災害時SNSって有効なの? SNSのメリットやデメリットとは

SNSが便利な時代になりましたね。
手軽に情報を得られるしまた発信もできます。

イベントや新商品の情報など調べればなんでもでてきますよね。
自分の好みに検索することも可能でとても便利ですよね。

では、災害時にSNSはどのように役に立ってくれるのか、また、SNSのデメリットも一緒にみていきましょう。

スポンサーリンク

災害時のSNSの有効性は?

災害が起こった時、電気も止まりテレビもつかない、今自分がどういった状況なのか、周りはどうなのかわからない

そんな時携帯電話がインターネットにつながっていればSNSを用いて情報を得ることができます。

グーグルなどの検索エンジンが使えればニュースも手軽に得られますし、LINEやツイッターなどを用いれば電話がつながらなくても手軽に連絡を取り合うことができとても便利ですよね。

心細い時にSNSは簡単にやり取りができるので知り合いなどと連絡を取りメンタルのケアをするのにも役に立ちます。

また、熊本地震では電話やメールは繋がらないのにSNSは繋がったことでSNSの有効性が問われています。

なぜSNSは災害時でも回線が強いかはこちらの記事にまとめてあります。

ツイッターが災害に強いのはなぜ? フォローしておくべきアカウント3選
災害が起きた時、連絡が取れなくなって困った経験はありませんか? そんな時便利と話題になっているのがTwitter(ツイッター)...

スポンサーリンク

災害時のSNS メリットデメリットとは

SNSのメリットとしては、大きなニュースなどで得られる情報と違い事細かな身近な情報を得られることですね。

「○○県○○市に甚大な被害!」といった情報ではなく、ニュースの中では得られないような『○○市○○町○○番地で支援物資を配っています』などの情報が得られるのは被害にあっている時とても助かると思います。

近くの避難所にいったん避難したとしてもその後の気象状況で影響が出そうな場合あらかじめそう言った情報を、SNSを用いて得ることができれば違う場所の避難所に逃げられたりもできます。

交通状況を知ることでこれからどうしたらいいかなども考えやすいですよね。

では、デメリットとしては何があるか・・・

一番心配しなくてはいけないのはその情報は本当に正しいものかということです。

以前大きな地震があった時写真付きで悪ふざけの投稿をした方が問題になりました。

嘘の情報に混乱させられまたこの危ない情報をみんなで共有しなきゃという意識から拡散してしまい、どんどん偽の情報が本当かのように広がってしまいました。

これがSNSの恐ろしさとデメリットですね。

こういうことに気をつけていけばSNSはとても便利なものといえるでしょう。

災害時にSNSは便利だけど見極めることが大切

災害時SNSは情報を得る手段や連絡を取る方法として有効性があるといえるでしょう。
写真付きでアップしたりすれば詳しい状況も伝えられます。

しかしながら、人が流す情報は正しいかどうかがわからない時もあります。
ふざけて載せた情報なのか、しっかりした情報なのかを見極める力が大切です。

心配な方はぜひ公式を見るようにしましょう。

自治体や気象庁などの公式が偽の情報を流すとは考えにくいので信頼できる情報が手に入ると思います。

1つの情報ツール連絡ツールとして考え有効的に使ってくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする