子供の髪がまとまらない!忙しい朝5分でできるアレンジのコツを教えます♪

女の子って本当におしゃれが大好き

「ママ〜お姫様みたいな髪型にして〜」なんてお願いされていざチャレンジしようとしても、方法が分からなかったり、子供の髪はサラサラでうまくまとまらなかったりしませんか?

時間が取れなくて手の込んだ髪型を敬遠してしまって、結局いつもと同じ髪型になってしまったり。

髪型がうまく作れなくて子供のがっかりした顔をみると「簡単に可愛い髪型を作れる方法やコツを知っていたらよかったのにな」と反省してしまいますよね。

子供が喜ぶ髪型が作りたい!

そんなあなたに、子供の髪を上手に結ぶ3つのコツ忙しい朝でも5分で出来るアレンジ法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

子供の髪を上手にまとめる3つのポイント

さらさらの子供の髪って、まとめにくく結びにくいですよね。
まとまりやすく崩れにくい髪型をつくるコツは3つあります。

それぞれ紹介していきます。

1、髪を湿らせる

まず下準備として、髪を霧吹きで湿らせるとまとまりやすくなります。

水でも上手にできない場合は、ヘア用のセット剤を使用するのもおすすめですよ。

よく市販で販売されている髪をまとめるために使用するヘアミストのこと。

created by Rinker
ウテナ
¥465 (2018/12/16 18:18:49時点 Amazon調べ-詳細)

子供のヘア商品を使用するときは、頭皮に優しい子供用やオーガニック製品、ノンシリコン製品が安心です。

髪をまとめるだけの目的なので、ホールド力は弱くてOK。

強すぎるとお肌に負担がかかり、シャンプーで落としにくいので気をつけてください。

肌が弱く、あまりスタイリング剤を使いたくないのであればベビーオイル椿油で代用がおすすめです。
どちらもつけすぎるとベタベタになるので気持ち少なめで使ってくださいね。

2、ヘアゴムを変える

そしてつぎはヘアゴムの選び方なのですが、よく100円ショップなどで売られているシリコンで出来たゴムがオススメです。

黒や茶色と目立たない色からカラフルなものまでたくさん販売されています。

輪の大きさも小さいものから大きいものまであるので、お子さんの髪の量に合わせて選んでくださいね。

また、輪っかでくくるよりも紐状のゴムをぐるぐる巻きつけた方がしっかり根元で止まります。

飾りがついているゴムを用意してぐるぐる巻きつけ最後は飾りにひっかけて止めるように結ぶだけでも格段に取れにくくなりますよ。

この動画がわかりやすいので載せておきますね^^

3、こまめにくるりんぱ

小さい子だと特に髪の毛がサラサラで結んでも崩れてくるだけでなく、ピンでとめるのも怖くてできないですよね。

そんな時はまとめて結ぶのではなく、こまめにくるりんぱをいれてまとめてみてください。

1ヶ所でしっかり結ぼうとすると難しいですが、横の毛をくるりんぱでまとめてから残りの髪の毛をアレンジしていくだけでも崩れにくくなりますよ。

スポンサーリンク

忙しい朝でも5分でできるおすすめアレンジ5選

それでは次はお待ちかね、忙しい朝でも5分で出来るアレンジ法おすすめ5選を動画でお伝えしていきます。

① 簡単くねくねアップスタイル

くるりんぱと可愛いヘアクリップ、くしゅくしゅにした毛先が可愛いですね。

② お団子みつあみ

高めの位置でのツインテールを三つ編みしてお団子に。
お昼寝でも崩れないので保育園でも大丈夫ですよ♪

③ バッククロス お団子ヘア

後ろにおおしゃれな三つ編みのバッククロスに、可愛い三つ編みのお団子。
他とは違う個性的な髪型です。

④ たれ耳うさぎヘア

ジグザグの髪の分け目がポイントです。

くるりんぱを入れることで崩れにくくなりますよ。

⑤ 三つ編みポニーテール

高めにサイドで結んだポニーテールから3本の三つ編みを作るだけ!

ゴムを工夫すれば簡単なのにかわいいアレンジになりますよ。

 三つ編みとくるりんぱは救世主

以上、可愛い、簡単ヘアアレンジ方法をご紹介いたしました。

こんなかわいい髪型に挑戦できるのも、女の子を持つお母さんの醍醐味ですよね。

髪のアレンジってとっても難しそうですが、三つ編みとくるりんぱができるようになるだけで幅がひろがります。

あとは飾りゴムの種類と色でカバーできますよ!

髪を結ぶさりげない時間も、子供とのコミュニケーションが図れる大切な時間です。
そんな時間を楽しみながら、ぜひチャレンジしてみて下さい。

プールや運動会など帽子を被らないといけない場面でのおすすめ動画はこちらから

帽子がかぶれるヘアアレンジ 子供も喜ぶ簡単な髪型5選を不器用でもできるコツと一緒に紹介します
運動会や水泳などどうしても帽子を被らないといけないけれど、髪が長いお子さんなら可愛く結んであげたいですよね。 とはいえ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする