岡崎花火大会の屋台を存分に楽しむには?トイレ情報も教えます!

岡崎花火大会は約2万発もの花火があがることや約50万人を動員することで有名です。

2万発の花火も有名ですが、何と言ってもすごいのが屋台!!

岡崎生まれ、岡崎育ち、生粋の岡崎人の私が岡崎花火大会の屋台の回り方、そして気になるトイレ情報もお教えします!

スポンサーリンク

岡崎花火大会で屋台を楽しみたい時の回り方。名物屋台はこれ!

花火も楽しみですが、屋台も楽しみですよね!

岡崎花火大会では様々な屋台がひしめき合っています。

屋台を楽しみたい人は、まずスタート地点を東岡崎駅にしてください。

東岡崎駅から会場に向かうまでが、屋台が一番盛り上がっています!

そして、通常の屋台ももちろん美味しいものだらけですが東岡崎駅周辺の飲食店もこぞって露店を出しているのです!

お店クオリティのグルメを楽しみたい方は飲食店前の露店や、お店の名前を掲げている屋台をチェックしてくださいね。

また、岡崎にしかない「岡崎まぜめん」の屋台もあります!
徳川家康も好んで食べたと言われている岡崎グルメです。

八丁味噌を使った地元グルメですので、ぜひ見つけてみてくださいね。

スポンサーリンク

岡崎花火大会で知っておくと便利なトイレスポット

お祭りの時に困るのはやはりトイレですよね。

仮設トイレは15箇所あるそうですので、そうそうトイレが無い!とはならないと思いますが、人が多いのでかなり並ぶかもしれません。

会場すぐ近くの岡崎公園の中には何ヵ所かトイレがありますので、そちらを利用するのも良いかと思います。

打ち上げ会場の近くであれば仮設トイレ、少し離れたら公園、広場、駐車場などで見る場合は、公園には必ずトイレがありますし、広めの駐車場であればトイレもありますのでそこまで心配する必要はありません。

しかし、紙がなくなっている可能性は高いので当日はぜひ多目にティッシュを持ち歩いてくださいね。流せるティッシュがおすすめです。

岡崎花火大会の屋台を存分に楽しむコツまとめ

花火より屋台!

そんなアナタにおすすめなのは東岡崎駅をスタートに花火会場に向かうことです。

地元でしか楽しめないオリジナル屋台が出店されているほか、特別出店の屋台も多数!
ビール片手に花火大会とか、本当に楽しいですよね^^

ただ、例年とても混雑しますので小さい子供連れの場合はピークを迎える19時より早めに行くことをおすすめします。

ゆっくり見られるスポットもあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

岡崎花火大会は岡崎市民が毎年とても楽しみにしている花火大会です。
今年もきっとおおいに盛り上がるでしょう!

ぜひ足を運んでみてくださいね。

岡崎花火大会2018年の見所は?今年はいったい何発あがる?アクセスや穴場スポットまとめ
愛知県岡崎市で開催される岡崎花火大会は、 約50万人を動員する県内でも有名な花火大会です。 正式には、岡崎城下家康公夏まつり第70...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする