食べ合わせダイエットで効果的に食べながら痩せる方法とは

ダイエット中でも、食べたいものを食べたい!!

そんなワガママを叶えるのが、「食べ合わせダイエット」です。

カロリーを気にして食べたいものを我慢したり、食べる量を減らして減量するのではなく、必要な栄養を補うことで、体を温め、胃腸を活性化することで基礎代謝を高め、脂肪を燃焼させるダイエット法です。

実は薬膳にも食べ合わせの効果がある食材が存在します。

今回は東洋医学的観点と栄養学的観点と合わせて、お手軽な食べあわせダイエットの方法をご紹介します♪

スポンサーリンク

そもそも食べ合わせダイエットとは?

食べ合わせダイエットとは、管理栄養士の伊達友美先生が提唱したダイエット方法で、森三中の黒沢かずこさんが実践したことでも知られます。

食べ合わせダイエットのポイントは、
ずばり、酵素・油・代謝です。

酵素

消化を助けて脂肪を燃焼させる効果。
生野菜果物に多く含まれます。

オメガ3脂肪酸と呼ばれる良質な油は、代謝を活性化するので、体脂肪の減少に効果アリ。
えごま油、エキストラバージンのオリーブオイル、青魚のDHAやEPA、ごま油などが良質な油です。
逆にサラダ油、マーガリン、ショートニングなどは太りやすい油なので注意が必要です。

代謝

体を冷やす食べ物は、代謝を落します。
良質の油をうまく利用することで代謝を促したり、酵素を多く摂ることで代謝を上げ、消化を促進し、脂肪を燃焼させます。

スポンサーリンク

おすすめの食べ合わせ一覧!

それではさっそく、どのように食べ合わせをしていけばいいのかご紹介しますね。

白米はビタミンB1で代謝させる

炭水化物を代謝させるために必要な栄養素はビタミンB1です。
ビタミンB1は豚肉やぬか漬け、枝豆やピーナッツに多く含まれます。

実は玄米や雑穀にも多く含まれる栄養素なので、白米を玄米ご飯に変えたり、雑穀を混ぜると腹持ちもよくなりダイエット効果抜群!
雑穀には食物繊維も多く含まれるので、便秘対策にもオススメです。

ミス・ユニバースの栄養指導をされているエリア・アンギャルさんも、著書のなかでたくさん「白いご飯や白いパンはNG!」と書かれていました。

普段の生活から玄米や雑穀を混ぜてご飯を炊いたり、パンも全粒粉を使ったパンを積極的に取りたいですね。

小麦粉には大根を!

薬膳の食材のなかで、小麦は中品に分類され、過剰に摂取すると温毒が溜まります。
温毒がたまると胸焼けや胸のつっかえなどを引き起こします。

そんな小麦に対して効果があるのが大根
小麦の少毒を大根が解消してくれます。

パスタやうどんを食べるときは是非大根おろしを積極的に食べてみてくださいね!

お肉を食べるときにはサラダで酵素をプラス!

ステーキや焼肉、美味しいですよね><♡
でも「ダイエット中にどうなの?」とためらいがち。

お肉のなかでも特にラム肉や牛肉には脂肪を燃焼させるL-カルニチンが多く含まれるので、ダイエット中でもオススメの食材です。
とはいえ、お肉を無尽蔵に食べたらやっぱり太ります。

タンパク質や脂質を代謝させるにはビタミンB2ビタミンB6を摂取しましょう。

ビタミンB2は脂質の代謝を促すビタミンで、海藻類レバーチーズ魚卵に多く含まれます。
また、アルコールを分解する上でもビタミンB2は大活躍しますので、焼肉の飲み会のときは、のりのスープで体を温め代謝アップをしてから、レバーを食べましょう。

ビタミンB6はタンパク質の代謝を促すビタミンで、マグロカツオなど赤みのお魚やレバー唐辛子ニンニクに多く含まれます。
タンパク質は筋肉を作る上で大事な栄養素ですが、取りすぎると内臓疲労につながったり腸内環境が悪くなってしまいます。

お肉を焼くときはニンニクを一緒に焼いたり、マグロやカツオといったお魚も積極的に食べましょう。

揚げ物にはレモンをプラス

唐揚げにレモンってかけますか?
実は揚げ物にレモンって食べ合わせとしては最高の組み合わせ。

揚げ物の酸化した油をレモンが中和させてくれるので代謝が悪くなるのを防ぎます。

揚げ物を食べるならイカやタコ、エビがオススメです。
高タンパク低カロリーのほか、タウリンが多く含まれるので疲労回復効果も見込めます。

お菓子を食べるときは豆乳でデトックス!

ダイエットでオススメのおやつについても紹介しましたが、でもたまには砂糖がたっぷり入ったおやつや生クリームたっぷりのケーキも食べたいですよね。

そんなときは豆乳をプラスしましょう。
豆乳は血糖値の上昇を抑えてくれる効果があるほか、大豆たんぱく質は、余分な脂質と結び付くことで血中の悪玉コレステロールを低下させる効果があります。

大豆たんぱく質の中にあるβ-コングリシニンという成分は、内臓脂肪や中性脂肪を低減させる効果があるという研究結果も。

大豆ペプチドは普通のアミノ酸に比べ吸収率もよく、基礎代謝をあげてくれるので、体脂肪燃焼効果にもつながります。

食べ合わせダイエットで少しでもストレスフリーにダイエットしよう!

いかがでしたか?
食べ合わせを少し変えるだけで、ダイエットにも効果的です。

もちろん、食べ合わせダイエットだけをやったから、といって劇的に痩せることはできません。
このダイエット方法は、緩やかにダイエット効果が期待できるので、継続させてこそ意味があります。

もちろん、どんなに食べ合わせ的にパーフェクトでも、量を食べれば痩せません。

食べ合わせダイエットは他のダイエットの補助として取り入れたり、どうしてもダイエット中に食べたくなってしまった甘いものやお付き合いのお酒や食事で使うと効果的です。

これから飲み会も多くなって来る季節ですし、気軽に取り入れてみてくださいね^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする