子供が発熱した時に使える便利グッズって? 使い方と一緒に紹介します。

子供の急な発熱。

まずは慌てず、落ち着きましょう。

熱が出たからと、すぐに病院に駆けつけず、一体どのような状態なのかしっかりと観察することが大切です。

今回は子供が発熱した時に使える便利グッズを看護師監修のもと、使い方と一緒に紹介します。

スポンサーリンク

子供が発熱したときに、まずやるべきことは?

子供が発熱したときに、まずやるべきことが4つあります。
それぞれ詳しく説明していきます。

1:体温を測る

脇の汗は拭き取って、体温計の先は脇の真ん中に当てます。
角度は脇に対し、下から30°です。

意外と上から30°の角度で測る方が多いですが、これだと脇の中心に体温計の先が当たらなくなってしまいます。

2:手足の温度の確認

冷たい場合は衣服を1枚増やす。
毛布をかける。

温かい場合は、クーリング開始です。
脇や首、股下を冷やしましょう。

どちらも、汗をかいたら、こまめに着替え、衣類は1枚減らしましょう。

3:水分をこまめにとる

熱があるときは水分補給を忘れずに!

赤ちゃんの場合、ミルクと母乳の間に麦茶やベビー用イオン水を与えましょう。

4:解熱剤を使用する

高熱でぐったりとしている場合、迷わず解熱剤を使用しましょう。

38℃以上や、38.5℃以上など、解熱剤によって飲み方が違いますのでよく確認してください。

スポンサーリンク

子供の発熱に便利なのはこれ!それぞれの使い方を一緒に説明します。

子供は本当によく熱を出します。

いざ!というときにあると便利な便利グッツを使い方を一緒に説明します。

子供の熱を測るのにおすすめの体温計は?

まずはオススメの体温計は「ドリテック 体温計」です。

2秒で測れる体温計。
おでこや耳に触れないで測ることができます。

寝ている時でも測れますし、汗をかいて測りにくい、クーリングをしていて測れない時には、耳での測定も可能です。

また、物の温度も測ることができますので、ミルク作りや沐浴の温度測定もできる優れもの。

体の熱を下げるクーリング素材おすすめ3選

クーリングには、「ケンユー わきアイス」がいいですよ。

こちらは、脇に入れる保冷剤なのですが、服の上から背負わせるように装着しますので、寝ている間にズレる心配もありません。

アジャスター付きで子供の体型にぴったり合わせることができます。

ただ、紐がついているので就寝時には首に巻き付くのがこわいので夜間の使用は控えられたほうがいいです。

必ず、アイスノンをタオルでくるんで使用しましょう。

熱が出るときはやっぱり「熱さまシート」が有名です。

created by Rinker
熱さまシート
¥397 (2018/11/21 00:57:35時点 Amazon調べ-詳細)

子供用よりもひと回り小さい赤ちゃん用タイプも販売されています。

おでこに貼っても実際は熱を下げる効果はありませんが、火照った身体にはとても気持ちがいいです。
クーリング目的で貼るのなら、首、両脇、太ももの付け根に貼るのもオススメですよ。

熱さまシートは汗で剥がれてしまい窒息事故になるので怖い…そんなお母さんにおすすめなのが「チュチュベビー やわらかジェル枕」です。

ジェルタイプで固くなりすぎないから、冷凍庫から出してすぐに使えます。
また、繰り返し使うことができるので、捻挫や打撲の時にも使えるのも嬉しいですね。

熱の時の水分補給に

水分補給には「和光堂 粉末アクアライト」がおすすめです。

created by Rinker
和光堂
¥192 (2018/11/21 00:57:36時点 Amazon調べ-詳細)

こちらは、イオン水が粉末になっていますので、飲む量だけ作れます。
持ち運びにも便利なので熱中症対策にもいいですよ。

子供の発熱は突然なので準備しておくことが大切です

皆さん、いかがでしたか??
お気に入り、気になる商品はありましたか?

いざという時のために、ご家庭に準備しておく事が大切です。
ぜひ、参考にされてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする