ラグーナテンボスの変なホテルって知ってる?気になる口コミと料金のまとめ

愛知県蒲郡市にはH.I.Sが手掛けるラグーナテンボスはナイトプールやイルミネーションが度々話題になり、新しい観光スポットとしても有名です。

そんなラグーナテンボスには「変なホテル」という名の本当に一風変わったホテルが併設されているのでをご存知ですか?

こちらのホテル、本当に変なホテルで面白いのです!

ラグーナテンボス近くに在住の私がとっても気になる変なホテルについて、実際に泊まった感想と共に料金などをまとめます。

スポンサーリンク

ラグーナテンボスの変なホテルってどんなホテルなの?

変なホテルは世界初のロボットが接客をするホテルとして一躍脚光を浴びたホテルです。

まずはこちらの動画をご覧ください。

変なホテルとは先進技術を導入し、ワクワクと心地よさを追求した世界初のロボットホテルです。
長崎のハウステンボスで最初に設立され話題になりましたよね。

フロントでは多言語対応のロボットたちがチェックイン・チェックアウトの手続きを行ってくれます。

ラグーナのフロントには大きな恐竜ロボットがいるんですよ!

「変」には「変化しつづける」という意思が込められていているんだとか。

客室のコミュニケーションロボットなど、館内には様々なロボットがありお客さんをおもてなししてくれます。

ロボットの接客だなんて子供はもちろんですが、大人もワクワクしちゃいますよね。

ちなみに館内の掃除もロボットがしてくれているので、館内を歩く際は周りに気を付けてくださいね。

ラグーナテンボスの変なホテルはロボットだけが見所なのではなく、併設のレストランもおすすめです。
超有名シェフである落合シェフ、辻口シェフが監修している豪華っぷり。

ちなみにこちらのレストランは宿泊しなくても利用できるのでラグーナに来た際の昼食や夕食にもいいですよ。

近くに住んでいても、行きたくなるような魅力的なホテルですが宿泊費はいったいどれくらいなのでしょうか?

スポンサーリンク

変なホテルの口コミは?料金っていくらくらい?

変なホテルは宿泊費も魅力的です!

ざっくりとまとめると平日の宿泊費が朝食付きで1万円弱、週末で1万円代半ばほどとなっています。

こちらを1泊2食にすると2万円弱となり、さらにわんちゃん同室の部屋にしたり、花火が見える部屋などにすると2万円台と割高になっていきます。

また、変なホテルに宿泊するとすごい特典がついてくるんですよ!

まずラグーナテンボスのテーマパーク、ラグナシアの2日分の入園券(通常 2,250円x2日間)だけでなくラグーナの湯の利用券(滞在中1回/通常 1,030円)、ラグナシアの駐車券2日分(通常800円x2日間)が付いてきます!

そう考えるとお得すぎてビックリしませんか?

ホテル代だけでなんと7130円分の利用料が無料になっちゃうんです!!

また、子供は添い寝で寝る場合、大人料金にプラス2,500円でラグーナの入園券&朝食付きで宿泊できるのも嬉しいですね。

実際にもっと高いものだと思っていたのでわたしも驚いてしまいました。

さらに、19時以降のチェックインで1人1泊7000円台という驚きの安さのプランもあり、しかもこちらには朝食込みのお値段なのも嬉しいですね^^

また30日前の予約で早期割引があり、確認したところ通常料金からだいたい5000円程度割引されていました。

プランによっては1泊1万円を切ることもあるようです。

ラグーナを徹底的に満喫したいなら変なホテルの宿泊プランおすすめです

変なホテルの魅力が伝わりましたか?

東海地方では今のところラグーナテンボスにしか変なホテルがありませんが、これからもっと増えるかもしれませんね。

変なホテルに泊まり2日かけてゆっくりラグーナテンボスを楽しむという旅行もお子様だけでなく大人も楽しめましたよ。

なにより朝早くから遊んで帰って家事をするのも面倒ですもんね。

他の併設ホテルに宿泊するよりかなりお得で楽しい夏の思い出を作ってくれる変なホテル、ぜひ一度検討してみてくださいね!

プランはこちらから見ることができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする