赤ちゃんの夏の水分補給 完ミの場合どうしたらいい?麦茶や白湯はいつから飲める?

完全ミルクなんだけど、夏の水分補給はどうしたらいいんだろう。ミルクをその都度飲ませていいの?麦茶や白湯はいつから与える?

気になることは山積み!!

そんな赤ちゃんの夏の水分補給について特に完ミの場合どうしたらいいのか、看護師監修のもとまとめます。

スポンサーリンク

赤ちゃんの夏の水分補給 完ミの場合どうしたらいい?

結論から申し上げますと、ミルクをしっかりと飲めていれば、特に麦茶や白湯は必要ありません。

離乳食が始まる生後5〜6ヶ月頃までは他の水分を飲ませる必要はないのです。

昔の育児では、生後2ヶ月頃からお風呂上がりに白湯を飲ましたりしていましたが、今はこのような考え方に変わっています。

完ミの場合、夏の水分補給はどうしたらいいの?

とはいえ、夏場や汗をかく季節、授乳間隔が長くなってくる生後3〜4ヶ月頃からはこまめな水分補給が必要です。

母乳やミルクで水分補給を試みましょう。

脱水というのは単に水分が足りないということではなく、ナトリウム、カリウムなどの電解質を失うことによる低調性脱水症状のことです。

ミルクや母乳には十分な電解質が含まれていますが、もしも赤ちゃんにミルク以外の水分をたくさん与えてしまうと十分な栄養を摂取出来なくなってしまいます。

水分だけ補給してしまうと、身体の電解質の割合が減ってしまうのです。

検診などでミルクの与えすぎや肥満を指摘されていない限り、水分補給にはこまめにミルクを飲ませるようにしてください。

スポンサーリンク

赤ちゃんは白湯や麦茶はいつから飲めるようになる?

でも毎回ミルクを作るのって大変ですよね。

麦茶は生後1ヶ月から飲ませることができます。
必ず赤ちゃん用のものを飲ませましょう。

赤ちゃん用のものでも、少量のカフェインが含まれているものもありますので、是非カフェインが含まれていないものを選ぶようにしてください。

和光堂から出されている赤ちゃん用の麦茶はだいたいのドラックストアで販売されていますよ。

created by Rinker
和光堂
¥1,127 (2018/11/20 12:15:45時点 Amazon調べ-詳細)

上の年代になればなるほど飲ませるように言われる白湯は、飲ませる必要はないと言われています。

白湯とは湯冷ましのことで、一度沸騰したお水を冷ましたものですが、水道水に含まれるカルキは沸騰すると抜けるのですが、微量な不純物を100%取り除くことができません。

ミルク用に使用しているものでしたら、問題なく飲ませることが出来ると思いますので麦茶を嫌がるようでしたら、白湯を飲ませてみてください。

ただ言えることは、麦茶も白湯も水分補給に必要なものなのではなく味に慣れるために必要なものです。

また、スプーンの摂取に慣れるためでもあります。

赤ちゃんにミルクや哺乳瓶以外の味・感覚を覚えてもらうことは、これから始まる離乳食へのトレーニングになります。

離乳食へスムーズに移行していけるように、ぜひ色々工夫されてみて下さい。

赤ちゃんの夏の水分補給 完ミの場合どうしたらいい? まとめ

  • 母乳やミルクでこまめに水分補給させる
  • ミルクの場合肥満や便通に異常がなければ3時間無理に開ける必要なし
  • どうしても水分補給にあげるなら白湯か麦茶
  • 生後1ヶ月から麦茶は飲めるがカフェインが入っていないものを選ぶこと
  • 麦茶も白湯も水分補給に必要なものではなく味に慣れるために必要なもの

育児についての情報はどんどん変わってきています。

WHOの調査によると腸がきちんとできていない5ヶ月未満の赤ちゃんにタンパク質や果汁を与えると、その食材に対してアレルギーを発症する割合が10%近く高くなるそうです。

不安に思ったことやちょっとした疑問は電話でも解決できます。
覚えておくと便利ですよ。

  • 子育てホットライン 「ママさん110番」

日本保育協会が運営する子育てや育児に関する無料の電話相談室。
乳幼児の子育てに関する悩み全般の質問や悩みに答えてくれます。

TEL:03-3486-4416
相談時間:月曜~金曜(AM10:00~PM4:00)

  • エンゼル110番

森永乳業が運営する「エンゼル110番」。

妊娠中の悩みから、小学校入学前までの子を持つ親が対象。
サイト上では様々な悩みを閲覧することもでき同じような悩みを持つ方のアドバイスとなる答えも書かれています。また、無料の電話相談も実施されています。

TEL:0800-5555-110
相談時間:月曜~土曜(AM10:00~PM2:00)

妊娠・育児・赤ちゃん・子育てに関する無料の電話相談「エンゼル110番」
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする