冷房とドライってどっちが電気代が高い?それぞれの使い方や機能を知って節約しよう!

冷房ドライって使い分けていますか?

湿気の多い日はドライ、暑い日は冷房といいつつも、わたし自身はあまり使いこなせていません。

が、

どちらが電気代が高いかは気になります!

暑いのも寒いのも大嫌いなズボラ主婦の私ですが、子供にも段々お金がかかるようになってきたこともあり、電気代を節約できるエアコンの使い方か知りたい!という気持ちが芽生えたので、調べてみました。

スポンサーリンク

冷ぼうとドライ、電気代が高いのはどっち?

実は電気代が高い順番は

室内の温度を保ちつつ湿度を下げるドライ機能>冷房>室内の温度を下げつつ湿度を下げるドライ機能

となります。

要するに明確にどちらが高いとは言えないのです。

冷房は室内の温度を下げる機能でドライは室内の湿度を下げる機能というのはご存知ですよね。
ですが、ドライには

  • 室内の温度を下げつつ湿度を下げる機能
  • 室内の温度を保ちつつ湿度を下げる機能

この2種類があります。

私は、ドライ機能が2種類あるということを全く知りもしなかったのでとても驚きました!

そして、このドライの「室内の温度保ちつつ湿度を下げる機能」こそが1番電気代がかかるという犯人だったのです!

ということは、ドライと冷房はうまく使い分けなければ節約にならないということ。

そこで今度は冷房とドライの使い方や効果について説明しますね。

スポンサーリンク

冷房とドライの使い方を知れば、賢く節約ができる!

まずは、一番電気代がかかる「室内の温度を保ちつつ湿気を下げるドライ機能」は梅雨時など湿度は高いけれど気温は上がらず何だか肌寒い!という日に無くてはならない機能です。

電気代はかかりますが、不快感が気になる時にこの機能を使えば解決します!

気温が30度を超えるような夏日には冷房を使いましょう。

エアコンは部屋を冷やす時に電気代が1番かかるので、暑い日には弱めの設定ではなく風も強めにしてエアコンを付けてすぐに部屋を冷やし、冷えた部屋の温度を保つということが節約の鍵になります!

エアコンに内蔵されている自動機能を使うと自分で設定を変えることなく快適空間を保ってくれますよ^^

エアコンの自動ってどんな機能なの?電気代の節約になる?
朝から晩までエアコンを付けっぱなしという人も多いのではないでしょうか。 私もそのタイプです! 暑がりの寒がりなのエア...

気温が30度前後で少し暑いけれど気温のせいなのな湿気のせいなのか分からない!というときは、1番の節約機能である「室内の温度を下げつつ湿度を下げるドライ機能」を使えば、不快感を取り除けます!

梅雨時~真夏日になるまでの間は体感的にも電気代的にもイヤーな期間ですがこの3段階を覚えておけば、快適かつ賢く節約できちゃいますよ!

ドライは2種類!効果によっては冷房より電気代が高かったり安かったりする

うちの主人は「暑いのが嫌いだから梅雨時でも冷房が良い!」と言い張り、私は冷房で足の冷えなどに悩まされましたが色々説明すると理解してくれたので節約にもなり、冷え症対策にもなり、色々な問題が解決しました!

エアコンを賢く使い、「浮いたお金で自分にちょっとしたご褒美を…♡」なんていうのも、良いですよね。

そんな風になれるように、日々コツコツと節約を頑張ります!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする