますね!

三つ編みゆるルーズお団子

下の方でお団子にするからお昼寝の邪魔にもなりません。

帽子も楽々かぶれるので保育園でもおすすめの髪型です。

フィッシュボーン

いつもの三つ編みではなくフィッシュボーンはいかがですか?
手が込んでいるように見えて実はそうでもないですよ!

スポンサーリンク

崩れにくい髪型を作るコツって?

結び方も大切ですが、子供の髪って細い上にサラサラしているので結んでも崩れやすいですよね。

そんな時はこの3つを気にしてみてください。

1、髪を濡らす

まとまりやすくするために髪をあらかじめ濡らしておくだけでもまとまりやすくなりますよ。

どうしてもまとまらない場合、スタイリング剤の代わりにベビーオイルや椿油を使ってみてくださいね。

2、ヘアゴムを工夫する

太めの輪っかの髪ゴムだと大きすぎてまとめにくくないですか?

そんなときは100均へGO!
シリコン製のゴムを使うと子供の細い髪の毛も絡まずにしっかり結べます。

また、飾り付きのゴムを使い根本でぐるぐる巻きつける方法もおすすめです。

3、こまめに結んでいく

ご紹介した動画を見ても分かる通り、1ヶ所で結んだだけだとどうしても崩れやすくなります。

こまめにくるりんぱをいれてあげるだけでも崩れにくくまとまりやすくなりますよ。

また、三つ編みや編み込みができるようになるとアレンジの幅が広がるのでおすすめです。

子供の髪がまとまらないときにどうしたらいいか詳しい内容はこちらから

子供の髪がまとまらない!忙しい朝5分でできるアレンジのコツを教えます♪
女の子って本当におしゃれが大好き。 「ママ〜お姫様みたいな髪型にして〜」なんてお願いされていざチャレンジしようとしても、方法が...

お昼寝に邪魔にならず崩れにくい髪型まとめ

お昼寝に気にならず崩れにくい髪型を作るポイントは

  • 結ぶ位置を気をつける
  • 飾り付きのゴムやカチューシャ、バレッタなどは特に注意
  • こまめに髪を結ってまとめるこどで崩れにくくする

この3つを守るだけでもだいぶ変わりますよ。

色んな髪型にチャレンジして、お気に入りの髪型を見つけてみてくださいね^^

髪を結ぶ時は、お絵かきをしたり絵本を読んだりと、子供がなるべくじっと出来るような環境を整えてあげるとより上手に結ぶことが出来ますよ。

親子の会話も楽しみながら、ぜひ楽しい朝の時間をお過ごしください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする