ハイドロキノンの塗る順番。ドラックストアで買えるおすすめ化粧品と一緒に紹介します。

「皮膚の漂白剤」とも言われる美白成分として有名なハイドロキノン。

できてしまったシミやそばかすに対して効果があるものの、ハイドロキノン配合化粧品はお値段がそこそこ高いのがネックですよね。

ハイドロキノン配合の化粧品は塗る順番を気をつけないと効果を実感しにくいだけでなく副作用をおこすことがあります。

高いのに効果が実感できないと本当にショック!

そこでハイドロキノンの正しい使いかたや副作用、注意点について皮膚科ナースがまとめます。

スポンサーリンク

ハイドロキノンの塗る順番、美白になるための効果的な使い方は?

ハイドロキノンは塗る順番が大切です。

  1. 洗顔、クレンジングで余計な皮脂・汚れを除去します。
  2. 化粧水、乳液などで保湿
  3. 部分用のハイドロキノンなら、綿棒でシミが気になる部分のみに塗布します。
    全顔タイプのハイドロキノンでしたら、全顔に塗布します。
  4. 最後に保湿クリームでフタをします。

洗顔後に化粧水・乳液でワンクッションおいてから、ハイドロキノンを塗布するのが正しい使い方です。

洗顔したあと、直接ハイドロキノンを塗る場合は20分空けるのがポイントです。
洗顔直後は角質層に水分が多く含まれるためハイドロキノンが浸透性が良くなり、効果が出過ぎる場合があります。

必ずこの順番を守ってください。

また、ハイドロキノンとセットで使うと美白にかなりの効果があるものとしてトレチノイン(シミを強力に排出する作用)があります。
ハイドロキノンだけでは効果が見られない場合、ぜひおススメの成分です。

こちらは医師の処方が必要になりますので、医療機関へご相談されてください。

ハイドロキノンを塗ったら気をつけなきゃいけないこと

商品によって朝、夜の1日2回使用するタイプと、夜1回だけ使用するタイプがありますが、特に朝も使用する場合は気をつけなければならないことがあります。

それは、
必ず紫外線対策をすること!

ハイドロキノンには、光に反応して構造変化をきたすという特徴があります。

肌にハイドロキノンを塗ったまま紫外線を浴びてしまうと、メラニンが過剰に生成され、シミが濃くなってしまったり、光毒性をもつため返って肌にダメージを与えてしまいます。

ハイドロキノンの塗った後は必ずSPF20以上の日焼け止めでUV対策をされて下さい。

そして、目の周り、口の周りは皮膚が弱く赤みが出やすいので使わないようにして下さい。

スポンサーリンク

ハイドロキノン配合化粧品を市販で購入する際のチェックポイント

購入するときにも押さえておくべきポイントがあります。

  1. ハイドロキノンの配合率
  2. 価格
  3. 肌に合うか必ず確かめる

この3点は最低チェックしておくことをおすすめします。

ハイドロキノンを使ったことがない場合、濃度は1〜2%からはじめるのがおすすめです。

パッチテストは、夜に少量を肘の内側に塗布した後絆創膏で保護し、24時間後赤み・かぶれがないかを確認して下さいね。

通販やドラックストアでも買えるオススメのハイドロキノン配合化粧品

それでは早速ドラックストアで購入できるハイドロキノン配合化粧品をご紹介します。

オバジ HQブライトニングナイトセラム

created by Rinker
オバジ(Obagi)
¥8,880 (2019/01/21 06:15:47時点 Amazon調べ-詳細)

不安定なハイドロキノンをオバジ独自の技術で安定化させているのがオバジ HQブライトニングナイトセラムの特徴です。

高密着なバーム状製剤が気になる部分にぴったりと密着します。
夜の1点集中ブライトニングのため紫外線対策の心配がないので使いやすさではピカイチです。

ビーグレン QUSOME ホワイトクリーム1.9

created by Rinker
b.glen(ビーグレン)
¥6,480 (2019/01/21 06:15:48時点 Amazon調べ-詳細)

肌の奥まで浸透されるビタミンC誘導体も配合。

1.9%なのに4%と同等の効果が期待できます。
効果は抜群なのに低刺激なのがおすすめポイントです。

角層の奥まで浸透し、顔全体に塗ることが出来ます。

美白効果の高いハイドロキノン。使い方や副作用を忘れずに

ハイドロキノン入り化粧品は確かにお高いですがシミやソバカスだけでなく美白効果が高いと注目されています。

とはいえ、効果が強い分使い方を間違えると重大な副作用を起こす可能性があります。

ハイドロキノンを使うときは、化粧水・乳液で肌を整えた後、そして塗った後に外出するのであれば紫外線対策を忘れずに行ってくださいね!

顔に赤みが出たりかぶれたり少しでもおかしいなと思うことがあれば使用を中断し皮膚科を受診してくださいね!

ハイドロキノンの詳しい効果や気をつけるべき副作用についてはこちらから

美白を作るハイドロキノン配合化粧品の効果や副作用って?使うなら知っておきたいあれこれまとめます。
ハイドロキノンってご存知ですか? 美白効果がありそれまでは皮膚科のみの処方が許され、医師の許可がないと使用出来ない成分でしたが...

最後までお読みいただきありがとうございます^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする