夏の子供の発熱の特徴 部屋の温度や水分補給のポイントについて看護師監修のもとまとめます

夏の暑い日に、子供が発熱したら部屋の温度はどうする?また、水分補給のポイントは?と真っ赤っかになった子供をみると不安になりますよね。

夏の発熱時の部屋の温度の保ち方や水分補給のポイントについて看護師監修のもと詳しく解説します。

スポンサーリンク

子供が熱を出した時の注意点。子供の熱の特徴は?

まず、子供は体温調節機能が発達しておらず、熱を失いやすくこもりやすいという特徴があります。

身体は小さい割に体表面積が大きくまた、皮下脂肪が少ないため皮膚から熱が逃げやすいだけでなく、体重あたりの食事摂取量が大人よりも多いので、運動量も多いため身体が作る熱の量が多くなります。

基本は

  • 熱をこもらせない
  • 温めすぎない

ことが大切です。

手足が冷たく、震えている時は温かい布団をかけ厚着をさせましょう。

汗ばんできたら、薄着+掛物は薄手のものをかけ熱を逃しましょう。

私も昔、熱が出た子供を毛布にくるんで病院に行ったら、看護師さんから、「ダメですよ!熱がこもってしまうから!」と、言われたことがありました。

  • 悪寒があるときは、保温
  • 発汗してきたら、薄着

自分自身が熱が出たときどうして欲しいか考えると、すごくわかりやすいかと思います。

子供が熱を出した時の、部屋の温度の保ち方。扇風機とエアコンどっちがいい?

室温は、エアコンを使い26〜28℃に調整し外気温との差を5℃以上にならないようにしましょう。

扇風機もエアコンも、室温調整に適切なアイテムですが直接風が当たらないようにしてください。

風向きに注意をし空気の循環のために弱風か微風で使用して下さい。

スポンサーリンク

子供が熱を出したら、水分補給に何を飲ませる?

子供は脱水状態になりやすく、命に関わる場合があります。
熱が出たらまずは水分補給を最優先にしてください。

一番良いのは、電解質を補給できる電解質飲料です。

急な発熱で、買いにいけないし…という場合は、自宅で作ることが出来ますので、作り方をご紹介します。

電解質飲料の作り方

1リットルのぬるま湯に対し、砂糖大さじ4杯(40㌘)、食塩小さじ半分(3㌘)を混ぜて完成です。

飲みにくい場合は、レモン果汁をプラスすると飲みやすくなりますよ。

私は粉末タイプのベビー用のイオン水を常備していました。
液体タイプと違って、賞味期限が長いのでとても重宝しました。

電解質飲料を嫌がる場合は、普段飲んでいる水やお茶に食塩を少し入れてもOKです。りんごジュースでももちろんOK!

それでも、嫌がるようなら、電解質飲料にこだわらず野菜スープでも電解質を補えます。

水分がとれないときは15分ほどの間隔で飲み物で唇を湿らせてあげてください。
そうすることにより少しずつ吸収する力が出て段々と飲み物を飲めるようになってきます。

脱水の目安は、

  • おしっこの量、回数が減る
  • 唇が乾いている
  • ぐったりしている

です。

水分を受け付けずぐったりしたり、青ざめて呼吸が荒く苦しそうにしている、名前を呼んでも反応がないなどこのような時は、自己判断せずにかかりつけの病院や、夜間であれば救急外来や夜間診療を行なっている病院を受診してください。

夏の子供の発熱 部屋の温度と水分補給のポイント まとめ

  • 子供は熱がこもりやすいので温め過ぎないこと
  • 部屋の温度は26〜28℃に調整
  • 扇風機・エアコン共に風邪が直接当たらないようにする
  • 水分補給はこまめに電解質飲料で
  • 脱水の症状が出たら事故判断せず医療機関に行くこと
  • 特に夏は普通に過ごしていても暑さで体力や水分が奪われやすい季節です。
    いつも以上に水分補給や体温調節に気を配ってあげてくださいね!

    子供の発熱時に便利なグッツについてはこちらから

    子供が発熱した時に使える便利グッズって? 使い方と一緒に紹介します。
    子供の急な発熱。 まずは慌てず、落ち着きましょう。 熱が出たからと、すぐに病院に駆けつけず、一体どのような状態な...

    スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする