ダルい梅雨を元気に過ごす東洋医学の養生法とは

洗濯ものが乾かなかったり、雨で出かけられなかったりと、なにかと鬱陶しい梅雨の季節
気圧の変化や湿度が高いためか偏頭痛に悩む人や体の不調を訴える人も多い季節ですね。

東洋医学では、梅雨はどのように過ごしたらいいのでしょうか。

梅雨の季節も元気に過ごすための養生法をお伝えします。

スポンサーリンク

そもそも梅雨ってどんな季節?

雨のせいで湿度も高く、じめじめしていて体がダルく重かったり、なんとなく食欲がわかなかったり。
体の不調を訴える人も多いのが梅雨の季節。

中医学では、こういった、梅雨の時期の体調不良は湿邪(しつじゃ)と結びつけて考えます。

湿邪には外から入ってくる外湿と体内から生じる内湿と2種類あり、いずれも身体にさまざまな不調を引き起こす原因と考えられています。

スポンサーリンク

湿邪の特徴・症状とは?

湿邪の特徴は、重くて粘り気があり、停滞しやすいこと。

この湿邪に入ってしまうと、身体のだるく感じたり、鈍い痛み、水分の停滞によるむくみ、胃の不調といった症状が現れます。
また、その症状は治りにくく、ずるずると長引くこともあるため注意が必要です。

湿気の多い季節によく発生するので、梅雨の時期は特に気を付けたいですね。

湿邪を吹き飛ばし、鬱陶しい梅雨も元気に過ごしましょう!

梅雨の健康は湿邪を退治!外湿と内湿の違い

梅雨の季節を元気に過ごすキーワードは湿邪退治です。
湿邪は、外湿と内湿にわけられます。

それぞれの違いから、自分の病因を知り、オススメの対処法を試してみてくださいね。

体がダルおも〜と感じたら外湿に注意

湿邪は重く、停滞するのが特徴です。
陰の邪気にあたるので陽気の動きを鈍らてしまいます。

頭や身体が重い、なんだか頭がすっきりせず、体の動きが鈍くなる、といった症状が現れたらそれは外湿のせいかもしれません。

普段から血行が悪く、むくみやすい人はもともと痰湿の体質の可能性があるため、梅雨の時期は注意が必要です。

湿は重いため、体の下にたまりやすく、足のむくみのほかにも女性はおりものが増える傾向があります。
下着におりものシートをつけてこまめに交換したりして清潔に保つようにしたり、通気性のいい下着やコットンのものを選ぶようにすると快適に過ごせますよ。

湿邪が体に溜まってくると、口のなかがネバネバして甘く感じたり、お腹が張って食欲がわかなくなったりします。

なんとなくいつもより口の粘つきや、お腹の膨満感を感じたら、とうもろこし茶や小豆茶のような利尿作用のある飲み物や、パクチーやレモングラスのように香りがすっきりしたものを食べて湿を外に出すよう心がけてみてください。

外湿におすすめの食べ物やお茶
しそ、ミョウガ、パクチー、レモングラス、もやし、春雨、冬瓜、セロリ

コーヒー、ココア、緑茶

胃腸の不調は内湿が原因かも

内湿は、体の内側である脾胃の機能低下を引き起こし、主に胃腸の不調が生じます
もちろん、外湿とも深く関係しています。

食べ物の消化・吸収を司る脾胃は、栄養を体に運搬するほかに、体内の水分代謝を司っています。
梅雨の時期にむくみがひどくなったり、なんだか体がだるく重く感じるのは脾胃の機能が弱まっているからかもしれませんよ。

体に内湿が溜まると、身体に倦怠感、疲労感が強く現れます。

消化器系の機能が低下するため、食欲がなく、あまり食べられないといった、食欲不振に悩まされることも。

いつもと変わらず同じものを食べていたとしても、梅雨時期は脾胃の機能低下により消化しにくいことがありますので、意識的に消化のいいものや脾胃を補ってくれるものをとってみてくださいね。

湿邪の影響で脾胃が弱くなると顔色は黄色くつやがなくなり、舌が腫れぼったくなるなどの症状が見られます。

内湿の影響で弱った脾胃を回復するには、脾胃の機能を健やかに保つよう補う食材や漢方と取り入れながら、体に溜まった湿邪を取り除いて行く必要があります。

内湿におすすめの食べ物やお茶
・脾胃を元気にする食材
⇨いんげん豆、山芋、大豆製品、蓮の実、栗
・脾胃を温める食材
⇨山椒の実、フェンネル、しょうが、ニンニク、キムチ
・湿を取り除く食材
⇨はと麦茶、とうもろこし、小豆、鯵


冷たいものは脾胃の機能を低下させてしまう怖れがあるので、できるだけ温かくして食べてくださいね。

湿とうまく付き合って、鬱陶しい梅雨も元気に過ごそう!

雨が続くと洗濯物が乾かなかったり、出かけたくても出かけられなかったりとなんだかうんざりしちゃいますよね。
でも、そんなときこそ、家でのんびり本を読んだり映画をみたりして過ごして見ませんか。

雨の日はホコリが立ちにくいので、模様替えやお掃除にもぴったりです。

梅雨は湿が体に溜まっていくことで気持ちもどんよりし、鬱になりやすい傾向があるので、そんなときこそ、のんびりした時間味わいながら悠々自適に過ごしたいものですね。

食事や生活のちょっとした心がけで、心身ともに元気に楽しく梅雨をお過ごしくださいね。

自宅ですぐにできる梅雨の不快感を吹き飛ばす3つの方法

梅雨の疲れやだるさを吹き飛ばす自宅ですぐに出来る3つの方法
朝晩の寒暖の差が激しく、ジメジメとすっきりしない梅雨は自律神経の働きが落ちるためだるさや疲れを感じやすい季節です。 G...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする