夏休みの子供のお昼ご飯ってどうする?留守番の子供も喜ぶレシピ!

梅雨が明けてママにとって憂鬱な時期が近付いてきました!

そう、夏休みです!

毎日ご飯を3食作らなければいけないなんて。。

小学生の子供を持つママは働いている人も多いので子供にお昼ご飯を作り置きしてお留守番をしてもらう人も多いですよね。

そんなあなたに!

作り置き出来るお昼ご飯のレシピや作り置きならではの注意点やポイントをご紹介します!

スポンサーリンク

小学生が喜ぶ作り置きのお昼ご飯ってか何がある?

お留守番の子供に火を使わせるわけにはいかないとなると、作り置きレシピって本当に悩みますよね。

夏場は特に冷蔵庫で保存でき、そのまま食べられるものがピッタリです!

ご飯ものだとちらし寿司、
麺類だと冷製パスタ、うどん、そうめん、冷やし中華、
パンはサンドイッチなどが挙げられます。

レンジで温めるようなものも含めると、チャーハン、焼きそば、焼きうどんなどもありますね。

レトルトなどを上手く取り入れながら、ママを手を抜きつつ子供にも喜んでほしいですよね。

夏にピッタリの作り置きご飯のレシピは?

作り置きの定番といえば、やはり揚げ物です!

揚げ物は味付けもしっかりしていますし、高温で熱処理されていますので傷みにくく作り置きにはピッタリ!

味付けをしっかりしたから揚げが代表的ですがそれだと栄養が偏るので、我が家ではから揚げと野菜たっぷりの揚げ浸しが定番です!

作り方はとっても簡単。

  1. 野菜を素揚げし、から揚げを揚げる。
  2. 野菜とから揚げをバットなどに並べ、熱いうちにお好みのドレッシングを掛ける。
  3. 冷めたら出来上がりです!

から揚げは冷凍食品のものでもお惣菜でも、もちろん大丈夫!
野菜はあるものを素揚げしてしまえばOK。

トマト、パプリカ、玉ねぎ、ピーマン、なす、かぼちゃ…色々なものが合いますよ。

ドレッシングは酸味の効いたものやポン酢がおすすめです!

野菜も取れるので、栄養バランスを取れていますし1度揚げているため、衛生的にもバッチリ!

から揚げが好きなお子様にオススメなので是非試してみてくださいね。

スポンサーリンク

夏の作り置きご飯は注意点が沢山!

夏は暑いし湿気も多いので作り置きご飯にも細心の注意が必要です。
子供が食中毒なんてなったら大変ですよね。

雑菌は0~60℃で増殖します。
水分を好みますので、水気の多い食べ物は特に気を付けてください。
1度火を通した食べ物は傷みにくくはなっていますが全く傷まないわけではありません。
冷めたら冷蔵庫で冷やすということを忘れずに!

また、レンジは使えるから大丈夫!と安心していませんか?

レンジで温めた食べ物やお皿はとても熱くなっています。

お子さんが1人でレンジを使うときは使い方をしっかりと教えて、「お皿は熱いから気を付けるんだよ!」ということを、しっかり教えてあげてくださいね。

夏休みの子供のお昼ご飯ってどうする?留守番の子供も喜ぶレシピ まとめ

子供のために美味しくてバランスの良いものをとは思いますが、働きながら家事をするのは本当に大変ですよね。

たまには手を抜いてレトルトやお惣菜などを活用し、無理なくこの夏を乗り切りましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする