ラッシュガードに日焼け止めは必要?おすすめの日焼け止めと一緒に紹介します♪

海水浴や川遊びしたいけど、全身に日焼け止め塗るのって大変。

UVカット率95%以上のラッシュガードを買ったから着てるところは日焼け止めは塗らなくていいよね?

いえいえ、ラッシュガードを着てるからと安心してはいけません!!

ラッシュガードと日焼けの関係やおすすめの日焼け止めについて皮膚科ナースが詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

ラッシュガードを着たら、日焼け止めを塗る必要あるの?

まず、ラッシュガードのUVカット率を確認してみてください。

UPF値が

  • 40〜50+では、UVカット率 95%以上
  • 25〜35では、 90%以上
  • 15〜20では、 85%以上

となります。

高いUVカット率ですが、100%完璧にカットできるわけではないんですね。
是非日焼け止めと二重で紫外線対策をされる事をおすすめします。

また、ラッシュガードの生地の色や柄があり白や薄い色の部分は、黒に比べ紫外線を透過しやすいので気をつけてください。

じゃあ、実際にどんな日焼け止めを選んだらいいの?と不安になりますよね。

そこで、海に川にアウトドアでつけるおすすめの日焼け止めをご紹介します。

スポンサーリンク

海に川にアウトドアでつける日焼け止めのおすすめベスト3

アリィー エクストラUVジェル

created by Rinker
ALLIE(アリィー)
¥3,000 (2019/01/21 06:18:05時点 Amazon調べ-詳細)

SPF50+ PΑ++++
汗、水、摩擦に強い日焼け止め。

スーパーウォータープルーフと摩擦や擦れに強いフリクションプルーフのダブルプルーフジェルで落ちにくさを追求。

ジェルなのでベタつかない、みずみずしい使用感です。
いつもの石鹸、ボディソープで簡単に落とせます。

アネッサ パーフェクトUVサンスクリーン

SPF50+ PΑ++++
スーパーウォータープルーフ処方で、強力に紫外線をカットします。

つけ心地が軽く、いつもの石鹸でスルリと簡単に落とせます。

ラロッシュポゼ アンテリオス キッズミルク

SPF50+ PΑ++++

敏感肌用のUVケア商品でデリケートなお子さんの肌を紫外線からしっかりと守ります。
UVフィルターシステム「メギゾブレックス」が広範囲にわたって日焼けによるシミ、そばかすを防ぎます。

肌の弱いお子さんにも優しい感触のなめらかでしっとりとした使用感。
3歳以上のお子さんから使用でき、200㎖の大容量なので子供から大人まで家族全員で使えます。

ボディだけでなくフェイスにもOK!石鹸でスルリと落とせます。

ラッシュガードにも日焼け止めは必要!

日焼け防止のラッシュガードを着ていても日焼け止めを塗るのを忘れないことが日焼け対策につながります。

顔や体だけでなくスプレータイプの日焼け止めで頭皮や髪も守ることを忘れずにしてくださいね!

海や川にアウトドアでつける日焼け止めを選ぶ上で大事なポイントは、

  1. ウォータープルーフ
  2. 石鹸で簡単に落ちる
  3. SPF50+ PA++++

の三点です。

使用感や、テクスチャーも様々な商品がどんどん発売されています。

商品説明欄や、商品説明ページをしっかりと読んで、どんな特徴があるのかを確認しましょう。
自分の肌に合った、お気に入りの日焼け止めに出会えるといいですね。

子供や肌の弱い人にも使えるおすすめの日焼け止めや海やプールでの日焼け対策についてはこちらから

海水浴やプールの日焼け対策家族みんなで使える日焼け止めやラッシュガード日焼けをした後にやっておくべき対処法は?
海水浴やプールに子供を連れて行ってあげたいけど、日焼け対策ちゃんとしているつもりでもどうしても日焼けをしてしまいますよね。 ど...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする