コンシーラーを使ったシミの上手な消し方ドラッグストアで買えるカバー力抜群コスメベスト3

日焼け対策を完璧にしてるつもりなのに突然出てきたシミ
顔にできると特に気になりますよね。

シミのないキレイな肌になりたい!と思ってもシミ取りに美容皮膚科に行くのは勇気がいるしお金もかかるし、ダウンタイムも気になります。

どうにかすぐにメイクでカバーしたい!

そんなあなたにコンシーラーを使ったシミの上手な隠し方のコツやドラッグストアで買えるカバー力抜群のコんシーラーをコスメアドバイザーが紹介します。

スポンサーリンク

メイクでシミを上手にカバーするやり方は?

メイクでシミをカバーするならファンデーションとコンシーラーを上手に使うのがポイントです。

ファンデーションとコンシーラーの塗る順番は?

まずお使いのファンデーションの種類によってコンシーラーを使う順番が変わってきますのでそれぞれご説明いたしていきます。

パウダーファンデーションとコンシーラーの使う順番

① コンシーラー
② パウダーファンデーション
③ フェイスパウダー

リキッドファンデーションやクリームファンデーションの使う順番

① ファンデーション(リキッド、クリーム)
② コンシーラー
③ フェイスパウダー

となります。

シミをカバーするファンデーションの選び方のポイント

まずファンデーションですが、自分の色に合ったものを選びましょう。

自分の肌にあったファンデーションの色味の選び方は、顔でも手の甲でもなく、顔と首の境目のフェイスラインで選んでください。

オススメのファンデーションのタイプはリキッドクリーム、もしくはBBクリームです。

中でもBBクリームは「傷んだ肌を補修する」という意味があり、これ1本で化粧下地・ファンデーション・コンシーラーなどの機能が含まれているので塗るだけでベースメイクが完成する優れものです。

シミをカバーするコンシーラーの選び方のポイント

コンシーラーにも様々な種類があり、タイプによって使い方や特徴が異なります。

また、色味や使うかたにもコツがあるのでそれぞれ詳しくご紹介します。

コンシーラーの種類別特徴まとめ

コンシーラーの形状には色々な種類があります。

  1. スティックタイプ(おすすめ
    固いテクスチャーで、カバー力が高い。
  2. 練り、パレットタイプ
    色味の調整がしやすく、カバー力も高い
  3. ペンシルタイプ
    油分が少ないので乾燥しやすい部分には不向き。
    カバー力は高い
  4. クリームタイプ
    広い面積をカバーできる
  5. リキッドタイプ(筆、ブラシ)
    よれにくいので、動きのある目元、口元によい。
    カバー力は△
  6. リキッドタイプ(チップ)
    リップグロスのように先端がチップになっていて塗りやすい。
    肌なじみはいいが、カバー力△
シミを隠したいならばしっかりカバーできるスティックタイプがオススメです。

コンシーラーの色味を選ぶコツ

続いて迷いがちな色の選び方ですが、シミの状態によって選ぶのが色味を選ぶコツです。

  • 薄いシミ
    地肌に近い色またはやや暗めの色
  • 濃いシミ
    地肌よりワントーン暗めの色

を選ぶようにしてください。

シミを隠したいが故に地肌より明るい色味を選んでしまいがちですが、そうするとコンシーラーを塗った部分が浮いてしまいます。

シミをカバーしたいのであれば、シミにあった色味を選ぶのが大切です。

上手にカバーするコンシーラーの塗り方の3つのポイント

最後に次に上手にカバーするコンシーラーの塗り方のポイントです。

1、
まず、コンシーラーを指もしくは筆にとり気になる部分にのせます。
一回り大きめに塗るのがポイントです。

2、
そして、周りを丁寧にぼかしていきます。
ここで2つ目のポイントですが、コンシーラーをのせた真上の部分は触らないようにしてください。

3、
最後にフェイスパウダーを施すことにより、メイクが崩れにくくなります。

しっかり仕上げるならパフを使いましょう。
パフを使う時は、擦らないようにしてくださいね。上からトントンと優しく叩いて仕上げます。

ふんわり仕上げるならブラシを用いてください。

スポンサーリンク

シミのカバーにおすすめドラックストアで買えるコンシーラーベスト3

コンシーラーの選び方や使い方についてご紹介してきましたが、ドラックストアで買えるオススメのコンシーラーを特徴とともにご紹介します。

<KOSE> ノア スティックコンシーラー

スティックタイプでベージュ系のコンシーラーです。

固めのテクスチャーで長時間化粧崩れしません。
朝塗って夜まで長持ちなだけでなくカバー力も高いのが特徴です。

植物抽出成分配合で肌にも優しく無香料。

<資生堂>スポッツカバー ファウンテイション

クリームタイプでピンク系のコンシーラー。

もともとあざややけど跡をカバーするために開発された商品なためカバー力はピカイチ。
濃いシミやあざに悩む方におすすめです。

崩れにくくハードなお仕事の方でも安心です。

<ザ セム>カバーパーフェクション チップコンシーラー

リキッドタイプでベージュ系のコンシーラー。

なんといってもしっかりカバー&崩れないのが特徴。

紫外線カット効果もあり SPF28/PA++のコンシーラーのためシミ・くすみの原因もブロックしてくれます。

保湿感あるテクスチャーのため肌に自然に密着し透明感のある肌に仕上げてくれます。

プチプラなのに優秀で楽天のコンシーラーランキング常連なんですよ♪
どのコンシーラーよりもカバー力があり汗に強いと口コミ評価も抜群です。

気になるシミを隠すならコンシーラーやファンデーションの色味とテクスチャーを選ぶのが◎

顔にできたシミは特に目につくので1度気になるとずっと気になっちゃいますよね。

シミはファンデーションやコンシーラーを上手に使うことで隠すことができますよ!
上手な隠し方やコスメの選び方を参考にキレイなお肌で、自信溢れる毎日をお過ごしくださいね^^

どうしても期になる場合、ハイドロキノン入りの化粧品を使うことで薄くすることもできますよ。

美白を作るハイドロキノン配合化粧品の効果や副作用って?使うなら知っておきたいあれこれまとめます。
ハイドロキノンってご存知ですか? 美白効果がありそれまでは皮膚科のみの処方が許され、医師の許可がないと使用出来ない成分でしたが...

最後までお読みいただきありがとうございました♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする