ダイエット中でも甘いものが欲しい時におすすめのものとは

1人パソコンに向かっていたり、デスクで作業をしているとどうしても甘いものって欲しくなりますよね。
ついつい買ってしまうコンビニの甘いジュースやカフェラテのカロリー表示は怖くて見れませんでした。

そこで考えたのが、
お砂糖意外の甘いもので代用するという方法でした。

ダイエット中だからと我慢せずに、むしろダイエットの手助けをしてくれる、そんな魔法のような「甘いもの」があるんです。

ダイエットのコツは、いかに簡単に継続できて、ストレスフリーに生活できるかです。

今回はダイエット中でも我慢せずに食べられる甘いものをご紹介します。

スポンサーリンク

おやつじゃない!「甘いもの」が欲しいんだ!!

ダイエットに限らず、とんでもなく甘いものが欲しくなる瞬間ってありませんか?

ギブミーチョコレートではなく、「砂糖欲しい!むしろ飲みたい!!」ってくらい、熱狂的に砂糖が欲しくなることが私はあります。

なんだか口さみしいし、甘いものが欲しいのだけど、太るのは怖い。

でもどうしても食べたいときってありませんか?いや、ありますよね!!

そんなとき、私はコーヒーや紅茶など飲み物を甘くしているのですが、でも、お砂糖たっぷりのカフェオレや紅茶ってさりげに高カロリーなんです実は。。。

お湯を注ぐだけで手軽に飲めるスティックコーヒーも、大体1杯60kcalあり、これは30分〜1時間ウォーキングをした時の消費カロリーに匹敵します。

たった1杯、甘いものを飲んだだけで30分以上運動しないとカロリー消費できないなんて……とカロリー表をみて絶句しました。

ですが、実はお砂糖を使うのでなく、別の甘味料にするだけでダイエットにも効果的でカロリーも押さえられる甘味料があるんです。

効果別にオススメの甘味料を今回は3つご紹介します♪

スポンサーリンク

1:ミネラルたっぷりのはちみつ

はちみつは身近な甘いものの1つです。お砂糖の代わりに使っている方も多いかもしれませんね。

のどを潤し咳止めとして効果があったり、胃の炎症を抑える効果があるほか、腸を潤す作用があるので、便通を良くする効果も期待できます。

はちみつにはビタミンBが多く含まれているので、糖分代謝も期待できるほかに、疲労回復効果や口内炎の予防もできますよ。

はちみつだけで固めた飴がドラックストアなどに売っています。
のど飴もノンシュガーのもの以外はただの砂糖の塊です。

飴を食べるのなら、はちみつの飴に変更しましょう。

2:腸内細菌のエサとなるオリゴ糖

ピンクレディのミーさんが好んで飲んでいることから有名になったオリゴ糖

腸内細菌の餌となり善玉菌を増やすので、腸内環境を整える整腸効果が期待できます。

お砂糖やはちみつに加えてカロリーが低いのも嬉しいポイント。

1回で大量に取るよりも、ちょこちょこ摂取して、常に腸内細菌に栄養がある状態をつくると、腸内環境を整えることができます。
その結果、便秘改善になったり、美肌になれたり、免疫力アップが期待できます。

紅茶やコーヒーに砂糖の代わり使ったり、料理では砂糖の代わりにつかったりと使い方は自由自在!癖もないので使いやすいのも特徴です。

ただ、オリゴ糖を過剰に摂取すると人によってはお腹がゆるくなりすぎることも。
自分にあった量を知りながら、取り入れて美腸を手にいれましょう。

3:生理痛や冷え性にも効果的な黒糖

黒糖は胃腸の調子を整え、筋肉の緊張を緩めて痛み止めの効果があります。
また、血を巡らせる効果もあるので、生理痛にもオススメです。

生姜黒糖紅茶を飲んでやせるダイエットが流行ったことがありますが、実は、とっても理に叶った飲み物なんです。

生姜は水分代謝を促し、黒糖紅茶は体を補う効果があります。
また、黒糖は血を巡らせる効果もあるので、代謝アップにつながります。

生姜黒糖紅茶を飲んで痩せたかたというのは、むくみやすく冷え性で、肩こりや生理痛に悩む女性が多かったのではないでしょうか。

未精製の黒砂糖はビタミンB6、カルシウムやカリウムなどのミネラルや不飽和脂肪酸などの栄養素が取り除かれず残っているので、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

また黒糖に含まれるラフィノースというオリゴ糖は、お肌を綺麗に整えてくれる作用があり、黒砂糖が含有しているミネラル分と合わせて便秘の解消にも役立ちます。

甘いものが欲しい〜!そんなときは…

もともと甘いものが大好きで、頭を使っているときは特に何かしらの甘いものが欲しくてたまらないのですが、ダイエット中はカロリーや砂糖が怖くて、なかなか手が出せませんでした。

でも、我慢すると作業効率は落ちるし、ストレスは溜まるしの悪循環。

そんなときにやっていたのが、オリゴ糖入りのカフェオレをタンブラーに入れて持ち歩いたり、はちみつだけで作った飴を買って舐めていました。

寒い日は生姜黒糖紅茶を作って持って行ったりと、味にもバリエーションを持たせられるので、ダイエットのためにはじめたのですが、いまでも甘いものを飲みたいときはオリゴ糖やはちみつを使っています。

はちみつも黒糖はお砂糖にはないコクがあって、飲んでいるとクセになります。ミネラルが豊富のため美容効果もばっちり!

ダイエット中でも甘いものが欲しいかたは是非お試しくださいね♪

ダイエット中でも食べられるおやつの食べ方 ストレスをためないためのコツ
ダイエットといえば、食事制限で取り組む人が多いですよね。 プロテインやスムージーなど置き換えダイエットはたくさんのサイトで紹介されていますし、種類も豊富です。 運動しながらダイエットをするよりも、簡単ですぐできるのが食事制限なので「ちょっと太ったな…」と思ったり、「ダイエットするぞ!」と決めると食事内容にも気を使います。 ですが、食事制限ってキツイですよね。 お仕事をして頭を使っているとどうしても甘いものが欲しくなりますし、甘い物って日々の疲れを癒してくれます。 食事を制限のためにお腹がすいてグ〜っと音がなっちゃって、ちょっと恥ずかしい思いをした…なんて失敗した経験がある人もいると思います。 実は、ダイエットを成功させる秘訣は、おやつにあります。 「ダイエットなのに、おやつ?!」とびっくりするかもしれませんが、おやつを効率的に取ることで、空腹時間が少なく調節できて、また、甘い物も我慢しなくていいので、ストレスなく痩せられます。 今回はダイエットを成功させるためのおやつの取り方やにオススメのおやつについて、ご紹介します。
ダイエット中に食べても大丈夫なおやつとは?食べ方や痩せるおやつの取り方について
いくらダイエット中でも甘いものの誘惑に勝つのって大変だと思いませんか? 私自身甘いものは大好きなのですが、ダイエット中、なにが大変だったかって、仕事中に甘いものを我慢することでした。 薬膳では甘いものは体の緊張を和らげる効果があるように、甘いものを食べるとリラックスできたり、気分転換ができる方もいらっしゃると思います。 でも、ダイエットをしようと思うと真っ先に切るのが、間食の甘いもの… そこで、ダイエット中でもオススメする甘いものをご紹介します。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする