飲む日焼け止めって妊娠中や授乳中でも大丈夫?忙しいママにもオススメの美白対策!

飲む日焼け止めに限らず、妊娠中や授乳中のサプリメントやお薬の摂取はとても不安ですよね。

ですが、シンドいつわり中や上の子供を育てながらだと日焼け止めを塗る数分ですら惜しいときに飲むだけでOKな飲む日焼け止めはとても嬉しいもの。

果たして、飲む日焼け止めは妊娠中や授乳中でも飲めるのか?また、育児中のママのどんな日焼けどめ対策をしているのか?3人の子供を育てあげた看護師監修のもとお伝えしていきます。

スポンサーリンク

妊娠中・授乳中の飲む日焼け止めの摂取はできる?子どもへの影響は?

妊娠中、産後にシミや肝斑が出来やすくなります。
ホルモンバランスの変化が原因なんですね。

でも、ホルモンバランスだけでなく妊娠中、産後はストレスも溜まりやすく、スキンケアもおろそかになりがち。

不十分になった紫外線対策のため、より一層シミや肝斑が出来やすくなります。

だからこそ、妊娠中・産後にこそ紫外線対策を十分にしたい!!

飲む日焼け止めを飲んでみたいけれどでも赤ちゃんへの影響が不安…というのが本音ですよね。

まずは飲む日焼け止めは妊娠中や授乳中でも飲めるのかお伝えしたいと思います。

妊婦さん、授乳中ママにもOKの飲む日焼け止めは?

妊婦さん授乳中ママにもOKの飲む日焼け止めに、PLエキス(シダ植物エキス)を配合したものがあります。

このPLエキスには強い抗酸化作用があり、肌の損傷を改善する効果があります。
まっしろ美白習慣やボタニカルホワイト、ノーブケアホワイトがこのタイプです。

妊婦さん、授乳中ママは避けた方がよい成分は?

妊婦さん・授乳中ママは避けた方がよい成分は飲む日焼け止めによく配合されている葛花エキス、ローズマリーです。

葛花エキスにはイソフラボンが含まれています。

イソフラボンの過剰摂取は妊娠中は避けた方がよいので、医師にご相談をされることをオススメいたします。

葛花エキスだけでなくローズマリーにも注意が必要です。

ローズマリーには子宮を刺激する通経作用があり月経を促し規則的にする作用があるため妊娠中はよくないと言われています。

また、カフェインが含まれていることがありますので、成分表を見ながら、カフェインが含まれているのかを確認されてください。(カフェインには子宮収縮作用があるため、早産のリスクが高まります。)

サプリメントは、お薬ではなく、「食品」に分類されますので、飲んだからといって重大なことにつながる可能性は低いと思います。

ただ、飲む日焼け止めは、妊婦さんや胎児への臨床試験は行われていません。

スポンサーリンク

美白を目指すママがやっている安全な紫外線対策は?

どうしても飲む日焼け止めをサプリメントから取るのには抵抗があるなぁ〜と思われる方は、食品からしっかりとシミ対策をすることができます。

食べ物で美白を目指す紫外線対策の方法は?

①ビタミンCをしっかり摂る
→強い抗酸化作用があり、メラニンができるのを抑制&活性酸素による肌の老化を防ぐ。

②野菜に含まれるポリフェノールの摂取
→ポリフェノールにもビタミンCと同じ効果あり。

③ビタミンAを摂る
→シミができてしまったら、肌のターンオーバーを促し、メラニンを排出させるビタミンAを多く摂ります。

妊娠中や授乳中でも飲める飲む日焼け止め まとめ

  • 妊婦さん、授乳ママにもOKの飲む日焼け止めの主成分はPLエキス
  • 葛花エキス、ローズマリー、カフェインは避ける
  • 食べ物から積極的にビタミンA、ビタミンC、ポリフェノールを多く摂る

妊娠中、産後は特におろそかになりがちな自分へのケアですが、少しでも小さな事でも心と時間余裕を持って出来たらいいですよね♪

最後までお読みいただきありがとうございました^^

看護師と登録販売者が選ぶ飲む日焼け止めランギングはこちらから

2018年版飲む日焼け止めの口コミを元にランキング形式で紹介しちゃいます!
2016年に日本でも承認された飲む日焼け止めですが、今やネットで何でも買える時代。 成分も作用も、大きく違うものがたくさん販売され...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする