信号機が故障してる場合どこに連絡すればいい?流行っている信号機故障の原因は?

道路の安全を守る信号機。

実は信号機の故障が相次ぎ、事故が連発しているのをご存知ですか?

今回は信号機が故障している場合どこに連絡したらいいのか、またなぜこんなにも信号機の故障が相次いているのかまとめます。

スポンサーリンク

信号機が故障している場合どこに連絡したらいい?

もし、信号機の故障を発見したら警察に通報しましょう。
特に大きな道路の信号機の場合は緊急とみなして110番でもいいそうです。

ちなみに、都道府県の警察本部には信号機BOXといい、専門に受け付ける窓口があります。
因みに東京ではここに通報します。

警視庁 交通管制課 信号機計画係
電話:03-3581-4321(警視庁代表)
信号機BOX

「信号機BOX」とは
  • 信号機を設置してほしい
  • 信号灯器が見づらい
  • 信号表示がわかりづらい
  • 信号表示が交通実態と合っていない

など、交通信号機に関するご意見やご要望をお受けする窓口のこと。

電話だけでなくメールでも受け付けています。

スポンサーリンク

信号機の故障の原因は?

大きな事故を防ぎ大切な命を守る交通標識の1番である信号機ですが、実は全国的に故障が相次いでいます。

黄色信号になると全部が点灯していますね。

それだけでなく、この動画のように両方向の信号が青になっているなんてことも。

2017年12月には信号機の故障で金沢駅前が大渋滞しました。

どうしてこのようなことが起きてしまうのでしょうか。

実は信号機にも更新期限があり、19年ごとに点検をして更新する必要があります。
車検と同じですね。

全国には約21万台信号機が設置されているそうですが、実に4万5000台は更新せずそのまま放置されているんだとか。

1960年代の高度成長期に一気に設置され、60年間設置されたままなんてものもあるそうです。

愛知が1番更新漏れが多く事故も増えてきているそうです。

信号機だけでなく信号柱も老朽化が進み、道に倒れて来る事故も多発しています。

各自治体で点検・更新を進めてはいるものの、点検には200〜350万円かかるため費用の負担からなかなか進まないのが現状です。

故障した信号を見つけたらとにかく110番!

交通ルールを決める信号が故障して事故が起きてしまったらたまったものじゃないですよね。
どちらも信号を守っているのに…とやり切れなさが残ります。

故障した信号を見つけたり、ちょっとおかしいな?と感じるようであればすぐに警察に通報してください。

電話で通報するのは気が引けてしまう場合はメールでも可能です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする